教科書が読めない子どもたち

教科書が読めない子どもたち

こんにちは。

おうち受験コーチングの鈴木詩織です。

 

 

 

 

もう4年も前になりますが、

このような書籍が、教育界を震撼させました。

 

 

新井紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』2018

 

 

著書の新井先生は、数学者さんで、

国立情報学研究所社会共有知研究のセンター長さんです。

 

 

新井先生がセンターで研究していたのは、

”ロボットは東大に入れるか”という

「東ロボプロジェクト」というものでした。

 

 

2011年からスタートしたこのプロジェクト、

東大合格を目指すAI東ロボくんは、

開発の結果、なんと2015年には

全体偏差値が57、1になるなど、

GMARCHと言われる大学には合格できる力が身につきました。

 

 

しかし、どうやっても

東京大学には合格できなかったのです。

 

 

なぜ東ロボ君が東京大学に合格できなかったのか

それは”読解力”だそうです。

 

 

東大の問題は、

盤石な基礎知識の理解をベースに、

どう読み解き、活用するかが問われます。

 

 

それに対して

東ロボ君(AI)は、

”行間”や”出題者の意図”を

読み取るということが

極めて不得意だったのです。

 

 

しかし、このように読解力がないAIでも

上位4分の1の学力に入ることができるというのは、

実際の子どもたちは、

いったいどれだけ”読めて”いるのか??

それを疑問に思った新井先生は、

実際の中学・高校生を対象に読解力のテストをします。

 

 

その結果、

基礎的な読解力の問題でも、

子どもたちの多くは

正解できないということが分かったのです。

 

 

さて、

おうち受験で相談を受ける小中学生の話に戻りますが、

成績が伸びないとおっしゃる方のほとんどは、

教科書を読めていません。

 

 

いや、より正確にいうと、

教科書を読んでいません。

 

 

なぜ読んでいないのか?

子どもたちに話を聞いてみると、

宿題が多すぎて読む時間がない

学校に置いてきているので、読めない

授業でどこをやっているか分からないから、

どこを読んで良いか分からない

このような言葉が返ってきます。

 

 

もし皆さんのお子さんが

このように教科書を読めていないのであれば、

いくら学習時間を費やしても、

いくら塾にお金を払っても、

ある一定以上、成績は上がりません

 

 

ではどうしたら良いのか?

 

 

まずは、

”教科書が読める”

”授業が完璧に分かる”

そういった状況に、

子どもたちをもっていく必要があります。

 

 

成績が本当に上がってくるのは、

そこからです。

 

 

このように、自分にあった

家庭学習の仕組みが完成すると・・・

 

 

小学校低学年のお子さんなら・・・

・90点・100点がたくさん取れるようになる

・親に言われなくても、時間になると

 自ら机に向い勉強を始める

 

 

中学受験のお子さんなら・・・

・塾の組分けテストで2クラスアップする

・H→S→Vと、どんどんクラスが上がっていく

・四谷模試での偏差値が27アップする

・苦手教科が得意教科に変わる

 

 

中学生のお子さんなら・・・

・過去最高の順位が取れるようになる

・1年弱で順位が100番上がる

・親が言わなくても、自分で目標を立て、

 そこに向かって工夫して学習するようになる

・3ヶ月で内申点が5つアップする

 

 

という目に見える成果を得ることができます。

 

 

そしてさらに、

お金で買うことができない

揺るぎない親子の絆

と、

自立して生きていくための大切な土台

を得ることができるようになります^^

 

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

算数を考えるとは?

算数を考えるとは?

こんにちは

本日は、井上が担当させていただきます。

 

 

 

 

おうち受験コーチングの認定コーチをしながら

算数・数学専門の個別指導塾で

就学前の幼稚園から高校3年生までの生徒さんと

毎日、算数・数学を学習している中で

ご家庭ですぐに実践できることや

参考になる事をお伝えいたします。

 

 

小学5年生の生徒さんが

「台形の面積を求める時、

2で割るのを忘れていた」

と残念そうに話してくれました。

 

 

そこで

「台形の時はどうして2で割るのかな?

正方形や長方形は割る?」

と聞くと

「正方形は2では割らない、

えっ、どうして台形は割るのかな?」

と、考え込んでました。

 

 

そこで、質問を変えます。

「そもそも面積ってなあに?」

「そんなの考えたことない」

「面積は広さかな?」

「面積は面積に決まってる」

「大きさ?」

などなど

十人十色の答えが返ってきます。

 

 

「広さってなあに?」

「大きさってどんなこと?」

と畳みかける質問に

考え込みながらも

何とか答えを見つけようとします。

 

 

質問されるのに慣れてくると

無言にならず、思いついたことを

言葉にして出せるようになってきます。

口にする事で、

新たな考えが浮かぶと経験しているからです。

 

 

自分の言った答えを聞いて

「変な答え」「面白い」「あり得ない事だ」

などと言いながら

大笑いすることもよくあります。

 

 

間違える事を恐れず

間違える事で一歩前に進めると

分かっているからです。

 

 

次に

「面積の単位は?」

と聞くと

「平方センチメートル」

ほぼ即座に答えが返ってきます。

 

 

「具体的にどんな大きさ?」

と尋ねると

「一辺が1センチメートルの正方形の大きさ」

ここで用意した方眼紙を出します。

 

 

 

 

「一つ一辺が1センチのタイルと考えて

タイル2つ分では?」

「2平方センチメートル」

そこで、適当な長方形を書いてもらい

正方形の数を数えてもらいます。

 

 

数えながら、

タイルの数が広さに相当し

縦に2個 横に3個

並んでいるから

2×3から6個

すなわち6平方センチメートル

だから、正方形・長方形の面積は

縦×横で求められるのだ

と、気づいてきます。

 

 

長方形・正方形の面積の公式は

縦×横 と教わり

問題に与えられた数値から

解いていくのは

あっという間に出来ます。

 

 

時間はかかりますが

覚えるだけでなく

どうしてこのような公式になるのかを

自分自身で考えて

試行錯誤し

見つけていけるのです。

 

 

試行錯誤してつかんだ物は

忘れることは決してありません。

 

 

このように

考える過程を楽しみ

自らつかんでいくのが

本来の学びの姿ではないでしょうか。

 

 

次回は、

生徒さん自らが

次に、三角形・平行四辺形

ひし形・台形の面積を

どうやって考えていったかについて

お話していきますね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

井上コーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3NpYS5F

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

頑張って空回ったときは少しを力を抜きましょう!

こんにちは!

コーチの黒田です!

 

 

黒田コーチのプロフィールはこちら

↓↓↓

https://jukencoaching.com/about_kuroda/

 

 

新学期が始まって、1か月経ちましたが

お子さんの勉強は順調に進んでいるでしょうか?

それとも、

うちの子勉強をすごく頑張っているのに、

なかなか進歩しないな

どうしたんだろうと

悩んでますか?

 

 

勉強の成果が出るのは

最低でも3か月くらいはかかるので、

この時点で目立った成果が出ていなくても

焦る必要はありません。

 

 

それよりも、

保護者の私は本やネットでたくさん情報を集めて、

いろいろ頑張っているのに

どうしてうちの子の成長はいまいちなのと

イライラしていたら、ちょっと注意です!

 

 

これは車の運転に例えると

アクセルとブレーキを同時に、

力いっぱい押している状態かもしれません。

 

 

では、

どうやったらスムーズに前に進めるのかを

車の運転の例えから考えていきましょう!

 

 

ここに車が一台あります。

アクセルは0~10の力が出ます。

ブレーキも0~10の力が出るとしましょう。

*数字はあくまで例えなので、

あまり厳密に考えないでください!

あくまで考えるヒントだと思ってください!

 

 

アクセルは成績向上につながる要素です。

例えば、

基礎力がある、

勉強のやる気がある、

学習習慣がしっかりしている、

学習環境が整っている、

地頭を鍛える訓練をしている、

保護者のサポートが適切

などのことです。

 

 

それに対して、

ブレーキは成績向上を妨げる要素です。

例えば、

基礎力がない、

勉強へのやる気がない、

学習習慣が身に着いていない、

学習環境が整っていない、

地頭を鍛える訓練が足りない、

保護者のサポートが不適切

などのことです。

 

 

勉強が順調に言っている子は

アクセル9、ブレーキ1

くらいの割合で成長していっています。

 

 

勉強が普通くらいの子は

アクセル5ブレーキ3

くらいの割合で成長していっています。

 

 

勉強が苦手、嫌いという子は

アクセル0ブレーキ5

くらいの割合で

全然前に進まないなという感じです。

 

 

家庭ごとに状況は違いますが、

基本はアクセルの力を上げて、

ブレーキの力を下げることです。

 

 

最終的には

お子さんが自力で

アクセル10ブレーキ0

くらいの力を出せるようになるように

なってもらいたいわけですが、

まだ子供ですので

自力だけでいきなりその境地を目指せないので、

コーチや保護者といった周りの大人が

サポートをする必要があります。

 

 

具体的には

お子さんがアクセルを踏む力を伸ばすために、

コーチが

学習準備はこうするといいよ、

予習・復習はこうするといいよ

といった情報を伝えたり、

保護者が

子供のタイプに合わせた声掛けをする

といったことですね。

 

 

適切にサポートすれば、

お子さんのアクセルの力は徐々に伸びていきます!

