1つの漫画に4万円以上払ってました

1つの漫画に4万円以上払ってました

皆さんは漫画を読みますか?

 

 

 

私は、母親が漫画家志望だったこともあって、

小学生の頃は、週末になると

古本屋に漫画を買いにいくことが

習慣づいていて、

古典的名作(漫画)から新しいものまで、

結構読んでいた方じゃないかな?

と思います。

 

 

 

大人になってからも、以前ほどじゃないですけど、

ちょこちょこ気になる漫画を読んでいます。

 

 

 

先日も、『ONE PIECE(ワンピース)』の96巻が

コンビニのレジ前に山積みになっていたので、

つい買ってしまいました。

 

 

 

「もう96巻かあ、私飽きずにずっと読んでるなあ」

と思っていて、

ふと気づいたんですよね。

 

 

 

96冊買ってるってことは、

もう4万円以上、

『ONE PIECE(ワンピース)』に

投資してるよね!

 

って(笑)

 

 

 

あえて、投資と書きましたけどね・・・

消費じゃないですよ、

これは投資です。

(と、自分に言い聞かせる)

 

 

 

でも本当に、主人公やそれを取り巻く人たちの

生き方とか姿勢とかに、

学ぶというか、

励まされることが多くて、

 

 

 

自分を勇気づけるために読んでる

ところが大きかったりもします。

 

 

だから、きっと最後まで読むんだろうなー、と

思いながら、今回は484円払ってまいりました。

 

 

 

 

漫画は、子どもの頃の私みたいに、

ガッツリした小説を読むのは苦手だけど・・・

というお子さんに、なかなかオススメです。

 

 

 

特に歴史もので、

ちゃんと時代考証がなされているものは、

読むだけで当時の風景とか、

当時の人々がどんなことに関心を持って、

どんな考えをしたのかということを、

追体験することができます。

 

 

 

だから、歴史は実感が持てなくて分からない、

とか、抽象的に感じて言葉が頭に入ってこない、

というお子さんには、特にオススメです。

 

 

 

いくつか、少女漫画系をご紹介しますね。

 

 

大人向けの漫画も入っているので、

お子さんに読ませるかどうかは、

各自ご判断ください!

 

 

 

田中満智子『天上の虹』講談社

ヨドバシ.com - 天上の虹 3-持統天皇物語(講談社コミックスキス ...

飛鳥時代、持統天皇の生涯を描いたお話です。

大化の改新・万葉集・壬申の乱のあたりの

時代背景が丁寧に描かれています。

濡れ場があるので、読ませる年齢はご判断ください。

 

 

 

大和和紀『あさきゆめみし』講談社

文学「あさきゆめみし」これも学習マンガだ!

平安時代の恋物語、紫式部が描いた

源氏物語を漫画で描いたもの。

 

濡れ場ばかりですが(笑)、

最も難解と言われる源氏物語を

分かりやすく描いてくれているのは、

ありがたいです。

 

 

 

 

 

渡辺多恵子『風光る』小学館

[渡辺多恵子]の風光る(1) (フラワーコミックス)

 江戸幕末、新撰組の話です。

基本、ほのぼのした恋愛モノです。

新撰組の漫画は、他にもいろいろありますね。

 

 

 

 

大和和紀『はいからさんが通る』講談社

はいからさんが通る 新装版(1)』(大和 和紀)|講談社コミックプラス

大正時代。

第一次世界大戦・関東大震災や、

大正デモクラシーの雰囲気を味わえます。

 

 

 

 池田理代子『ベルサイユのばら』

[池田理代子]のベルサイユのばら(2)

 18世紀。フランス革命。

 

 

 

漫画じゃないですが・・・

その後、こちらもどうぞ。

映画「レ・ミゼラブル」2012

ポスター画像

 

 

 

 

ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX) | ヤマザキマリ |本 | 通販 | Amazon 

古代ローマ

漫画も映画も面白いですよねー。 

 

 

 

 

手塚治虫『火の鳥』朝日新聞出版

 いろんな場所の、いろんな時代に火の鳥は出没します。

一生に一度は読んで欲しい名作です。

 

 

 

 

 

少し紹介するつもりが、

いつの間にか8冊も紹介していました^^;

 

 

 

皆さんも、

これも面白いよ、というのがあったら、

教えてもらえると喜びます。

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

無料メルマガへの登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–

ベストな習い事を見抜くコツと、危ない罠

ベストな習い事を見抜くコツと、危ない罠

最近、幼児さんから小学校低学年・中学年の

お子さんを持つママから、

習い事や通信教育についての相談を

受けることが増えました。

 

