受験前後お子さんにどう接しますか?

受験前後お子さんにどう接しますか?

こんにちは。

おうち受験コーチング認定コーチのあかねです。

 

 

 

 

あかねコーチのプロフィールはこちら

↓↓↓

https://jukencoaching.com/about_furuta/

 

 

寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

受験シーズンもそろそろ終わりに

近づいてきていますが、

公立の受験を受けられるお子様は

ラストスパートといった時期になりました。

 

 

受験直前期になると、お子さんはもちろん

お母さん、お父さんの表情が険しくなり、

笑顔が少なくなりがちです。

 

 

「時間がないのにあれもできてない」

「あの教科は大丈夫かしら」などと、

不安に駆られてしまったり、

親である自分が頑張らなければならないと

思い込んでいるお父さん、お母さんは

多くいらっしゃいます。

 

 

もちろん、志望校に合格して欲しい!

努力してきたお子さんであれは尚更、

その努力が報われて欲しい!

と思うのは当然です。

 

 

しかし、

そういった親御さんの不安を

お子さんはとても敏感に

キャッチしてしまうんですね。

 

 

お子さんは、親御さんの表情をみて

『お母さん(もしくはお父さん)が

ピリピリしてるのは合格が危うい

ということなのではないか?』

と更なる不安を募らせてしまいます。

 

 

お子さんの直前期の不安を取り除くには、

まずはご両親がお子さんに対して

『大丈夫』と信じてあげることです。

 

 

そして、

「今までよく頑張ってきたね」

「私たちは、〇〇ちゃんがすごいことを

ちゃんと分かってるからね」などと

ねぎらいの言葉をかけてあげてくださいね。

 

 

すでに受験が終了し、結果が不合格に

なってしまったお子さんもいるかと思います。

そのようなお子さんは

絶望感と自己嫌悪の中にいる可能性が高いです。

 

 

そんな時、

ご両親があからさまに動揺してしまったり、

努力不足を指摘してしまったりすると

お子さんは「これは失敗なんだ」と強く感じて、

さらなる自己嫌悪に陥ってしまうかもしれません。

 

 

そうならない為にも、

お父さんお母さんにはぜひ、

お子さんの辛さに寄り添うということを

意識してみましょう。

 

 

この結果は

「自分の夢(次の目標や叶えたいこと)に向かう

ほんの通過点である」と伝えてあげるのも

良いかもしれません。

 

 

今の時期、

ご家庭によって状況はさまざまかと思いますが、

どんなご家庭であれ、お子さんとの

コミュニケーションが上手くいくように

祈っております☆

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

では、またお会いしましょう!

 

 

 

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

親子それぞれの目標を立ててみましょう!

親子それぞれの目標を立ててみましょう!

こんにちは!

おうち受験コーチングの陽平コーチです!

 

 

 

 

陽平コーチのご紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_yamamoto

 

 

皆さんこんにちは!

皆さんは「目標」を書いてますか?

 

 

私は月に1回は目標の見直しをしています。

 

 

目標の書き方として

「短期(3ヶ月)」

「中期(6ヶ月)」

「長期(1年)」

のように期間を定めることが大事です!

 

 

短時間で成果がでるもの

時間がかかってようやく

結果ででてくるもの

ここの見分けができないと

「結果に焦ってしまう」

といった沼にハマっています。

 

 

ご両親にも

気をつけて欲しいことがあります!

子どもの目標と

ご両親の目標は

「分けて考えてください!」

 

 

自分の目標に子どもの目標を

当てはめることは

子どもたちにとって

「ストレスを与える可能性がある」

からです!

 

 

子ども第一な気持ちは話を聞いてて

すごく伝わります!

ですが、

ご自身の叶えたい目標や夢を見てみても

いいのではないでしょうか?

 

 

今一度

「自分のための目標」を書いてみてください

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

▼春の個別相談会 開催中です

https://ouchijuken.com/springsession

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

旦那改造計画の結末

旦那改造計画の結末

こんにちは。

おうち受験コーチング認定コーチのあかねです。

 

 

 

 

あかねコーチのプロフィールはこちら

↓↓↓

コーチ陣_古田

 

 

雪が降る日が増えています。

今年は例年と比べ、よく降りますね。

 

 

今日は私の体験談をみなさんに

シェアしたいと思います。

 

 

数年前のこと‥

私はどちらかというと

色々とチャレンジしたり、

努力家タイプであるのに対して

一方、主人は向上心もなく、

仕事も『最低限がんばればいい』という

のんびりタイプ。

 

 

私は、もっと何かに取り組んだり、

スキルを身につけたり、

何かを率先してやるような

そんな主人に

変わってほしいと思うようになっていました。

 

 

そんな時、カウンセラーの方に

この相談をしたんですね。

『主人にもっと頑張ってほしい』

『向上心を持ってほしい』

すると、その先生から

こんな言葉が返ってきました。

 

 

『彼が頑張り屋で努力家になったら、

あなたに対しても厳しくなるけど、それでもいい?』

 

 

えっ!!

