夏の手作り問題コンテスト☆結果発表☆第2弾!!

夏の手作り問題コンテスト☆結果発表☆第2弾!!

こんにちは。

塾・家庭教師・通信教育不要!

母親の声がけで難関校合格レベルの

家庭学習習慣が身につく

おうち受験コーチング

認定コーチの榊間かおりです。

ロボ好きの息子(小2)と、プリンセス好きの娘(年中)がいます。

かおりコーチの紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_sakakima/

 

本日のメルマガは

手作り問題コンテストの結果発表

第2弾です!

********************************

実はこの手作り問題、

小2の息子にもやってみてもらいたかったのですが、

参加してくれなかったんですよね。

 

1年生のときは

楽しいオリジナルの問題を作ってくれましたが、

今回は残念でした。

 

残念でしたが、めげません!

…少ししか!(笑)

 

今はそのタイミングではなかった、

今はその手法ではなかったということにして、

「問題を見せて誘ってみる。」

ところまでできた私、ちょっとエライ!

くらいに思っておくことにします。

 

1つの方法が合わなかったとしても

他の方法はいくらでもあるので、

今のお子さんと、親御さんと、

環境に合っている方法を見つけて

一緒に高めていきましょう♪

 

そして、一方で、

楽しく取り組んでくださった方もいらっしゃいます。

 

ここからは受賞作品のご紹介です。

********************************

夏休みに行われた自主学ラボ主催の

「手作り問題コンテスト」

第2弾は、1~2年生の方の作品発表です!

 

審査の結果、

最優秀賞2名(3年生1名、6年生1名)

優秀賞5名(1年生2名、2年生2名、3年生1名)

入賞若干名

が入賞し、

昨日のメルマガでは最優秀賞を発表いたしました。

(受賞者の方にのみ、8月31日に

LINE公式アカウントよりお知らせが入っています。)

 

本日は優秀賞5名のうち1~2年生方の作品4つを、

審査員のコメントと共に紹介いたします。

 

過去の最優秀作品・優秀作品は、

ブログからもいくつか見られます。

さっそくご覧ください↓↓

 

[優秀賞 小学1年生・女の子]  

もんだい

とかげは、まえとみぎからなんばんめでしょうか。

こたえ

まえから3ばんめみぎから3ばんめ

審査員コメント:

「見れば見るほどおもしろいですね~!

みぎからというのも考えていてびっくり!

エビフライのしっぽやとんかつまで出てきて、

見ていておなかがすきました!」

「まえからだけでなく

みぎからなんばんめであるかも、

かんがえるのがすばらしいです。」

「かわいいですね。

整列している図が丁寧にかけました。」

 

[優秀賞 小学1年生・女の子]

もんだい

おかあさんにチョコを5こもらいました。

おにいちゃんがアメを1こくれました。

おねえちゃんもクッキーを4こくれました。

おかしは、ぜんぶでなんこでしょう。

審査員コメント:

「先に10という数を出して

計算に工夫をするのがいいですね!

かんたんに計算をするためのよい問題です!」

「式の中に、説明を書いてくれているのが

良いと思いました!

順序立てて考えると、

複雑なものも簡単になりますね。」

「アイスの数に着目しましたね。

色々なアイスを購入する場合も考えてみてください。」

 

[優秀賞 小学2年生・女の子]

「もんだい」

わたしはいつも4じにしゅくだいをはじめます。

いつもは30分でおわります。

今日は右のとけいのじかんにおわりました。

どちらがなん分おおくかかったでしょう。

「答え」

今日のほうが15分おおくかかった。

審査員コメント:

「ていねいにとけいもかいていてびっくり!

みじかなことをもんだいにしましたね!」

「時計をきちんと見ることで

いつもと比べてどう違うのかが分かるような

問題になっていますね。」

「よく考えられています^^

「いつもと今日と」など、

何と何を比べるかが書いてあると、

とてもよかったです!」

 

[優秀賞 小学2年生・女の子]

審査員コメント:

「じっくりよまないと、こたえをまちがえそうになりますね!

スイーツをかくのも時間かかったでしょうね。

かぞえて、表にかいて答えも出す。

2年生でこんなに考えられるんだ!とおどろきました。」

「問題を楽しんで作ってくれたのが、伝わってくるようでした!