 

 

今日は、10歳までのお子さんをお持ちの、

「子ども想いで教育熱心なママ」が陥りやすい罠について、

考えてみたいと思います。

 

 

 

 

4歳を過ぎてくると、

水泳やピアノ、英会話、通信教育など、

参加できる習い事が増えてきますよね。

 

 

 

お友達のAちゃんが水泳を始めた、

お隣のB君は体操教室を始めた、

と聞くと、

なんだかソワソワ。

 

 

 

うちも何かやった方が良いかしら?

と思えてきたり、しませんか?

 

 

 

はたまた、ネットを見ていたら

「創造力を育てる」造形教室とか

「表現力が身につく」ディベート教室とか

出てきて、

そうそう!これからの時代に必要な力よね!

あれもこれも、必要に思えてきたり

しませんか?

 

 

 

私も今、子どもが4歳5歳なので、

今「ウンウン」と頷いてくださった方と同じように、

いろんな習い事の存在を知っては、

面白そう!と心が動きます^^

 

 

 

特に、自分が子どもの頃にはなかったような

習い事が、今本当にたくさん、ありますから。

見ているだけでも、「こんなのあるんだ!」

って楽しくて、ついつい心惹かれてしまいます。

 

 

 

こんなふうにして、いろんな習い事の中身を見たり、

体験したり、普段からしているのですが、

色々見ていると、面白いことが分かってくるんですよね。

 

 

何かというと、

この習い事が、どんな力を

どの程度伸ばすことができるのか

分かってしまうんです。

 

 

 

例えば、プログラミング教室って、今流行っていて、

「これからはプログラミング的思考が必要だ」と

言われているものですから、

じゃあどの程度、プログラミング的思考が身につくか?

っていうのを考えながら、教室の中身を見るんですね。

 

 

 

で、だいたいどこの教室も、

子どもが感覚的に分かるように設計された

プログラミングのシステムを使って、

パソコンだったり、タブレットを操作して

機械を動かすようなことをしているんですが・・・

 

 

 

 

あれって、ほとんどプログラミング的思考は

身につかないんですよね^^;

いや、全く身につかないとは言いませんが、

せいぜい身についてレベル1か2です。

 

 

 

これだったら、自宅で材料与えて、

ピタゴラスイッチを自作させてた方が、

プログラミング的思考がレベル5とか身につくよなー、

って見えてきたり、するわけです。

 

 

さらに言うと、もう少し大きくなったら、

地元で有名な発明クラブに入れば、

プログラミング的思考はレベル7−10まで伸びるよなー、

って思ったり、するわけです。

 

 

 

こんなふうに私は、

これからの時代に必要と言われている、

プログラミング的思考

英語力

表現力

創造力

柔軟性

学び続ける力・・・

こういった力それぞれが、一体、何なのか?

そして、どうやったらより効果的に身につくのか?

全部答えを持っているので、

 

 

 

わが子の特性と将来を考えて、

どんな習い事をやらせるのがベストか、

もしくはやらせないのがベストか、

分かりますし、そこについて迷うことはありません。

 

 

 

 

でも、こうやって習い事の相談をたくさんいただいて

気づいたのは、

 

 

 

こう言う基準を持っているママって、

めっちゃ少ない!!

のです。

 

 

 

 

 

いや、そもそも、習い事で迷う、悩む方は、

お子さんの教育に対してとても熱心ですから、

色々本も読んでらっしゃったりするんですよね。

だから勉強不足とかそういうのではないんです。

むしろ情報に関しては、過多なくらい持ってらっしゃいます。

 

 

 

逆に迷わない方というのは、

本当にうまくいっているか、

お子さんの才能を伸ばすことにそんなに関心がないかの

どちらかです。

 

 

 

ですから、迷ったり悩んだりすること自体がまずいとは

思わないのですが。

 

 

何がまずいかって・・・・

 

 

色々悩んで迷って決めきれないまま、

お子さんを振り回してしまって、

結局どれもこれも中途半端にしか

身につかない

 

 

これが、まずかろうと思うのです。

 

 

 

 

いや、習い事だって、無料じゃないですよ。

わざわざお金を払って、友達と遊ぶ時間を削って、

送迎とかまでして、行かせている。

 

 

でも、その習い事に行くより、

公園で遊んでいた方が、

ずっと才能が伸びたよね、

というのが真実だったとしたら、

悲しすぎやしませんか?

