子どもの主体性が伸びない原因は、まさかの〇〇のせいだった!?というお話

子どもの主体性が伸びない原因は、まさかの〇〇のせいだった!?というお話

本日のブログ担当は

おうち受験コーチング協会

認定コーチの柴田由佳です。

柴田由佳コーチの紹介はこちら▼

https://jukencoaching.com/about_shibata_y/

 

初めましてなので、今日は私のことを

少しお話させていただきますね。

 

私は

高校2年生

中学2年生

小学6年生

年少

4兄弟の母親です。

 

子どもが大好き

結婚前は幼稚園教諭をしていました。

 

働いていた幼稚園は

自由遊びを大切にする園でした。

上の兄弟3人が通ったのも

そして末っ子が今通っているのも

同じく自由遊びを大切にする

そんな幼稚園です。

 

わが家の末っ子の年少児は

幼稚園に持って行く!

家でせっせと工作に励んだり

お友達にプレゼントのお手紙を用意したり

毎日忙しそうです(笑)

 

幼稚園では

年長さんや年中さんに混ざって

ドロケーをしたり

ドッジボールにも参加しているそうです

4兄弟の末っ子だからか

たくましいです…

 

子どもたちの自由遊びを大切にする

という園の方針に対して

私は全面的に共感しています。

 

ただ、時々言われるんです・・・

 

え、遊んでばっかりで小学校大丈夫?

 

字が書けなくて困らない?

 

練習しないと座っていられないんじゃない?

 

 

はい、確かに心配になりますね。

 

遊んでばっかり。

 

でも・・・

 

実はコレが重要です!

 

 

今日は何をしようかな?から始まり

友達と関わり、時にはぶつかって

自分の言葉で思いを伝えたり

一緒に喜んだり

上手くいかないことに出会ったり

あーでもない、こーでもないと

試行錯誤を重ね

何日もかけて好きなことに取り組む。

 

今、大切と言われている

主体的に・自発的にというものですね。

 

遊んでばっかりの中には

たくさんの重要な経験が

詰まっているんです!

 

うちの末っ子が通う幼稚園には

授業のように文字を教える時間は

ありません。

大好きなお友達にお手紙を書きたくて

お店屋さんごっこの看板が書きたくて

自然と文字に興味を持って

書けるようになっていきます。

 

お友達と遊びながら競いながら

いつの間にか鉄棒ができるように

なったりもします。

 

『やらされて』できるようになったこと

『やりたくて』できるようになったこと

 

どちらの経験がお子さんにとって

豊かなものとなるかは

一目瞭然だと思います。

 

では、勉強はどうでしょう?

 

勉強が好きで、楽しくて

ワクワクが止まらない!!

 

時間を忘れて

夢中になって勉強してしまう!!

 

なんて話は

残念ながら

ほとんど聞いたことがありません。

 

本当は勉強だって

『やりたくて』

取り組んでほしいと思います。

 

ところが

実際には

『やらされている』

と感じている子どもも

多いのではないでしょうか。

 

 

つい、「やりなさい」と言ってしまう

 

反抗的な態度が増えてきて

バトルになってしまう

 

子どもに対して「言い過ぎた・・・」と

後悔することがある

 

子どもに色々言ってみるけど響かない

 

↑↑↑実はコレ、少し前の私です^^;

 

幼稚園教諭として

子どもの主体性・自発的な活動を

サポートしてきたはずの私が

子どものやる気を削いでいたとは!

子どもを思うあまり

自分の思いが強すぎました(反省)

 

そして私『子育て』を学びました。

おうち受験コーチングとの出会いも

その一つです。

 

子育てに関する情報は

世の中たくさんありますが

実際にモデルとなるのは

自分の親の子育て

(自分がどう育ってきたか)だけ

だったりもしますし

子育てには正解がないと

よく耳にしませんか?

これをやったら誰もが上手くいく

失敗しませんという物がないのは

なぜでしょう?

 

それは、みんなそれぞれ

違うからだと思うのです。

みんなちがって みんないい

 

だからこそ

子育てはとーっても楽しくて

でも、とーっても難しい!