 

 

さて、

ここで今回の記事の冒頭で話した

アクセルとブレーキを同時に踏んで

あまり進んでいない状態を考えましょう!

 

 

これはイメージとしては

アクセル4ブレーキ8

とかでしょうか。

 

 

今までやる気のなかった我が子を

何が何でも変えるぞと、

保護者の方が意気込みすぎると

勉強のできる子の習慣、

書籍で学んだ情報、

成績アップにつながる参考書、

いろいろ情報てんこ盛り丼を

お子さんがイヤイヤ言っているのをガン無視で、

イライラしながら一気に導入ということになりかねません。

 

 

うーん、状況的には

最初勉強にやる気のない我が子

アクセル0ブレーキ5

から

保護者の情熱が空回ってしまい

アクセル4ブレーキ8

ということになっているかもしれません。

 

 

これって、

最初よりもエネルギーかけて頑張っている分、

状況が悪化している可能性があります。

 

 

どういうことかというと

最初にかかっていたエネルギーが、

ブレーキの5だけだったのが、

思いが溢れすぎて、

アクセルもブレーキも合わせて

12くらいのエネルギーになってしまい、

「こんなに頑張っているのに、全然進まない!」となり、

ついには親子ともども疲れ果ててしまう可能性があります。

 

 

では、

こういった残念な状況に陥らないためには

どうすればいいのでしょうか?

 

 

お子さんの成長の段階を知り、

段階ごとに適切なサポートをすることです。

 

 

とはいえ、

適切なサポートが分かれば苦労しないわよ、

と思われる方もいらっしゃると思います。

 

 

こういう場合は

ブレーキ要因を減らすほうを

意識したほうがいいと思います。

 

 

そもそも残念な状況になるのは、

お子さんがアクセルを踏む力が弱い段階で

いきなり最高出力をだそうと

保護者が頑張りすぎる場合がだいたいです。

 

 

ちなみに、

こういったことは中学受験ではよく起こります。

お子さんが勉強の基本的態度ができていない段階で

アクセル全開なんてやろうとすると

お子さんの心は猛反発ブレーキ、

キーキーで大事故です。

 

 

アクセルを踏むほうはコーチや先生の力を借りて、

徐々に伸ばしていったほうが

お子さんの無理のない成長につながります。

 

 

第三者のほうが

お子さんの成長段階に合わせた

力の出し方のサポートをしやすいですからね。

 

 

まあ、お子さんがやる気のない子だと

特にアクセルを踏む手助けをすごくしたくなるのは

心情的には分かるのですが、

ここはグッと我慢で

ブレーキになっていることを減らすようしたほうが

気が楽になると思います。

 

 

そして、

ブレーキ要因がだいぶ減ったら、

アクセルを上げるサポートを

徐々にしていけばいいと思います。

 

 

さて、今回の記事はどうだったでしょうか、

今回の例えから

いろいろお子さんの成長につながるヒントは得られたでしょうか?

自分頑張りすぎているかもと思ったら、

少しリラックスして、ブレーキ要因を減らしていきましょう!

自分だけは不安、どうすればいいか分からないという場合は

コーチのサポートを借りましょう!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

黒田コーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3NmanLF

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

行動できる人が知っている魔法の「ABC」

行動できる人が知っている魔法の「ABC」

こんにちは!

絶好調ですか?(^^)

おうち受験コーチングの陽平コーチです!

 

 

陽平コーチのご紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_yamamoto

 

 

夢は持っているけども

「なかなか前に進まない」

「結果が出なくて悩んでいる」

そんな時はありませんか?

 

 

私もたっくさーんあります!!

今でも悩んだり、

壁にぶつかりまくってます(・_ ; )

 

 

でもそんな時に

自分に言い聞かせている

魔法の言葉があります!

 

 

僕が悩みまくっていた時に

恩師の方から教えてもらった

言葉になります!

 

 

それは

「ABC」です!

 

 

「ABCってなんだ!?」

これはある頭文字を

から作った言葉になります!

 

 

どんな言葉でしょうか?

 

 

それは‥

A:「当たり前のことを」

B:「バカみたいに」

C:「ちゃんとする」

 

 

どんな時でも

「まずは行動!」

周りからバカにされたとしても

とにかく行動してみましょう!

 

 

心の中で

「ABC‥ABC‥」と

呟いてみてください!

そしたら自然と

いい結果が出てくるものです!

 

 

さぁ皆さん唱えてみましょう!