 

 

 

ママがわが子のためを思って

習い事を増やせば増やすほど、

お子さんの才能が分散して霧消してしまうなんて、

残念すぎませんか?

 

 

 

私、こういうのは本当にもったいないと・・・

せっかくの、ママたちのわが子を愛するパワーが、

わが子にちゃんと伝わって

実を結ぶようにしたいって、

切に思います。

 

 

 

そして、習い事についてこうやって

相談を受けているうちに気づきました。

 

 

表面的な回答を繰り返していても

結局また、ママさんは悩み迷われてしまう!

ということに。

 

 

だから、ちゃんと根本的なことから、

お伝えしよう!と決めました。

 

 

 

ママが描く理想の子育て、

そしてお子さんの理想の未来、

今の楽しみ、

 

 

全てを叶える

わが子への接し方

 

 

 

昔から変わらず必要とされる力と、

これからの時代に必要な力、

その身につけ方

 

 

そういった知識とスキルを

全て詰め込んで、

必要な方にお伝えします。

 

 

わが子の個性と才能を引き出し、

将来自分の好きなことで生きていける子ども

育てたいと思っているママさん、

明日、その内容を少しお伝えしたいと思います。

 

 

楽しみにお待ちくださいね。

 

 

 

 

 

無料メルマガへの登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–

今すぐできる出口式☆親子で論理的思考を手に入れる!

今すぐできる出口式☆親子で論理的思考を手に入れる!

今日から、何回かにわたって

出口汪先生の特別講演

「2歳から12歳の脳を育てる!本物の論理力」

の解説と補足をしていこうと思います。

 

 

 

では本日は、

 

++++++++++++++++++

 

今すぐおうちで取り入れられる出口式

 

++++++++++++++++++

についてお話しします。

 

 

 

論理的思考がこれからの時代で

どのように役に立つのか

知った方は、

すぐに出口式を家庭で取り入れてみたい!

と思われたことと思います。

 

 

 

でも、先生の著書は一般書、

問題集・参考書合わせて200−300冊・・・

 

 

一体どれから始めたら良いのか!?

迷いますよね。

 

 

 

ここでは、対象年齢別に、

オススメの問題集をご紹介しますので、

参考にしてみてくださいね。

 

 

 

●未就学幼児向け

「出口式みらい学習ドリル ろんり」シリーズ

https://amzn.to/2TX0j1h

 

 「絵でおぼえる かんじ」シリーズ

https://amzn.to/36KdMPo

 

 

 

先生がおっしゃっていた、
幼児期からの論理力育成にぴったりのドリルです。

 

 

もちろん、お近くに出口式みらい学習教室が

ある方は、通うのを検討されるのも手です^^

https://www.deguchi-mirai.jp/school.php

オンライン化も、とても楽しみですね♪

 

 

 

 

●小学生向け

「小学生ろんりエンジン」シリーズ

http://www.suiohsha.jp/search/s6943.html

 ↑演習中心。おうち受験コーチングでも、

こちらをオススメしています

 

はじめての論理国語

http://www.suiohsha.jp/search/s7503.html

↑イラストによる解説付きで、詳しく考え方から学べます

親も学べるものがあります

 

 

●中学生向け

読解問題の正答率が7割以下の方は、

小学生向けから始めることをオススメします。

その上で、さらに詳しく学習したい方や、

受験まで日にちがない方は、

こちらに取り組みましょう。

 

システム中学国語シリーズ

http://www.suiohsha.jp/search/s6946.html

 

 

●高校生向け

ここが、出口先生の原点です。

お母さんお父さんで、

お世話になった方もいるんじゃないかな?

 

 システム現代文シリーズ

http://www.suiohsha.jp/search/s6952.html

 

 

 

●塾専用

論理エンジンシリーズ

http://www.ronri.jp/contents/about/index.html

学校・塾のみ購入できます(中高生向けです)

 

おうち受験コーチングの受講生の方はこちらを使えます。

 

 

 

 
 
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました!
 
 
 
 
 

こういった情報にご興味のある方は、

こちら無料メルマガにもご登録ください❣️

https://resast.jp/subscribe/120295/1385522

—–

読書・読み聞かせの3つの大切なポイント

読書・読み聞かせの3つの大切なポイント

 

今日のテーマは、

++++++++++++++++++

 

幼児期・学童期の絵本・本の選び方と

読み方のポイント

 

++++++++++++++++++

について3つお話ししたいと思います。

 

 

 

 

佐藤ママが、わが子が3歳までに

読み聞かせた冊数って、いくつだと思いますか?

 

 

 

100冊?

 

 

 

200冊?

 

 

 

 

いえいえ、

1万冊!

だそうです。

 

 

 

 

 

これを聞くと、

ドヒャーってなりますよね^^;

 

 

 

 

↓1万冊について書いてある本はこちら 

 

 

 

 

詳しく知りたい方は、上の本をぜひ読んでいただきたいのですが、

 

 

 

佐藤ママさんは、

最初は「1万冊」を読みきろうとするんですが、

これは難しい!と思って、途中から

「1万回」と読み替えて取り組まれています。

 

 

 

1万冊を3歳までに本気で読もうとすると、

もし生後6ヶ月から読み始めても、

毎日10冊をわが子に出会わせなければ

なりません。

 

 

10回読むのは、まだ頑張れるかもしれないけれど、

10冊読むのは、かなりしんどいです^^;

 

 

そして、子どもたちに読み聞かせるときは、

1冊を1回しか読まないのでは、

想像力はつきません。

 

 

気に入った本は5回、10回、20回と

読んであげる、

そのことによって想像力って育ちます。

 

 

ですから、

「1万冊読ま”ねばならない”」

と考えるのはナンセンスで、

 

 

 

子どもが

”読みたい””聞きたい”と思えるような

環境づくりをした上で、

”毎日コツコツ”

取り組んでいかれるのが

子どもの力を伸ばすためのポイントです。

 

 

 

 

次に皆さんにお伝えしたいのが、

 

 

 

どんなものでも、読めば良い・・・

のではなくて、

 

 

「ロングセラーの良い本・絵本」に出会わせて

あげてください、ということです。

 

 

 

佐藤ママさんは、公文の推薦図書を参考にされていますね。

https://www.kumon.ne.jp/dokusho/suisen/

 

 

他にも、子どもにとって良い絵本・本を紹介しているサイトには、

このようなサイトがあります。

 

子どもの本とおもちゃ「百町森」

https://www.hyakuchomori.co.jp/book/index.html

 

木のおもちゃと絵本の「カルテット」

https://www.quartett.jp/products/c_278.html

 

童話館

http://www.douwakan.co.jp/

 

ブッククラブとして、わが子の発達にぴったりの絵本を

配本するサービスもありますので、

活用してみるのもオススメです。

 

 

どんな本・絵本が分からない、

という方は、こうやって、

「良い」と言われているものに

親子で触れてみるのが、

良いものを見分ける力をつける

一番の近道です。

 

 

 

最後に・・・

 

 

 

読書ができるようになっても、

読み聞かせも並行して

やっていきましょう。

 

 

 

自分で読むのと、人から読んで聞かせてもらうのと、

両方経験することで、

子どもたちの想像力、思考力はぐんぐんと

育っていきます。

 

 

 

ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

 

今日も、最後までお読みくださりありがとうございました!

 
 
 
 
 

こういった情報にご興味のある方は、

こちら無料メルマガにもご登録ください❣️

https://resast.jp/subscribe/120295/1385522

—–

12歳過ぎちゃったんですけど、今からでも間に合いますか?

12歳過ぎちゃったんですけど、今からでも間に合いますか?

今日は、

++++++++++++++++++

 

12歳以降に論理的思考を学習する意義

 

++++++++++++++++++

についてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

私は、高校生・大学生の時に

「論理的な考え方」出会い、

人生を救われました。

 

 

 

私が、中学まで、

国語が一番苦手な教科でした。

 

 

 

論理を手に入れることによって

私が得られたのは、

実は、国語の成績UPだけではありませんでした。

 

 

 

では何を得られたのかというと、

 

 

 

理解力が上がって

世の中で起きていることや

他人が言っていることを、

自分なりに整理して理解できるようになりました。

 

 

そのことによって、

人の気持ちが、前より理解できるようになりました。

 

 

そして、

自分の気持ちも理解できるようになり、

自分の感情をうまくコントロールしながら、

相手に冷静に意見を伝えられるようになりました。

 

 

 

私は、小学生・中学生の時は

非・論理的な世界で生きていました。

 

 

 

そして、高校生になってやっと、

論理の力を手に入れることで、

こういうことができるようになったんです。

 

 

 

その後、社会に出て分かったのは、

論理的に物事を考えたり、

アウトプットできる人は、

そんなに多くない、

ということ、

 

 

自分や他人の感情を

【客観的に】理解できる人も、

あまり多くない、

ということでした。

 

 

 

ですから私は、

会社で働いていた時に

よく男性社員から、

 

 

 

「こんなに、感情を表に出さずに

淡々と仕事ができる女性は初めて見ました」

 

 

とか、

 

 

「小さい感情の波はたくさんあるけれど、

ドカンって爆発することがないですよね」

 

 

とか、言われてました。

(男性って、女性の感情に対して色んな思いを

抱えながら仕事してるんですね・・・)

 

 

 

でも、もともとの私は、

すごく感情的で、

ちょっとしたことでカッとなってしまって

なかなか気持ちの切り替えができなかったり、

 

 

 

真っ青な空を見るだけで感動して泣けてくるような、

そんな、どちらかというと

感傷的すぎる人間でした。

 

 

 

でも、論理の力を手に入れて

自分の感情を客観的に

見られるようになってからは、

 

 

「カッ」となっても、

 

 

今私はなぜカッとなったの?

 とすぐに自分に発問し、

 

 

 

そうか、生理前だな

・・・これは、仕方ない。

今日は家事も手抜きしよう。

 

 

そうか、夫がここに物を置くのが許せないんだな

・・・これは、置かないように

お願いしてみよう。

 

 

って、すぐに気持ちを切り替えられる

ようになりました。

 

 

 

でもこれって、私は一朝一夕で

できるようになったわけではなくて、

もうかれこれ20年くらい

こういう思考をしているので、

はたから見るとできているように

見えるだけなんです。

 

 

 

だからもちろん、

早い年齢で身につけるに越したことはないんですが、

中学生だって、高校生だって、はたまた大人だって、

今からでも、身につけられないことはないし、

 

 

 

身につけることで、

見える世界が全然変わってくるので、

 

 

私、苦手かも・・・

子どもも、苦手かも・・・・

と思う方は、

 

 

ぜひ、論理を身につけることに

チャレンジしてもらいたいなーと思います。

 

 

 

そうそう、そういえば、

 

 

 

誰かの言葉で、こんな言葉がありますよ。

 

 

残りの人生で、

今日がいちばん若い日

 

 

 

ぜひ皆さんも、若いうちに!

取り組んでみてくださいね。

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

 

 
 
 
 

こういった情報にご興味のある方は、

こちら無料メルマガにもご登録ください❣️

https://resast.jp/subscribe/120295/1385522

—–

意外なところで!?学ぶ力の育て方

意外なところで!?学ぶ力の育て方

今回は、子どもたちの「自ら学ぶ力」

どう育てるか?

 

 

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

 

 

この情報化社会の中で、

また、AI時代に突入して、

知識やスキルが刷新されるスピードが

どんどん速くなっています。

 

 

こんな時代に必要とされているのは、

新しい知識やスキルを自分なりに解釈し、

使いこなすことができる大人

だと言われています。

 

 

 

今、教科書も、入試も、

こういった産業界からの要請を受けて、

どんどん変わりつつあります。

 

 

 

知識を提供するだけだった教科書が、

思考したり、

アウトプットを促すものに変わっていたり。

 

 

 

算数・数学の試験なのに、

対話文を中心として問題が展開されていったり。

 

 

 

子ども達の学びは、

親の私達が経験したものとは

まるで変わってきています。

 

 

 

文部科学省は、新しい学習指導要領のもとで

このような資質・能力を

育成したいと考えています。

 

 

出典:文部科学省

 

 

 

今日は、その中でも

自主的に「学び続ける」力

身につけ方に、注目してみようと思います。

 

 

 

 

どうしたら自主的に

「学ぶ力」は身につくのでしょうか?

 

 

 

私たち親が家庭でできることは、

あるのでしょうか?

 

 

 

実は、意外なところにヒントは隠されていたのです。

 

 

 

子ども達が「自ら」学び続けたくなる、

学びの根っことも言える

「ある行為」があります。

 

 

 

 

こちらの動画で、ご覧くださいね。

▽▼▽

https://youtu.be/3YRjSefIJVg

 

 

 
 
 
 

こういった情報にご興味のある方は、

こちら無料メルマガにもご登録ください❣️

https://resast.jp/subscribe/120295/1385522

—–