私に対して厳しくなる?

先生のこの言葉で、

旦那改造計画は一瞬で砕け散りました(笑)

 

 

初めは意味がわからなかったのですが、

詳しく説明を聞いて気がついたのです。

 

 

『頑張り屋の人は、その分人に対して厳しくなりやすい』

そうか、ハードルが上がってしまうのか‥

自分も頑張ってるのだから

あなたもこのくらいがんばるべき

これくらいできるのが当たり前でしょ

そんな考えが浮かびやすくなってしまうんですね。

 

 

その瞬間、私の主人はこのままでいいかも

と簡単に考え方が変わりました。

 

 

彼は、自分に厳しくしていないからこそ、

人にも完璧を求めていないんですね。

主婦としてはそっちの方がいい!!

と心から思いました(笑)

 

 

このお話は親子関係でも言える事なのかなと思うのです。

 

 

お母さんがお子さんに対して

100%MAXで頑張っていると

無意識にお子さんに対しても

100%を求めてしまう確率が上がります。

 

 

そのせいで、できていない事ばかりに目がいって

イライラしてしてしまうことも多くなるでしょう。

 

 

もちろん、私の主人のように努力しなくても

結果オーライという話ではありませんが、

子どものためにキャパオーバーになるくらいに

頑張ったり、エネルギーを使ってしまうと

子どもが同じ熱量で何かに取り組むまで

満足ができず、返ってお母さんが

悩み込んでしまうことがあります。

 

 

何度もいいますが、努力をしなくてもいい

ということを伝えたいのではなく

 

 

お子さんのいい部分をみる余裕がないほど

頑張ってしまっては

本末転倒になりかねないということ。

 

 

私は沢山のご家庭にお邪魔していますが、

すでに世のお母さんたちは

本当に頑張っていると思います!

 

 

頑張りすぎかなと感じたら、

肩の力を抜いて80%くらいエネルギーで

過ごしてみてはどうでしょう。

 

 

今まで見えなかったお子さんの成長が

より見えてくるかもしれません。

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました☆

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

受験直前に母が取り組んだこと

受験直前に母が取り組んだこと

こんにちは。

おうち受験コーチング協会認定コーチの山中です。

 

 

いよいよ、入試が迫ってきました。

地域や受験方法によっては、

既に、始まっている方もいらっしゃることと思います。

 

 

この時期、過去問、弱点補強、体調管理、、、と

やることは沢山ありますね。

 

 

どれも大切ですが、忘れてはいけないのは、

心の健康=メンタルについてです。

目に見えることではないので、

案外、一番、難しいことかも知れません。

 

 

親に出来ることは、いつもと一緒。

承認、傾聴、スキンシップです!! 

 

 

私自身は、普段は、ズボラで出来ないのですが、

この時期は、エクセルで、それぞれ項目を作り、

自分自身の行動を振り返っていました。

 

 

承認、傾聴、スキンシップは出来ていたか、

どのようにしたか、

また、NGワードはなかったか、

簡単に毎日、記入していました。

 

 

親があれやこれやと不安に思うと

子どもに伝わります。 

まずは、自分の行動を客観的に捉え、

自分の気持ちを自分で整えましょう。

 

 

そして、

機嫌よく、子どもと接しましょう。 

 

 

我が子の受験の際は、

このように、やれることはやっているはずなのに、

どうも、勉強に集中して取り組めていない様子でした。

 

 

原因は、本人が抱いていた

漠然とした得体のしれない不安でした。 

 

 

そこで、今まで解いた過去問の中から、

各科目、最高得点の解答用紙をピックアップし、

壁に貼ったところ、

子どもの顔色がみるみると良くなってきました。

 

 

10年度分の中での最高得点なので、

そのような高得点が入試で4科目揃うことは、

まずあり得ないのですが、

それでも、うっとりと良い気分になれたようです。

その様子をみた私は、

更に、過去最高の模試の結果も貼りました。

 

 

この時には、

あなたは出来る!

とこちらが言わなくとも、

多少、自信を回復した様子でした。

 

 

受験直前なのに、子どもがやる気を見せない、

ということもあるかも知れません。

それには、子どもなりの理由が隠れている可能性があります。

どうぞ、メンタルが上がるような接し方を心がけてください。 

 

 

皆さまのご健闘を心よりお祈りしております。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

これをやったらどんな夢でも叶っちゃいます!