「ABC!!」

 

 

次回もお楽しみ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

山本コーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/362oPr1

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

魔法の言葉遣い

魔法の言葉遣い

こんにちは。

今回は、コーチ見習いの柴田がお送り致します。

 

 

 

 

私は、おうち受験コーチングを学びながら、

栃木県で学習塾を経営しております。

 

 

新年度が始まりましたね。

新しい目標を決めたりと、

意欲が高まる季節ですね。

 

 

そこで、

今日は、

皆さんの目標や夢が、

叶えやすくなる方法をお伝え致します。

 

 

私は、毎年12月に

一人合宿というものを行っております(笑)

1月1日に、目標を決めるのではなく、

12月中に翌年の1月1日から行動できるように、

目標を決めます。

 

 

この時に大切なことがあります。

それは「言葉」です!

 

 

例えば、ある目標を決めた時に、

「これは出来ないな」と言えば、

その言葉の通り、

「これは出来ない」と自分自身で勝手に判断して、

出来なくなります。

 

 

逆に、

「これは、どうすれば出来るようになるのか!」と言えば、

具体的に、

「これをどうやって達成しよう」と気持ちが変わります。

 

 

そうなのです!

この言葉の違いがポイントなのです。

自分の感情はプラスにするかマイナスにするかは、

自分の言葉次第なのです。

 

 

だから、いつもポジティブな人は、

言葉もポジティブです。

受験勉強をしていると、

難しい問題にぶつかります。

 

 

その時、

どんな言葉を使うかです。

「こんなの無理!」と言えば、

この言葉が現実になり思考も行動を止まってしまいます。

 

 

しかし、

「難しいけど、先生に聞いてみようかな?」と言えば、

先生に質問をすると言うように、

行動が変わりますね。

 

 

一見、難しそうに見える問題も、

言葉を変えれば、

一瞬で現実が変わりますよ。

 

 

新年度が始まりました。

せっかく新しい気持ちでいる今だからこそ、

ご自身の使う言葉も変えてみてください。

ポジティブな魔法の言葉使いになってください♪

目標達成に近づくと思います。

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

まさか、そこだったの⁉︎

まさか、そこだったの⁉︎

こんにちは!

コーチのみやこです。

 

 

桜前線が日本を通り抜け、

新緑が綺麗な季節になりました。

 

 

卒業、入学シーズンは過ぎましたが、

私には、

毎年思い出すある出来事があります。

 

 

娘が幼稚園卒園の年、

卒園式の練習が始まって間もなく

担任の先生からお話がありました。

 

 

修了証書を受け取る時は

ふつう名前を呼ばれて返事をして、

舞台上に進み証書を受け取りますよね。

 

 

ところが、

娘だけ決して返事をしないとのこと。

恥ずかしいのかな?

と私も先生も思って、

小さい声でもいいよ、

などなどいろいろ話をしてみましたが、

結局当日も娘は返事をしないまま。

なんとなく憮然とした表情で

証書をいただく写真が残っています。

 

 

さて、それから一年後。

当時を思い出して

こんなことあったよねーと娘に話をしたら、

娘から思いがけない言葉が出て来ました。

 

 

『あの時ね、

呼び捨てにされるのが嫌だったんだよね。

だから返事しなかったの。』

 

 

…え?

呼び捨て⁉︎

 

 

そう言われて意識してビデオを見直して見ると

確かに、修了証書授与で名前を読み上げるとき、

普段の保育中とは違って全員

「さん」や「くん」無しで呼ばれていました。

 

 

今まで〜ちゃん、〜さんと呼んでくれていた

大好きな先生から急に卒業式で呼び捨てにされて、

娘は嫌われたのかと思ってしまったらしく。

 

 

そんなー、

まさかそんなことで⁉︎と、

全く思いもよらなかった原因に

しばし絶句したのを覚えています。

 

 

それにしても、

返事拒否と憮然とした表情の訳が

一年後にわかるとは…

娘に自分の気持ちを表現する力があれば

私も先生も、もちろん娘も悩まずに済んだのでしょう。

 

 

しかし相手は6歳児。

私に聞く力があったらと、

悔いが残る思い出です。

 

 

私がコーチングを学び始めたのは、

思えばこの苦い思い出があったからかもしれません。

 

 

まずは相手の存在を丸ごと認め、

信頼を得るところからコーチングは始まります。

 

 

そうやって糸口を見つけて初めて

コーチ、導く段階へと進むことが出来るのです。

 

 

あの時

娘に何とか返事をさせようと考えて

必死に働きかけるのではなく、

ゆっくり話を聞いて

どんな気持ちなのか想像することが出来ていたら、

あるいは違った結果を導き出せていたかもしれません。

 

 

今年もまた思い出したあの出来事。

寄り添い共に歩いていくコーチであるために、

これからも忘れずにいようと思います!

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

みやこコーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3jDxpjm

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC