再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

【中学受験を目指す子は知っておいたほうがいい】K文は苦悶!?

 

 

私が東京で働いていた時に、

「難関中にわが子を合格させているお母さん」や

「中学受験専門塾の先生」から

まことしやかに言われていた話があります。

 

 

 

それは、幼児から小学生の習い事として

圧倒的な人気を誇る「●文式」は、

中学受験にとっては「苦悶」でしかない

という話でした。

 

 

 

確かに、「●文式」を小学校低学年に

とても頑張っていた子が、

5年生くらいになった時に

算数が全く伸びなくて、

 

 

お母さんが涙する・・・・

 

 

という現場に、

私、何度も何度も遭遇しています。

 

 

 

プリントをやるのが毎日楽しくて、

計算も早くなって、

「この子、算数大好きなのね!!」と

思っていた、その後の話なので、

お母さんたちは、

本当に辛い気持ちだと思います。

 

 

 

「●文式」の苦悶の症状としては、

・問題をよく読まずに解いてしまう

・途中式を書かない

・図を書かない

・図形が苦手

・時間がかかりそうな問題はやる気が起きない

といったものがあげられます。

 

 

 

特に中学受験の難関校では、

1問1答のような単純な計算の問題は

ほとんど出ません。

 

 

少なくとも1ひねり、

場合によっては2ひねり3ひねりしてあって、

ちゃんと図を書きながら論理を追っていかないと、

たとえ数学といっても、

解けない問題ばかりです。

 

 

 

そういう問題が出てくるのが、

塾で言えば、ちょうど小学5年生。

 

 

 

そこに来て●文式キッズたちは、

急速に失速していくのです。

 

 

単純計算ばかりをやることによって、

処理スピードは上がったものの、

論理的思考力は全く身につかなかったんですね。

 

 

 

ちなみに、●文式はヨーロッパでは全く受け入れられていないのですが、

あるドイツ人は、「計算のスピードを上げて何の意味があるの?」と

言っていたそうです。

 

 

 

●文式の全てを否定するわけでは、全くありませんが、

これからの時代に求められる学力のことを考えると、

●文式も、何かしら大きな転換を迫られているのかも

しれませんね。

 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
 中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
 中3・女の子
 

その他のお客様の声はこちら→

 

—–