これをやったらどんな夢でも叶っちゃいます!

こんにちは ^ ^

コーチのいくみです。

 

 

いくみコーチのご紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_ishida/

 

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭

何だかお経みたいですね。

お恥ずかしながら、

三茄子の続きがあったことを初めて知りました。

 

 

みなさんはどんな初夢をみましたか?

面白いストーリーがありましたら

個別セッションや保護者様向けセミナーの時に

聞かせてくださいね。

 

 

今日は簡単なのにパワフルな内容となっていますので

ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

今年はどんな年にしますか?

 

 

あれ?

どんな目標を立てましたか?

じゃないの?

と思われた方が多いかもしれませんね。

 

 

目標を立てることはもちろん必要なのですが

やはり最初にゴールを決めておくことが、

超重要なんです。

 

 

なぜなら

目標は、ゴールにたどり着くまでに

必要な行動や結果だからです。

 

 

目標達成するごとに、ゴールに近づくイメージです。

どんな年にするかまだ決めていない方は

今年のゴールをこのように決めてみては

いかがでしょう。

 

 

これまでの人生の中で最高の一年だった!!

と思える年にする!!

 

 

もし仮に、最高の一年だったと思えているとしたら

いつ、どこで、だれと、

どんな風に過ごしたのでしょうか?

どんな目標を達成できたのですか?

その場面をありありとイメージしてみてください。

 

 

イメージのやり方はこんな感じです。

私が受験生の母親だったとしたら・・・

息子が第一志望の学校に

合格できた場面を思い浮かべます。

 

 

ドキドキしながら合格発表の時刻となり

受験番号を順番に見ていくと・・・

あった!!

息子の番号が!!

やったーーーーーー!!!

息子も私も最後まで諦めなかった。

ベストを尽くした。

息子~、おめでとう!!

家族みんなで喜んでいる。

息子は笑っているが、私は泣いている。

涙と鼻水で、メイクがぐちゃぐちゃ!!

嬉しい!

とにかく嬉しい!!

超嬉しい~!!!

 

 

臨場感をもって、喜びの感情を味わったところで

次の質問です。

 

 

では、ここに至るまでに

どんな大変なことがありましたか?

どのようにして

その大変な場面を乗り越えましたか?

今の自分に何と声をかけてあげますか?

この答えに不正解はありませんので

思いつくままに、

自由にアウトプットしてみてください。

 

 

これが、目標達成の手がかりだったりもします。

最高の一年だったと思えるような

目標達成の場面をたくさん思い浮かべて

先に体感してみてください。

 

 

本のタイトルそのままになってしまいますが

どうやら ”思考は現実化する” ようです。

お読みになったことがある方も

いらっしゃるかもしれませんが、

ナポレオン・ヒルの著作です。

 

 

これでもし、本当に、

これまでの人生の中で最高の一年だった!!

と思えていたとしたら、

これまでの人生の中で最高の一年にする!

という、夢が叶ったことになりますよね。

この方法でどんな夢でも叶えちゃってくださいね。

 

 

新年ということで気合いが入り、

少々長くなってしまいましたが

最後に、お願いしたいことをお伝えしようと思います。

 

 

お子さんが何気なく夢や理想を口にした時は

大人の価値観や基準で考えたら

絶対無理だと思えるような内容であったとしても

第一声は

「そうなんだ、○○○○○なんだね。」

と、言ってあげて欲しいのです。

 

 

コミュニケーションの基本は

どこまでいっても傾聴と承認ですし、

自由に発想していいんだ!

否定されないんだ!

と思えることが、後の人生に大きく影響します。

 

 

ぜひ、ご家族が一番の応援団なんだと

信じさせてあげてください。

 

 

おうち受験コーチングでは、

一生涯使える目標の立て方や

基礎的なコーチングスキルもお伝えしています。

 

 

御縁ある皆さまに、

お会いできるのを楽しみにお待ちしています。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

通知表が返ってきた時の声がけ

通知表が返ってきた時の声がけ

こんにちは。

おうち受験コーチングの鈴木詩織です。

 

おうち受験コーチング 鈴木詩織

 

さて、私の地域では、今日が終業式です。

明日から冬休み!!

やったーーーー!!

とその前にもらってくるのが通知表です。

 

 

ガーーーーーン。。。

な人も、

さすがわが子!!

って人も、

ぜひ通知表をもらってきたら、

お子さんと中身を確認して、

”やる気が上がるような”声がけを

してあげてくださいね^^

 

 

こんな声がけをしてみてはいかが?

というのを動画にしました。

ぜひご視聴ください。

 

 

【成績が返ってきた時の声がけ】

https://youtu.be/CVtWLgyedk4

 

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました!

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC