学校がなくなる空白の期間に、あなたはお子さんに何をさせますか?

学校がなくなる空白の期間に、あなたはお子さんに何をさせますか?

新型コロナウィルスの影響で、

名古屋市では、学校だけでなくて、

図書館や生涯学習センターなども

閉館を決めるところが相次いでいます。

 

 

 

丸々1ヶ月、授業も進まないとなると、

この3月、

子どもたちの「学ぶ」権利は、

公的機関により「保障されない」

と考えた方が良いですね。

 

 

 

さて、そんな中でも、

私たち一人一人は、

家族のために、自分でできる最良の選択を

取る必要があります。

 

 

 

ここから1ヶ月、

仕事を調整してお子さんと向き合うお母さんも

いらっしゃいますよね。

 

 

そんな時に、お母さんがどんな行動をとるのか?

 

 

 

勉強しない子どもにイライラして叱るのか、

方針なくどこかに預けるのか、

一緒に遊びや学びを楽しめるのか。

 

 

 

子どもとどこまで真剣に向き合っているかが、

真に問われる1ヶ月だと思います。

 

 

 

そして、今の関わり方によって、

その後のお子さんが向かうところは、

全く違ってくるでしょう。

 

 

 

 

私のところには、

「この休みの期間にどんな学習を集中して行ったら

良いでしょうか?」

という質問が相次いで届いています。

 

 

 

そして、中にはこんな方も・・・

 

 

息子は相変わらずやらなきゃいけないとは思いつつ、
どう行動していいのかわからないようです。
息子より私がやっぱりこの状況やばいなと思い、
(体験セッションを受けたいと)連絡させてもらいました。
 
 
 

 

 

 

 

 

学校という、

カリキュラム学び方も決められた世界から解放され、

本当にわが子に必要な学習ってなんだろう?

と考えるきっかけを、

私たちはもらったのかもしれません。

 

 

 

 

逆境を逆手にとって、

個別セッションを受けられる判断をされた

こちらのママさんは、

素晴らしいと思います。

 

 

ぜひ皆さんも、お子さんの大切な時間を

有効に使えるように考えてみてくださいね。

 

 

 

 

無料メルマガへの登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

 

 

—–

字を丁寧に書きなさい、では伝わらない

字を丁寧に書きなさい、では伝わらない

難関中に入っていく子の中にも、字が綺麗ではない子はいます。

 

 

しかし入試では、綺麗か綺麗でないかというのとは別に、

「正しい字」と判定されない漢字は、×にされてしまいます。

 

 

もし、わが子の字が崩れている場合、

お母さんはどんな声がけをしていますか?

 

 

よく聞く声がけの仕方が

「もっと丁寧に書きなさい」

「きれいに書きなさい」

という言葉なのですが、

 

 

実はその言葉がけでは

子どもたちの字は変わりません。

 

 

 

これは例えば、

サッカーが苦手な子に

「もっと上手になりなさい」

と言っているのと同じで、

 

 

子どもからしたら

「じゃあ、どうしたら上手になれるの?」

というわけです。

 

 

 

 

これは、以前の学習相談で実際にあった会話です。

 

 

 

私「(書かれた漢字を見ながら)

この線、ここまで延ばそう。

ここはハネないと×になっちゃうよ、

見てみて、

教科書はハネてるでしょ」

 

 

お父さん「だからいつも

お父さんが言ってるだろう、

『字は丁寧に書け』って!」

 

 

 

子ども「だって、今みたいに

教えてくれないんだもん!」

 

 

プンスカ

 

 

そう、お父さんとしては、

いつも「伝えてる」んですが、

お子さんには「伝わってなかった」んですね。

 

 

子どもに「伝わる」ようにするためには、

どこをどうしたら良いかを

具体的に示してあげる必要があります。

 

 

そうすることで、

少しずつ正しい字が

書けるようになっていきますよ。

 

 

そして、正しく書けた瞬間が

あったらすかさず褒めてあげてくださいね^^

「ここのハネ、しっかり書けてるね!」

って。

 

 

 

できた時にすかさず褒めることで、

「あるべき方向」に

子どもたちの行動が

強化されていきます。

 

 

ぜひやってみてくださいね。

 

 

 

こういった情報にご興味のある方は、

こちら無料メルマガにもご登録ください❣️

https://resast.jp/subscribe/120295/1385522

 

—–

ママがコーチになるとは?

ママがコーチになるとは?

 

 

 

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

ママがコーチになるとは?

 

 

冬も本格的になりましたね。

 

皆様は体調など崩されていませんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

今日から、何回かに分けて、

 

「コーチング」についてお話ししていこうかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

おうち受験コーチングでは、

 

私が親御さんに、お子さんに

 

コーチングをするのと並行して、

 

 

 

 

 

 

 

親御さんがコーチングの考え方・スキルを取り入れて

 

お子さんに接することを目指しています。

 

 

 

 

 

 

 

コーチングって、すごいんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

親子の絆が深まるのはもちろん、

 

お子さんが欲しい未来を

 

手に入れられるようになったりします。

 

 

 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

その他のお客様の声はこちら→

 

—–

ママがわが子の心を「傾聴」できるようになると?

ママがわが子の心を「傾聴」できるようになると?

 

 

 

 

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

ママがわが子の心を「傾聴」できるようになると?

 

 

 

 

先日から、「コーチング」について

 

お話をしています。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、コーチングのスキルの1つである

 

「傾聴」についてです。

 

 

 

 

 

 

 

「傾聴できる」っていうのは、

 

ざっくりいうと

 

「聞き上手」ってことです。

 

 

 

 

 

では、

 

お母さんがお子さんに対して聞き上手になると、

 

どうなるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

そう、コミュニケーション量が増えますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然親子の絆も深まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれだけではなくて、

 

 

 

 

 

 

 

新しい受験方式にも強くなるし、

 

就職活動も有利になっちゃうんです。

 

 

 

 

 

 

 

え!?

 

なんで!???

 

 

 

 

 

 

 

と思った皆様、

 

 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

その他のお客様の声はこちら→

 

—–