入試直前、極限的な精神状態を乗り越えて

入試直前、極限的な精神状態を乗り越えて

こんにちは。

おうち受験コーチングの鈴木詩織です。

 

おうち受験コーチング 鈴木詩織

 

 

寒いですね〜

昨日は私の地域では朝から雪が積もっていました。

ここ数年、こんなに降ることがなかったので、

今年の受験生は、例年に増して大変かもしれませんね。

 

 

おうち受験の受講生さんたちですが、

12月から中学入試が始まり、

受験が終わった子達から、

【第一志望校に合格しました!】

連絡が届いています^^

嬉しいですね!!^^

 

 

しかし、まだまだこれからが本番!というお子さんの方が

多いので、ここから3月中旬くらいまで、

全員の受験が終わるまでは、

こちらも気を抜けない状況です。

 

 

そして、この入試直前は、

子どもたちが異様な精神状態に陥ることが多いです。

 

 

プレッシャーのあまり”受験しない!!”と言い出した子

お試し受験が不合格で、”もうどこも受からない!”と家から飛び出した子

緊張がいき過ぎてスランプに陥り、今まで解けた問題が急に解けなくなった子

勉強し過ぎで倒れ、療養のため1週間何もできなくなった子

いろんな子が、いました。

 

 

今年受験したAちゃんも、そのうちの一人でした。

もともと勉強から逃げたくて仕方なかったところに

直前期のプレッシャー。

もう受験辞める!!って

勉強をしなくなりました。

 

 

直前期にそんなことを言われて、

お母さんは、内心、とてもとても焦ったと思います。

せっかく何年もかけて塾に通って準備してきて、

やっとあと少しで受験、

合格したら憧れの中学で素敵な生活が待っているというのに、、、

なぜ!?

今!?

普通だったら、大きく取り乱されてしまいますよね。

 

 

中には、このような状況に陥って、

塾に「受験はやっぱりやめます」って

電話しちゃったお母さんもいるくらいだそうです。

そのくらい、親子ともプレッシャーがかかるのが、

この受験直前期です。

 

 

でも、Aちゃんのお母さんはそこで、

素晴らしい対応をされました。

何かというと、

早々に目標を切り替えたのです。

 

 

これまでは、

”受験までにやれることを全部やって、

最善の状態で試験に臨む”

のが目標でした。

それを、

”当日、試験会場に行って試験を受けてくれればいい”

という目標に切り替えたのです。

 

 

この転換には、とても勇気が必要だったと思います。

直前期は毎日が

そのような状況でしたから、

勉強をしていなくてもとがめず、

お子さんの気持ちが極端に下がらないように、

いつも通りに過ごされていました。

 

 

その結果、

Aちゃんは試験当日受験をすることができ

無事、合格!!

晴れて希望の中学に通えることとなりました。

受けに行ってくれて、

本当に良かったです。

 

 

*****

多くのお子さんにとって、

中学受験・高校受験は

”人生初めての受験”です。

10代という、まだ完成していない心と体で、

大きなプレッシャーの中で受験をするのは、

大変なことなのです。

 

 

そんなお子さんに寄り添ってサポートできるのは、

実は、

塾の先生でも、学校の先生でもなく、

一緒に住んでいらっしゃる

お母さん、お父さんなのです。

 

 

”中学受験は親が9割”という本がありますが、

まんざらでもなく、、、

親御さんの舵取り次第で、

受験という経験がお子さんの

栄養になったり、

足枷になったりします。

 

 

どうせやるんだったら、

受験という経験を活かして、

その後の人生を力強く歩んでいってほしい!!

 

 

そんな風に思って、

私たちは日々受験生と、勉強を頑張る

親子さんをサポートしています。

 

 

2019年に、私一人で始めた

”おうち受験コーチング’は、

セミナー参加者は1,800名、

継続受講生は124名となり、

サポートできるコーチも、

予備生を合わせると30名ほどになってきました。

 

 

学校の先生とも

塾の先生とも

違った視点から

親子をサポートできる

”受験コーチ”の存在が、

受験の世界で当たり前になり、

たくさんの親子さんが

”今も未来も幸せな受験”

体験できるような、

そんな世の中にしていきたいと、

切に願っています。

 

 

ただ、正直、

皆様にとっては

”受験コーチ”って、何!?

一体何をするの!?

って、よく分からないですよね(笑)

 

 

そこで、

【おうち受験コーチング】を

体験できちゃうセミナーを、

このたび新たにリリースすることにしました!!

16期連続満席だった人気セミナーを、

”中学受験編”と”高校受験編”に分け、

それぞれの受験を成功に導くためのコツを

こっそりお伝えしちゃいます^^

 

 

明日はまず、中学受験編のセミナーの詳細をお伝えしますね。

(高校受験編は2月のリリースを予定しています♪)

楽しみにお待ちください!

 

 

今日も最後までお読みくださり、

ありがとうございました^^

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

授業中に漫画を描いてた男の子、その後どうなった?

授業中に漫画を描いてた男の子、その後どうなった?

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

 

授業中に漫画を描いてた男の子、その後どうなった?

 

 

今日は、ある小学生の話です。

 

小学校の授業中に

ノートに漫画を描いていたのを先生が見つけ、

お母さんが学校に呼び出されました。

         
学校で注意を受けて、
帰ってきたお母さんは
わが子にこう尋ねたそうです。
        

「どんな漫画を描いていたのか
見せてちょうだい」
       

普通だったら、
「授業中に漫画なんか描いちゃダメよ!」
って叱っておしまいでしょう。
        

 
でもそのお母さんは、わが子の漫画を
最初から最後までじっくり読んで
次のように言ったそうです。
       

「●●ちゃん、
この漫画はとても面白い。
お母さんはあなたの漫画の、
世界で第一号のファンになりました。
これからお母さんのために、
おもしろい漫画を
たくさん描いてください」
        

  
わが子の才能を見出し、
世間になんと言われようと、
才能を認め、わが子の味方になる。
        

 
お母さんは、その姿勢を
徹底して貫かれたそうです。
        

このお子さんは、
その後、医学も修め、
医学と漫画の両立に悩むようになります。
          

そこでお母さんに相談したところ、
お母さんはこう尋ねました。
       

「あなたは漫画と医者と
どっちが好きなの?」
        

彼は迷わずこう言いました。
「漫画です」
      

するとお母さんは、
「じゃ、漫画家になりなさい」
と答えたそうです。
        

         
この話、
有名な「手塚治虫」の若い頃の
話です。
       

彼は日本の漫画文化の礎を作ったのと同時に、
         

彼が描いた『ブラックジャック』は
多くの子ども達に読まれ、
       

「医学部生で読んでない人はいないんじゃない?
みんな影響受けてるよね」
      

というくらい、
これからの日本の医療を支える人たちからの
圧倒的な支持を受けているのです。
       

  
        
どんなことであっても、
「人より秀でたところ」
というのは、
自分の人生を幸せで豊かなものにするために、
とても大切なところなのです。
       

   
お子さんの才能を見つけて伸ばす、
そんな声がけ、
できていますか?

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
 中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
 中3・女の子
 

その他のお客様の声はこちら→

 

—–

やっと、成績表を見せてくれました

やっと、成績表を見せてくれました

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

 

やっと、成績表を見せてくれました

 

 

おうち受験コーチングを継続で受けてくれている

Nちゃんという中1の女の子がいます。

 

 

毎日の勉強のやり方を変えて、

テスト勉強の計画を事前にたてて

実行するというやり方で、

始めてのぞんだ定期テストが、

先日ありました。

 

 

テストが終わってしばらく経つけれど、

なかなか、成績表や

テストの振り返りが出てこないな〜と

思っていたら、なんと、2週間経って

ようやくお母さんにテストの結果を

見せたそうです。

 

 

以前とやり方も変えて、自分なりに

とても頑張ったのでしょう。

 

 

でも結果が出なくって、

(順位は前回とほぼ変わりませんでした)

恥ずかしいとか、

申し訳ないという気持ちも

あったのかもしれません。

 

 

 

でも、もしあなたのお子さんが

成績表を見せないからといって、

叱ったりする必要はないんですよ。

 

 

なぜなら、成績表を見せないというのは、

それだけ点数にこだわり始めていることの

証拠でもあるから。

 

 

 

だから、お子さんによっては、

結果が出た時に投げ捨てちゃったり

することもあります。

 

 

 

じゃあどうしたら良いかというと、

 

 

投げ捨てたい気持ちを分かってあげながら、

次どうしていこうか、

ということを明るく話せるようになると、

いいですね。

 

 

だって、やり方を変えて取り組んでみたということ自体が、

前の自分より成長しているわけですし、

今回やってみてうまくいったところ、

うまくいかなかったところが「分かった」というのも

一つの成長なんですから。

 

 

何も、悪いことはないんです。

 

 

 

私はエジソンの考え方が好きで、

よくお子さんたちにも伝えるのですが、

こんな言葉があります。

 

 

 

【私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。】

 

すごいですよね(笑)

 

 

 

お母さんもお子さんも、

このくらい、

デーーーーーンと構えて、

 

 

 

うまくいかない方法が見つかって

良かった!

おめでとう!!

くらいの気持ちでいたらいいと思います。

 

 

 

こういう考え方、切り替えの仕方って、

社会に出てからとても大切だと思うんです。

 

 

 

例えば会社だったら、

毎月の目標に対して

うまくいった・うまくいかなかった、

というのがあって、

それによってお給料が

上がったり下がったりするわけですけど、

 

 

 

そういう、お給料とか生活費とか

関係ないところで、

仕事をするための訓練をさせてもらえるのって、

 

 

勉強やテストって、

良い仕組みだと思いますよ。

 

 

だから、

勉強やテストに

「使われる」「振り回される」

んじゃなくて、

 

 

それをお子さんの成長のために使えるように

していってあげてくださいね。

 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
 中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
 中3・女の子
 

その他のお客様の声はこちら→

 

—–