のだと私は思っています

 

エニアグラムで子どもたちのタイプを知り

自分の言葉かけが子どものタイプには

NGであったこと

兄には通用したのに弟には通用しないこと

「だからか~」と納得でした

 

・どうして同じように声がけしても

 兄弟で反応がちがうんだろう・・・

・勉強は自分のためにやることなのに

 なかなかとりかからない

・主体的に考えてほしいのに

 いつも親の指示待ち

このように悩まれたことはありませんか?

 

私自身が

やらかしてしまった母だからこそ

セッションを通して、お子さんが少しでも

自分のこととして主体的に・自発的に

自分のために学ぶことができるように

また、より良い親子関係が築けるように

お手伝いができると思っています。

 

ぜひ一度体験セッションでお話しましょう♪

 

柴田由佳コーチの体験セッションを受けることができます!

体験セッションのお申し込みはこちらから▼

http://bit.ly/3JjLSPa

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

もう準備しました?成績あげるために必要な●●●

もう準備しました?成績あげるために必要な●●●

本日のブログ投稿は

おうち受験コーチング

認定コーチの寺田あやです☆

 

前回までに3回連続で配信しました

おうち教室に関する動画

もう見てくださいましたか!?

 

念のために

このブログの最後にも

ご案内をのせますね♪

 

さて

今月は桃の節句。

そう、ひな祭りがありました。

 

我が家は

女の子2人なので

ひな祭りのお夕飯は

ちらし寿司と

茶碗蒸しと

お吸い物を用意しました♪

 

あとは

アップルパイを焼きました!

 

最近ね

長女がアップルパイに

はまっています。

この頃よく読む絵本に

 

「あのこはどーこ?」

 

という本があるのですが、

その絵本に登場するのです。

 

おかげさまで

冷凍パイシートとりんごが

常備されているおうちになりました。

 

なんか…

まるで素敵なおうちのような響き(笑)

アップルパイさまさまです。

 

あなたのお子さんも

女の子だったら

今月はお互いに節句のお祝いですね♪

 

 

さてさて

3月になりました。

 

約5か月前

育休から復帰して早々

ブログで

ずーーーっと

訴え続けてきたことがあります。

 

もしあなたが

その頃から読んでくださっているのなら

もう耳にタコかもしれません。

 

(ん?ブログの場合は目にタコ!?)

 

本当であれば

お顔を見てお伝えしたい。

身振り手振りを合わせて説明したい。

 

でもブログでは

それは難しいので

しつこくしつこく

書くしかありません。

 

今日も書きます。

 

あなたのお子さんは

新学期を迎える準備

できていますか?

 

ノートとか

筆記用具とか

制服とか

そういった物品ももちろん大事!!

でもそれらは

”お金を出せば必ず手に入る”もの。

 

私があなたにお伝えしたいのは

お金だけでは解決できない

「ほしい」と思っても”すぐ”手に入らない

手に入れる方法を

学校や塾では教えてくれない

そんな準備のことです。

 

そうです。

それは、お子さんの自主性

そして、主体的に学ぶ姿勢

 

特に

新中学1年生のお子さんと

新高校1年生のお子さん。

 

一気に世界が変わります。

環境だけでなくて

教科書の厚みとか

内容の難しさとか

学校や先生からのフォローの手厚さとか

(多くの場合、学年上がると手薄くなる)

 

本当にいろんなことが変わります。

 

そして

その新しい環境で

誰もが輝く自分を夢見るはずです。

 

例えば

部活に専念して結果を出す自分

生徒会などの活動に意欲をもつ自分

テストでいい点をとって成績上位にいる自分

 

あなたのお子さんが

そういった夢や希望を叶えるために

 

あなたが

できること

やるべきこと

考えてみて欲しいのです(*^^*)

 

例えば

お子さんに

テストでいい点を取れるように

なってほしいとしましょう。

そうすると

 

成績を上げるためには

自宅でも学習が必要。

 

その自宅でも学習をするためには

学習習慣が身についていることが必要。

 

その学習習慣を

身につけるためには

必要なのは

優れた問題集ではありません。

勉強を教えてくれる塾でもありません。

 

必要なのは

お子さんの自主性

そして、主体的に学ぶ姿勢

これなのです。

 

これさえ身に付けば

自宅学習をしていても

もちろん塾に通っていても

それは意味があり

効果的な学習となることでしょう。

 

逆に

やれと言われるからやる

怒られるのがめんどうだからやる

 

そういった姿勢での学習は

知識が身にもなりにくく

さらに効果も大変薄くなる可能性が。

そんな学習は

一体なにを生むのでしょうか。

 

お子さんが

どんどん勉強嫌いになるのに

どうしたらいいのかわらかず

悩んでいませんか?

 

自分の声がけが

お子さんをやる気にできていないのに

それでも怖くてやめられず

お困りではありませんか?

 

 

お子さんは

大きく成長されたように

感じられるかもしれませんが

学習面においては

まだまだ

あなたのサポートが必要かもしれません。

 

もしも

 

「子どものためにできることがあるなら知りたい!」

「我が子に充実した学校生活を送ってほしい!」

「子どもの無限大な可能性を信じたい!」

 

と考えたことがあるのでしたら

 

私たち

おうち受験コーチング

お役に立つことができるかもしれません(#^.^#)

 

なんと残席1名の会もあります((+_+))

お急ぎくださいねーーー☆☆

 

3月のオンライン説明会はコチラ↓↓↓

※オンライン説明会へは、参加者の皆さんの安心・安全のためにカメラONでの参加にご協力ください。

 

こちらもぜひご確認ください▼

おうち教室説明動画①

https://youtu.be/omob_j08AR4

おうち教室説明動画②

https://youtu.be/99GhAT9qhdw

おうち教室説明動画③

https://youtu.be/uRcwsHieAqU

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

寺田あやのズバリ言うわよ!

寺田あやのズバリ言うわよ!

※本日はタイトルに合わせて

やや強めの表現でメルマガを書いております。

体調の優れない方は、元気になってからご覧ください。

 

おはようございます!!

おうち受験コーチング

認定コーチの寺田あやです!

本日もどうぞよろしくお願いいたします(#^^#)

 

今日は私ね

ズバリ言いたいことがあります!!

 

お子さんの成績や進路で悩んでいる方

 

塾にしようかな

家庭教師にしようかな

個別塾にしようかな

おうち受験コーチングにしようかな

って感じで、

おうち受験コーチングが

塾や家庭教師と比較されることが

あるのですが…

 

そうじゃないわよ!!

と言いたいです!!!

 

うちで学んでくださっている方は

ご理解いただけると思うのですが

うちが受講生の皆さんに

提供できることって

”勉強を教える”ことだけではありません。

 

成績を上げるために

第一志望に合格するために

 

絶対的に必要な学習習慣を

身に付けるための方法を伝授したり

(効率よく学習開始できるように

準備の方法からお伝えしているんですよ!)

 

成績を上げるための

3つのステップを

具体的に指導したり

 

脳科学に基づいた

効果的な復習の方法を教えて

その方法がお子さんの身につくように

コーチが寄り添ってサポートしたり

 

予習の仕方を教えたり

(”予習”って、必ずしも教科書や問題集を

バッチリ解いておくことではないのですよ!)

 

間違いを減らしていくための

間違い直しの方法もお伝えしたり

 

計画を立てる必要性や

具体的な計画の立て方を伝授して

うまくできたのか

うまくいかなかったのか

次に生かすためにどうすればいいのか

担当コーチがお子さんと一緒に

お子さんの目線で考えたり・・・

 

書ききれないのですが、

お子さんはうちのプログラムで

こうやってご自身の学習力や自主性を培い

学習習慣を身に付けていきます。

 

 

うちでの学びを

塾や家庭教師と

並べないでほしいです!!

 

もっともっと根本的に

大切で必要な力を

お子さんに身に付けてもらうための

『おうち受験コーチング』なのです!!

 

しかも、

あなたご自身も

お子さんと一緒に学んでいただくことで

家族みんなに笑顔が増える相乗効果!!

 

大切なお子さんのことが

もっともっとよく分かるようになるから

「親子のコミュニケーションが増えた!」

という受講生さんも非常に多いのです(*^^)v

 

お子さんの成績や進路でお悩みでいらっしゃるなら

何が原因なのか

どうしてうまく行っていないのか

冷静に判断しなきゃダメですよ!!

 

お子さん本人にやる気がある

勉強のやり方も間違っていない

学習習慣も身についている

塾が求める膨大な課題も

やり切る気持ちと時間と親のサポートがある

親子さんも

お子さんのことをよく見ることができていて

何を言えば気持ちが前を向くのか知っている

やる気がなくなるNGワードを把握している

 

そういうことでしたら、

うちじゃなくても大丈夫!

