新しい教材を買うときに、気に留めていただきたいこと

新しい教材を買うときに、気に留めていただきたいこと

こんにちは。

おうち受験コーチング認定講師のかおりです。

 


 

お子様が使っている教材が、何となく合わなそうだな、

と思うことはありませんか?

または、

学校の教材だけでは、問題数が少なすぎる

と感じることはありませんか?

そんなとき、何か新しい教材を買おうかなと思うことがあると思います。

 

 

 

今の教材が合わないと感じるのって、色々な理由がありますよね。

・難しすぎてやる気が出ないから?

・簡単すぎてつまらないから?

・分厚すぎて気が引けるから?

・シンプルすぎて面白みがないから?

・ふざけ過ぎていて気に障るから?

・一人でやっても分からないから?

…などなど。

 

 

 

ところで、今、お悩みのその教材。

そもそも、どうやって選びましたか?

 

そのときの気分のみで購入しましたか?

・学校や塾で、選択肢がほぼない中で半強制的に購入しましたか?

・お下がりを頂きましたか?

何となく続けている通信教材でしたか?

しっかりとした判断基準で選べましたか?

 

そのときの状況に合わせて最適なものを選べていても、

その後、状況が変わってくることだってあり得ます。

(ちなみに、教材が合っていないのではなくて、使い方がもったいないだけの可能性も大いにありますが、

それはまたの次回以降に書きますね。)

 

 

 

ここから先は、選ぶ際に気にしていただきたいことです。

勉強を始めたばかり、勉強が苦手な方は特に、

だいたい正解できる問題集であること。

これを最重視してください。

 

 

 

もちろん、どのページも100%できてしまう程に簡単すぎるものはいけませんが、

まず第一に続けられないと意味がありません。

達成感が得られるように配慮してあげましょう。

続けることができるようになってきてはじめて、もう少し難しいところに手を出しましょう。

 

 

 

その他に見るポイントは、

・分厚すぎないか?

・解説が分かりやすいか?

・教科書準拠を選ぶなら出版会社を間違えていないか?(光村、東京書籍、啓林館、など…)

・直接書き込むスペースがあるものなのか?

・例題があるか?

・索引があるか?

などなど。

ちなみに上に挙げたポイントは、必ずどちらが良い、というものだけではありません。

 


 

本講座では、教材のより効果的な使い方や、

お子様の性格今の状況に合わせた問題集選びのポイント、環境づくりなどについてもお話しています。

 

エニアグラムという性格診断を使うと、

どうしてその教材が合っていたのか、または合っていなかったのかが腑に落ちるようになります。

 

もちろん、親子やご兄弟でタイプが違うことも普通です。

 

9つのタイプの中で、お子様それぞれのタイプを講座でお伝えしますので、

次に教材を選ぶときは、判断基準に自信をもって選べるようになります。

 

 


 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

体験談詳細

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

https://youtu.be/f9Xx3rnrQCM

その他のお客様の声はこちら→

勉強を歯磨きのように当たり前にするための第一歩

勉強を歯磨きのように当たり前にするための第一歩

こんにちは。

 

おうち受験コーチング認定コーチのかおりです。

 

 

勉強も歯磨きみたいに自然と毎日できたらいいですよね。

でも、これまでずっと続けてきた習慣を変えるのって難しいです。

新しく良い習慣を足すのもそうですし、反対に、今までしていた悪い習慣をやめるのも難しいです。

昔から3日坊主なんていう言葉もありますね。

 

 

実際、学校から帰ってきても、

カバンを置いたらすぐに友達と遊びに行くか、

勝手にテレビやゲームを始めて

「宿題は??」

の声が届かない・・・。

あれ?耳、聞こえなくなったのかな?

と思ったことも数知れず…。

 

帰ってきたと思ったらもう夕飯やお風呂の時間。

それが終わってもまたダラダラ

 

 

 

 

これまでずっと、時間を決めずに遊んだりダラダラするのが習慣になったまま放置していると、

何となく「いつかはやらなきゃいけないなぁ。

と思っているだけで、思ってはいるけど、思ったまま放置!

になってしまいかねません。

 

 

 

 

脱!ダラダラ習慣のための第一歩は、

 

「いつ」「何を」するかを決めること。

 

そして、はじめは無理なく決めること

 

やってみて、少しずつ調整していくこと

 

必要に応じてアドバイスをもらうこと、も大事です。

 

 

改めてメリットを考えてみたり、〇日間続かなかったら〇〇!などと

自分にペナルティを課すのも、選択肢の一つです。

 

 

性格によってとても効果があったり、

逆効果になってしまったりするからです。

 

いくつかの方法のなかから、お子様に合った方法を、一緒に見定めていきます。

 

本講座では、他にも、学習をするのは避けた方が良いタイミングや、

時間帯ごとのおススメ学習法、性格別問題集の選び方などをお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

体験談詳細

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

https://youtu.be/f9Xx3rnrQCM

その他のお客様の声はこちら→

【2021年春休み】小学生・中学生が総復習するにはどんな教材が良い?

【2021年春休み】小学生・中学生が総復習するにはどんな教材が良い?

 

先日受講生さんから、

今年の総復習をしたいのですが

どのような問題集が良いですか?

 

 

と相談を受けました。

 

 

 

問題集を購入するときは、

本当は、書店で実際に見てみて

「子どもの学力に合うか」

「目的に合うか」

「子どもが好んでやりそうか」

確認してから買うことがオススメです。

 

 

 

でも、今なかなか外出できないですから、

問題集をインターネットで探す方も多いですよね。

 

 

そして、インターネットで探すと

あれもこれもたくさん出てきて、

一体何を買ったら良いやら・・・

 

 

 

迷ってしまいますよね。

 

 

今日はそんなみなさんへ、

1年間の総復習をするのに

オススメの問題集をご紹介しますね。

 

 

 

 

と、その前に。

 

 

1つだけご注意いただきたいのが・・・

 

 

問題集をインターネットで買うときは、

「今年の教科書(学習指導要領)にあっているか?」

をよく確認してください!

 

 

 

というのも、

小学生の皆さんは、2020年度(今年度)から

教科書が変わっていて、

中学生の皆さんは、2021年度(来年度)から

教科書が変わるからです。

 

 

 

小学生の方が問題集を買うときは、

「2020年度学習指導要領対応」

の物を買うように、ご注意ください。

 

中学生の方は、今年の復習用で

「2021年度学習指導要領対応」を

買わないように、ご注意ください。

 

 

 

それでは、オススメの総復習用問題集を

お伝えしますね。

 

 

まずは、小学生におすすめの、

1年間の内容が総復習できる教材から。

 

<小学1〜6年生にオススメ> 

学研プラス『学研の総復習ドリル』 小1〜6 各学年

ポスターや、全漢字丸ごとチェックなどがあるのが嬉しい。

68−80ページ。

https://gakken-ep.jp/extra/souhukushu/

 

 

Z会『Z会小学生わくわくワーク』年長〜小6、各学年

56ー92ページ

https://www.zkai.co.jp/books/wkwksofukusyu/

解説が詳しく、4年生は72ページの本体に40ページの解説、

算数の動画解説もあります。

 

 

 

増進堂・受験研究社

『全科の復習テスト』シリーズ 小1〜6、各学年

 小1−2は112ページ、小3-4は152ページ、小5−6は176ページと、
かなりガッツリ復習したいお子さん向け
「テスト」と書いてありますが、まとめページもあって復習ができます。

https://www.zoshindo.co.jp/elementary/217/

 

 

 

<4月から中学生になる小学6年生へオススメ>

 

文英堂『中学入学準備全科コンプリート 小学全学年』小6向け

6年間の内容を96ページで学べます。

https://www.bun-eido.co.jp/products/?menu=1&submenu=11&code=21144

 

 

<中学生にオススメ>

増進堂・受験研究社『復習ワーク5科』中1〜中3
中2は中1〜中2の内容が入っていて、
中3は中1〜中3の内容が入っています。
全教科を10日間で復習できるというのが、
コンパクトで良いですね。
中1
中2
中3
問題集は、
①レベルのあった1冊
②しっかりやり切ること
可能であれば、
③間違えた問題を解き直すこと
が大切です。
やりきれそうなものを選んで
使ってみてくださいね^^
<<関連動画>>
こちらからご視聴ください
https://youtu.be/aN3IRyu40mM

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

体験談詳細

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

https://youtu.be/f9Xx3rnrQCM

その他のお客様の声はこちら→

見るだけでどんどん成績が上がる、魔法のツール

見るだけでどんどん成績が上がる、魔法のツール

今日は皆さんに、

ものすごーーーく大切なことを

お伝えしたいと思います。

 

 

私はこれまで3,486組の家庭に訪問して、

「勉強が得意な子」と

「勉強が苦手な子」の

親御さんの接し方と、

環境設定をつぶさに見てきたのですが、

 

 

その中でも、

「勉強が得意な子」に共通している事項と、

この子だからこのやり方が合った、という特殊事項

ふるいにかける、ということを

ずっとやってきました。

 

 

 

おうち受験コーチングの3ヶ月プログラムでは、

まず共通事項をお伝えして、

やってみた結果、

その子その子にあったアレンジをしていくことで、

誰でも必ず「難関校合格レベルの学習習慣が身につく」

ところまでサポートしています。

 

 

 

さて、今回新たに、

確信を持ってお伝えできる

共通事項が発見されましたので、

それを皆さんに

特別にお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

皆さんのお子さんは、

自分専用の【紙の辞書】

をお持ちですか?

 

 

 

 

 

もしも持っていないとしたら、

早急に【紙の辞書】を購入されることを

オススメします。

 

 

 

小学生であれば、

「国語辞典」と「漢字辞典」

 

 

中学生であれば、

「国語辞典」と「英和・和英辞典」

 

 

高校生であれば、

「国語辞典」と「古語辞典」と

「漢語辞典」と「英和辞典」と

「和英辞典」です。

 

 

もし電子辞書を既に持っていたとしても、

紙の辞書を購入してください。

ごきょうだいやお友達のお古でも、

大丈夫です。

 

 

 

そして、紙の辞書を、

普段学習するメインの場所に必ず置いて、

学習の時に使うようにしてください。

 

 

(ただし、問題演習の時は、最初は辞書を使わずに取り組み、

答えあわせや解き直しの時に辞書を用いてください)

 

 

電子辞書も使っても良いですが、

あくまで、持ち運び用と考えて、

メインの辞書は紙の辞書にしましょう。

 

 

 

詳しいことは、明日また配信しますね。

今日はここまでです。

 

登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–

辞書を引くのにかかる時間で、偏差値が分かります

辞書を引くのにかかる時間で、偏差値が分かります

昨日から、【紙の辞書】についての

話をしています。

もしまだ読んでいない方がいましたら、

昨日の記事も開いてみてくださいね。

 

 

 

さて、皆さんは、

ご自身のお子さんが辞書をひくのに

どのくらい時間がかかっているか、

測ってみたことはありますか?

 

 

 

1分?2分?3分?

いや、もっとかかってる???

 

 

 

辞書をひくのに

数分以上かかってしまっている子は、

 

 

 

 

要注意!!

 

 

 

 

・・・ですよ。

 

 

 

というのは、辞書をひく速さと偏差値は、

比例している・・・ということが

分かってきたからです。

 

 

 

 

 

 

 

いいですか?

 

 

 

偏差値が70の子が辞書ひきにかかる時間は、

せいぜい1〜2秒です。

 

 

 

本当に早い子は、一発で見たいページを開きます。

 

 

 

私も、その光景を初めて

目の当たりにした時は驚きました。

 

 

 

でもね、本当にいるんです、そういう子!!

 

 

 

で、なぜそんなことが可能になるかというと、

理由が二つあって、

 

 

 

一つは、五十音順やアルファベット順が

しっかり頭に入っているんです。

 

 

 

「五十音順????

うちの子も頭に入ってるけど?」

と思った方、

ぜひ一度、目の前で国語辞典を

わが子にひかせてみてください。

 

 

行きつ戻りつしながら、

3分以上かかって

ひいているのであれば、

まだまだ完璧とはいえません。

 

 

 

そしてもう一つが、

辞書をひき慣れている、

ということです。

 

 

辞書は、何回もひいているうちに、

だいたい「ぬ」はここにある、などが

感覚的にわかってきます。

そして、よくひくページなどは

開きグセもついてきます。

 

 

 

「たい」って調べようと思ったら、

た行の「た」、次は「い」だから

た行の最初のページだな、

と検討をつけて、

パッと開くことができます。

 

 

 

私が、なぜ電子辞書じゃなくて

紙の辞書をオススメしているかというと、

このスピード感です。

 

 

 

 

 

電子辞書は、いくら頑張っても

ここまでのスピードは出せません。

 

 

だから、電子辞書「しか」使っていない人は、

偏差値は頭打ちになります。

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ、

ひいた時に、視界の中に入る文字数が、

紙の辞書と電子辞書とでは

圧倒的に差があります。

 

 

 

紙の辞書は、

見開きで6,000文字

一度に視界に入ってくるのに対し、

電子辞書はMAX700文字です。

 

 

 

紙の辞書が、パッとみて「なんだろうこの言葉?」と

他の文字をすぐに見ていけるのに、

電子辞書はスクロールしないと見れません。

 

 

つまり、

1文字をひいた時に頭に入る知識の量

全く違ってくるのです。

 

 

 

なので、

電子辞書はあくまで「持ち運び用」で、

普段勉強で使うのは紙の辞書、

というのが賢い使い方です。

 

 

 

 

もし、家と学校とどちらでも同じくらい

勉強するのであれば、紙の辞書を2冊買って

それぞれに置いておくのも良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

「今でしょ」の林修先生が、

辞書を読んでた」とテレビで発言して

騒然としたことがあったそうですが、

 

 

 

 

私の高校の部活の先輩で、

塾に行かずに現役で東大に入った方も

よく部室でジーニアス英和辞典を

読んでいました。

 

 

 

そのほかにも、多くの

「東大・京大」に入るレベルの子が、

楽しそうに辞書を「読んで」いたということが

多数報告されています。

 

 

 

 

これは強制されてやることではないので、

「辞書を読みなさい」と指示するのは

ナンセンスですよ。

(むしろ辞書ひきが嫌いになる可能性があります!)

 

 

 

そうではなくて、

すぐに手に取れるところに常に辞書を置いておき、

分からない言葉があったら

「辞書ひいてみよっか」と

一緒にひいてみる

というところから始めてみてください。

 

 

 

紙の辞書は、

引くのに時間がかかる、

最初のうちだけが、ちょっとしんどいです。

 

 

 

でも、

誰でも、回数さえ積めば

早くできるようになる、

一番簡単で効果的な学習法なのです。

 

 

 

 

1つの文字を10秒以内でひけたら、

偏差値60レベルと考えて良いでしょう。

まずはそこまでやってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–

休校中にやってほしい3つのこと

休校中にやってほしい3つのこと

いよいよ、愛知県でも「緊急事態宣言」が

出されることになりました。

 

 

学校もGW明けまでお休みになります。

 

 

私の受講生さんは

今、首都圏・中京圏・関西圏にいらっしゃるのですが、

地域によって、

もっと言うと学校によって

対応もまちまちで、驚いてしまいます。

 

 

 

入学式・始業式に教科書だけもらってきた、

とか、

宿題が出た、

とか、

出校日が週1回ある、

とか、

3月頭に出た宿題を始業式に持っていったのに

回収されなかった・・・とか。

 

 

 

 

受講生の皆さんは、

「この期間に何をやりましょう?」と

積極的に聞いてくださるので、

それぞれに充実した学習を行えていますが、

 

 

 

そうではなく

「学校から言われたことだけやっている」

子たちは、大丈夫だろうか・・・?

と、とても心配になりました。

 

 

 

みなさんは

そうならないように、

この記事の最後に、

私が受講生さんにお伝えした内容の

動画を載せましたので、

参考にしていただけたらと思います。

 

 

 

 

+++++++++++++++++++

 

その時に知っていたのでは、手遅れです

 

+++++++++++++++++++

 

 

 

さて、おうち受験コーチングのプログラムでは、

お子さんの才能を引き出すお母さんの心構えや、

無理なく楽しく学習習慣を身につける方法

短時間で効率良く学習する方法

受験に向けての心構えなどを

順を追って、お伝えしています。

 

 

 

このことをお話しした時に、

「いますぐ知りたい」という方と、

「受験が近くなってから知りたい」という方の、

2通りに、皆さんわかれます。

 

 

 

ではその、2通りの、どちらのタイプが

多いと思いますか?

 

 

 

 

実は、圧倒的に、

「受験が近くなってから知りたい」という方が

多いんです。

 

 

 

・今聞いても、ピンとこないかもしれない

・今聞いても、いざという時に忘れてしまうかもしれない

そう、思われるのかもしれません。

 

 

 

でも、本当に、
その時が来てから知った方が、
効果的なのでしょうか?

 

 

 

ある教育者は、

勉強のやり方が分かっていない子は、

授業を受ければ受けるほど、

どんどん落ちこぼれていく

ということを言っていました。

 

 

 

確かに、勉強のやり方がわかっている子は、

授業を受ければ受けるほど

どんどん理解して先に進んで行きますが、

 

 

 

そうでない子は、

理解できないところが雪だるまのように

膨らんで行ってしまい、

ついに雪解けを待たずに受験を迎えてしまう・・・

というパターンがとても多いです。

 

 

 

 

私自身も、社会人になってから、

こんなことがありました。

 

 

 

会社に、中途入社で幹部として入ってきた方がいて、

その人とサシで食事をしていたんです。

 

 

 

会社にはそういう方があまりいなかったので、

私は新鮮で、

普段どんなことをしているのか質問しました。

 

 

 

そうしたら、

私と2つくらいしか年齢が違わないのに、

自分でコミュニティーを作って運営していたり、

1ヶ月に読んでいる本の冊数も多く、

前職のベンチャー企業でたくさんのチャレンジをするなど、

 

 

 

圧倒的に、経験値が

私とは違ったんです。

 

 

 

その時に強烈に感じたのが、

生きている【速度】がまるで違う

ということでした。

 

 

 

速度が違うということは、

いくら私が時間をかけようと、

一生追いつけないということです。

 

 

 

それどころか、

速度が違えば、

差は開いていくばかり・・・

 

 

 

この時から私は、

自分の夢につながるように

日々の行動を取捨選択し、

選択したことに圧倒的に力を傾けるようにしました。

 

 

 

これは勉強も同じで、

どこかでやり方だったり、努力量を変えない限り、

永遠に状況が変わることはありません。

 

 

 

 

もしみなさんが

「今のやり方は子どもに合っていない気がする!」

と思われるのであれば、

 

 

 

受験が近かろうが遠かろうが、

それが、現状を変えるための

ベストのタイミングですよ!

 

 

 

 

動画【休校中にやってほしい3つのこと】

↓ ↓ ↓

https://youtu.be/BMuBw7hFP6g

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます♪

 

 

 

 

 

無料メルマガへの登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–