 

でも

もしそうでないなら、

私は『おうち受験コーチング』をオススメします!!

 

 

算数や数学、英語は

積み重ねが大切な教科と言われています。

 

人間の発達段階だって

 

マズローの欲求階層説だって

 

積み重ねが大切なのです。

 

お子さんの学ぶための姿勢だって

学びを吸収するための方法だって

もちろん積み重ねが大切です。

 

勉強苦手だったり

キライだったりする子は

突然好きになってできるようには

ならない可能性が高いでしょう。

 

飛び級はできません。

基礎がもろければ、

丈夫そうに見える建物だって崩れます。

 

あなたのお子さんは

まだまだたくさんの可能性がある!

 

そして、

一生学び続けなければいけない世の中を

強くしなやかに生き抜いて行くために

今の子どものうちだったら

基礎を丈夫に分厚く整える時間もある!

小さな穴ぼこなんて、

埋めていく時間もまだまだある!!

 

でも、1日経てば、1日損なう。

 

どんなことだって吸収できる

多くのことを学び取ることができる

そんな貴重な時期を

 

「勉強しなさい!!」

「塾の宿題をしなさい!!」

「そんなことじゃ高校受からないよ!!」

という言葉を浴びせて

強度不明な基礎の

上に建つ建物ばかり

強く大きくしようとしますか?

 

それとも、

どんな建物が建っても安心できるように

基礎を強く大きくしようとしますか?

 

判断できるのはあなただけです。

他人には判断することができません。

もちろん、私にも判断することはできません。

 

ただ

ひとつ私に言えることがあるとするならば

建物部分は

お子さん自身が一生自分で責任をもってゆく部分。

親御さんの手を離れてからも

建物を大きくし続けなければいけないでしょう。

 

だからこそ、

ズバリ言いたい!!

 

今大切なのは

親から子に渡せる財産は

基礎じゃないですか?

 

▼学年別オンライン説明会 内容確認・申込はコチラ▼

小1ー3の保護者の方

 

 

小学4〜5年生の保護者の方

 

 

小学6年生の保護者の方

 

 

中学1〜2年生の保護者さん

 

 

中学3年生〜高2年生の保護者の方

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

【中3~高校生限定】”大人になった我が子”に親から手渡せるもの

【中3~高校生限定】”大人になった我が子”に親から手渡せるもの

中学3年生~高校生の親御さん限定

 

”大人になった我が子”に

親御さんが手渡せるものって

何だと思いますか?

 

 

おはようございます!!

おうち受験コーチング

認定コーチの寺田あやです^^

今日もどうぞよろしくお願いいたします♪

 

さて

未就学児や小学生と違って

中学生や高校生になると

お子さんが急に大人になったように

感じることってありませんか^^

 

実際に、

そのくらいのお年頃になると、

家族以外のコミュニティが重要になってきて

友達や仲間を大切にすることで

成長をしていくタイミングと重なります。

(エリクソンの心理社会的発達理論の発達段階より)

 

そう。

親御さんの元から巣立つ準備を

始めているのです。

 

この世代のお子さんにとって

次に待ち受ける大きな試練は

『大学受験』

という方が多いと思います。

 

そして、次の試練は

『就職活動』でしょうか?

『大学に残る』という選択を

される方もいらっしゃいますね^^

 

その試練の時

お子さんの目標達成のために

”何をしてあげられるのか”

”何を手渡してあげられるのか”

具体的なイメージはお持ちですか?

 

10数年もの間

成長を見守ってきた親御さんです。

 

「勉強したの!?」

 

「やることやってるの!?」

 

「YouTubeばっかり見てていいの!?」

 

「そんなんで受かるの?」

 

こういった声がけが

お子さんに届かないということ

お子さんの成長に結びつかないということ

痛いほど感じていらっしゃると思います。

 

おうち受験コーチングでは

親御さんが

『本当に我が子に伝えたいこと』

専任の認定コーチが

責任をもってお子さんに伝えます。

 

 

『本当に我が子に伝えたいこと』

それは

自分のことは自分で責任を持つこと

だったり

 

目標達成のために

PDCAを自ら回すことだったり

 

自己成長のために

セルフコントロールが大切であることだったり

 

そのようなことではありませんか?

 

もし、そうなのであれば、

「おうち受験コーチング」にお任せください!!

 

この

『本当に我が子に伝えたいこと』

お子さんに届く秘訣を

2分でご説明しますね^^

 

おうち受験コーチングの秘訣

【その1】12月~翌年2月まで3か月間 

▼基礎習得▼

◎親御さんにもお子さんにも性格診断を行い、熟練した認定コーチがそれぞれの個性に合ったアドバイスを行います。

親子と言えども性格が違いますので、これがなかなか効果大なのです。

(学校でもやっていませんし、ほとんどの塾でもできません❣ 画期的です。)

◎親御さんが適切な声掛けができるようになり、お子さんのやる気スイッチが入ります。

その結果、「勉強しなさい!」と責め立てなくてもよくなり、親子関係が仲よく親密になります。多くの方が体験済みです。

◎お子さんが一人で自発的に学習し始めます。

(ここに「おうち受験コーチング」のエッセンスがあります。)

◎適宜、脳科学や心理学に裏打ちされた最適な学習方法、記憶方法、将来の夢・希望などのコーチングを行います

これらはすべて!

鈴木詩織が開発したおうち受験®︎メソッドの武器です。

TOPクラスの学習習慣が身につき、学力が向上します☆

 

  

【その2】3月~5月までの3か月間 

仕上げ完成▼

◎選任の認定コーチによるセッションが続きます。

一人立ちした生徒に寄り添って、学習法、テスト対策、受験校分析、相談事項など、丁寧にコーチングします。

◎お子さんは自己学習が定着して、学力が格段に向上します。

◎定期的に親御さんにもアドバイスして、効果を高めます。

◎5月末には、より進んだ勉強も、より深く自分で取り組むことが出きるように成長します。

◎第1志望校の合格や志望校のレベルアップが実ります。

 

【その3】6月~翌年2月

▼おうちで勉強か塾へ▼

このタイミングになれば

親御さんもお子さんも

目に見える成果を

感じとることができていることでしょう。

 

ここから受験までは

「おうち受験コーチング」のセッションや学習指導で伸ばしていくもよし!

あるいは、塾に通い受験勉強することもできます。

塾に行っても成績が上がらない、

という悲劇が解消・軽減されるだけでなく、

学習効果が一段と高くなります。

 

これが、「おうち受験®︎コーチング」の秘訣であり、

今、緊急にお勧めするポイントなのです。

 

安心と納得の内容は

オンライン説明会でo(^o^)o

 

中学3年生~高校生の親御さん向け説明会は

コチラです↓↓↓

https://ouchijuken.com/hsetsumei

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

だって、面倒くさい!!を緩和した方法

だって、面倒くさい!!を緩和した方法

こんにちは。

塾・家庭教師・通信教育不要!

母親の声がけで難関校合格レベルの

家庭学習習慣が身につく

おうち受験コーチング

認定コーチの榊間かおりです。

ロボ好きの息子(小2)と、プリンセス好きの娘(年中)がいます。

 

かおりコーチの紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_sakakima/

*******************************************

早めにやっておいたほうがいい、って分かっているけど

後回しになってしまうこと。

ありませんか?

 

料理の後片付けとか、

子どもが学校の工作で使う道具の用意とか、

定期検診の予約とか、

期限が1ヶ月以上ある書類の提出とか。

 

面倒なことなんて、山のようにありますよね。

あまりないという方は、そっとメールを閉じてください(笑)

 

さて、家事も仕事も面倒なことは付きものですね。

勉強も、似たような感じで

ほとんどの子どもにとって面倒なことだと思います。

 

私自身の子ども時代も、思い起こすと、

結構、先延ばしにしてしまうことがありました。

今でもまだありますけれども、

ちょっとはマシになったと思います。

 

そして多くの方が、大人になるにつれて

ある程度、自然とできるようになってきた

のではないかと思います。

 

でもそれができるようになるのが、

早いに越したことはないし、

少しでも多く

自分でコントロールできるに越したこともない。

 

そういうわけで、

先延ばしにしないようにするための

コツや考え方などについて

お話させていただきます。

 

そもそもですが、

先延ばしにすることってデメリットの方が大きいですよね。

そしてそれは、分かっているんですよね。

 

だから、そこだけを言っても

動けるお子さんは限られてきます。

(ゼロとは言いません。)

 

1時間くらいで終わるかなと思っていたら、

見積もりが甘くて3時間かかりましたとか。

今日中に終わらせないといけない!

というプレッシャーで

余計なストレスがかかったりとか。

 

こういった失敗を経験しながらも、

大人になるにつれて、

頭の中で

「今することのメリット」

もしくは

「今しないことのデメリット」を、

自分で考えて行動できるようになってくるのだと思います。

 

このように失敗をたくさん経験して

ゆっくり成長したいタイミングなら、

それもアリでしょう。

そういう成長段階も必要です。

 

でも、1人でできない部分は、

上手く周りがサポートして学ぶことで、

少ない経験からもより多くを学ぶことはできます。

 

失敗はそれそのものが失敗ではなく、

失敗で終わらせることが失敗、

と言われたりもします。

 

そこで、それぞれのお子様に合った

声かけ、環境設定、優しい声かけ、

はたまた厳しい管理・・・

などに頼って、少しずつでもより早く

先延ばしをしないスキルを身につける。

 

先延ばしにしないことは、

身につけられるスキルだと思っています。

お子さんに合ったもので身につけられるとよいですね。

 

先延ばしが原因のトラブルにも、事前の対処も含め、

対処方法を何パターンかもっていると安心です。

 

慣れてくると自分で調べたり、

知っているものを組み合わせて

オリジナル解決策を考えたりできるようになってくるものです。

 

私の解決策は、

「後で楽だから」

もしくは

「楽しいから」

というマインドで考えています。

 

取っつきやすいところでのオススメは、

・とりあえず少しだけやってみる。

・細かい〆切を作る。

・はじめから完璧を目指さない。

などです。

 

どれか1つでも、出来そうなことはありましたか?

 

やり始めてみると、

細々としたやり忘れが減り、

好きなことをする時間ができたりして、

気持ちに余裕が生まれたり、

自信につながってきます。

 

状況をお伝えいただければ

他にお伝えできることもあると思います。

良ければご相談くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

かおりコーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3rjwYys

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

2学期をスタートダッシュする方法

2学期をスタートダッシュする方法

こんにちは

おうち受験コーチング

認定コーチの鈴木ひできです。

ひできコーチの紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_suzuki/

 

さて今回は

2学期をスタートダッシュする方法

というテーマでお話をさせていただきます。

 

結論から言いますと、

「ハツラツと頑張ろうという環境を作る」

ということです。

 

具体的には

1、  早寝早起きの習慣を取り戻す

2、  体調管理をする

3、  気持ちの切り替えを早くする

 

いつもよりゆっくりしたり、楽しい家族旅行などは

お子さんにとっては夏休みだからこその

かけがいのない思い出です。

一方でいつまでも夏休み気分が抜けない

お子さんも多いのが事実です。

 

2学期は学習が難しくなり行事も多くなり、

1学期より明らかに大変になります。

この夏休み気分が、2学期に差がついてしまう

一つの要因とも考えられます。

 

また体調面では

9月は急な気温の低下や台風などの

気圧変化による体調への影響も大きくなります。

 

9月下旬の涼しくなった頃に食欲がないや、

なんとなく体がだるいといった夏バテと似た

症状が出る場合があります。

これを秋バテとも言います。

 

みなさんはロールモデルという言葉は

聞いたことがあるでしょうか?

いわゆるお手本となる人物です。

 

お子さんにとっての

お手本となる人物は誰でしょうか?

 

「子どもは親の思う通りに育つのではなく、

親のように育つ」

という少し厳しい言葉があります。

 

お子さんはお小言ばかりのお母さんの言うことは

なかなか聞かなくなってきます。

 

ぜひご両親自身の早寝早起きや体調管理、

元気一杯の後ろ姿でお子さんに語ってください。

9月はいつもより後ろ姿で応援してください。

 

まとめ

2学期は、

1学期うまくいったお子さんも

そうでないお子さんも

新しいRe.スタート。

飛行機も離陸する時が一番燃料を使います。

 

9月はいつも以上に意識していただき、

お子さんがハツラツと頑張ろうという

環境づくりをしてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

ひできコーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3ReUPuR

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

X