見たことのないスイーツがありました!

なんのスイーツでしょう?」

「表をうまく使って問題ができましたね。」

 

みなさん、いかがでしたか?

 

この手作り問題ひとつ取っても、

「どの程度手伝ってあげたら良いのだろうか?」

と悩まれた方もいらっしゃったと思います。

 

「お子さんが楽しく問題を作れる環境」

と考えると、答えが見えてくるかと思います。

 

例えば、

「見られたり色々言われたりするのが嫌!」

というお子さんは、

印刷や提出のみやってあげればOK!

 

「隣にいて欲しい!全然、分かんないよ~!」

というお子さんは、

一緒に一から考えてあげてOK!

 

これは「◯年生だから…。」

というのは気にしなくても良いのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

夏の手作り問題コンテスト☆結果発表☆第1弾!!

夏の手作り問題コンテスト☆結果発表☆第1弾!!

こんにちは。

塾・家庭教師・通信教育不要!

母親の声がけで難関校合格レベルの

家庭学習習慣が身につく

おうち受験コーチング

認定コーチの榊間かおりです。

ロボ好きの息子(小2)と、プリンセス好きの娘(年中)がいます。

かおりコーチの紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_sakakima/

 

本日のメルマガは

手作り問題コンテストの結果発表

第1弾です!

********************************

夏休みが終わってしばらく経ちますが、

みなさんこの夏休みはいかがでしょうか?

 

生活リズムを崩さずに頑張れた方も、

崩れてしまってこれから取り戻すという方も

いらっしゃると思います。

 

やり残したことばかりを数えるのではなく、

できたことも数えてみてくださいね。

 

私もこの夏休み、

子供たちをどこかへ連れて行ってあげることは、

思っていたよりはできませんでしたし、

宿題以外の紙での勉強は

1ページもやれませんでした。

 

でも、息子のペースで宿題を少しずつ進め、

期日に間に合わせることはできましたし、

日常・非日常体験の双方から

ある種の先取り学習をすることもできました。

 

息子の性格を見ていると、

今のタイミングで宿題以外のことを強いると、

もう確実に、

勉強が嫌いになってしまうなと思いますので、

我が家はそのようにしています。

********************************

さてそんな今年の夏も、

自主学ラボ主催の

「手作り問題コンテスト」が行われました^^

 

これは小学生限定のイベントでしたが、

今回も低学年のお子様を中心に、

素敵な問題をたくさんご応募いただきました。

 

問題を作ってくださった小学生親子のみなさん、

どうもありがとうございました^^

 

審査の結果、

最優秀賞2名(3年生1名、6年生1名)

優秀賞5名(1年生2名、2年生2名、3年生1名)

入賞若干名

の受賞が決定いたしました。

(受賞者の方にのみ、8月31日に

LINE公式アカウントよりお知らせが入っています。)

 

過去の最優秀作品・優秀作品は、

ブログからもいくつか見られます。

 

本日は、

3~6年生の方の3作品を、

審査員のコメントと共に紹介いたします。

さっそくご覧ください↓↓

[最優秀賞 小学3年生・女の子]  

審査員コメント:

「先に10という数を出して

計算に工夫をするのがいいですね!

かんたんに計算をするためのよい問題です!」

「式の中に、説明を書いてくれているのが

良いと思いました!

順序立てて考えると、

複雑なものも簡単になりますね。」

「アイスの数に着目しましたね。

色々なアイスを購入する場合も考えてみてください。」

 

[最優秀賞 小学6年生・女の子]

審査員コメント:

「シーソーがつりあうように、

というところが工夫できている問題ですね。

つりあうのっておもしろいですよね。

6年生の女子だと「どっちが重い」

とかが気になりますし、

女子的に見てもいい問題ですね。」

「物理の問題で考えられるのは

素晴らしいです!」

「シーソーのつりあいはどこで勉強したのかな?

理科の知識と算数の知識を組み合わせて

シンプルな良い問題が作れています!」

 

[優秀賞 小学3年生・女の子]

審査員コメント:

「わかりやすい問題ですね!

字がとてもきれいで、お手本のようです。

読みやすいですね!」

「学習する時に直面することを問題にしていますね。

目のつけどころが素敵です。」

「割り算の本質が見えてて素晴らしいです!

そのように計算しながら

計画できるようになればいいですね。」

 

みなさん、いかがでしたか?

提出できた方も、

期日までに提出ができなかった方も、

楽しく問題を作ってご家庭で出し合ったりする

きっかけになっていれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

「小学生の心の成長を促すポイント~こども向けテーマパークの経験から」

「小学生の心の成長を促すポイント~こども向けテーマパークの経験から」

こんにちは。

おうち受験コーチング協会

認定コーチのさえです。

 

 

 

 

ついに夏休みがやってきましたね!

今年も厳しい暑さが続きそうですね。

そんな中でも、懸命に高く高く背伸びをして

太陽のように咲いているひまわりを見ると

元気をもらえます。

 

 

 

 

さて、私は、こどもがお仕事体験をするテーマパークで

8年半程働いていました。

 

 

前回のブログでは、そのテーマパークでの

こどもたちに働く意欲を持たせる方法を

3つご紹介いたしました。

 

 

今回は、そのテーマパークで学んだ、

主に小学生の心の成長を促すポイントである、

「見守る」ことについて、

お話ししたいと思います。

 

 

そのテーマパークでは、こどもが体験中、

親御さんは一緒に参加するのではなく

外からこどもががんばっている姿を

見守ってもらいます。

 

 

しかし、親御さんとしては、

こどもが体験中のときこそ、

ひと時の休息の時間かもしれません。

なのに、ずっと見てなくちゃいけないの~?

って思うかもしれませんが、

ずっと見てなくちゃいけないわけではないです。

少しの間だけでもいいので、中を覗いて、

一生懸命がんばっているこどもの姿を

見ていただければいいのです。

 

 

そして、お仕事や体験が終わったときに、

「見てたよ~!〇〇するの上手だったね!」

など声をかけてあげるだけで、

こどもは、「見ててくれたんだな」、とわかり、

嬉しくなると思います。

 

 

そして、この、「見守る」には、

「声をかけない」という意味も含まれています。

場所によっては、ドアがないお店もあり、

外から親御さんが声をかけることができてしまいます。

うまくできていないこどもを見ると、

ついつい口を出してしまうもの。

「あー、そうじゃない、こっちをこうしなさいよ。」

「はぁ、こっちのほうがいいのに。」

などと聞こえると、

こどもは、親の顔色を伺ってしまいます。

 

 

確かに、うまくできていないことがあると、

見ているこっちはもどかしいのですが、

そんなときは

スタッフがお手伝いするので大丈夫です。

 

 

しかも、意外とこどもたちは

自分の力でできてしまうことも多いのです。

「こんなことできたの初めて!」

という瞬間になることも多々あります。

 

 

こどもの成長する力を信じて「見守る」のも、

時には必要ですよね。

見守ってみて、

できたときには思いっきり褒めてあげてください。

こどもは自信がつき、自己肯定感がアップします!

 

 

もし、日々の子育てでついつい口を出してしまうな、

ということがありましたら、

「見守る」、

そして、

「褒める」、

を思い出していただけたらなと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

************************************************

おうち受験コーチングよりお知らせ

************************************************

「この夏、自習は”超自習”へと進化する」

おうち自習室~2022夏

お申し込み受付中

↓↓↓

https://bit.ly/3anm1qg

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

【高校受験】夏休みの体験セッション受付中!

【高校受験】夏休みの体験セッション受付中!

こんにちは。

おうち受験コーチングの鈴木詩織です。

 

 

先日、中学受験を目指す親子さん向けの

体験セッションのご案内を差し上げたのですが、

たくさんの方にご応募をいただきました。

 

 

▼体験セッションの内容についてはこちらをご覧ください▼

https://peraichi.com/landing_pages/view/ouchi-juken-soudan/

残り数名お受付できますので、

もしご希望の方がいらっしゃったらお知らせくださいね。

 

 

さて本日は、高校受験担当コーチのご紹介です^^

夏休みは学力を上げるチャンス!

苦手なところをやり直し

効率良い勉強のやり方を身につけて

良い形で二学期を迎えましょう^^

おうち受験コーチングを上手に活用してくださいね♪

 

 

★織田 実沙コーチ

ゲームは好きだけど、勉強は嫌い!

そんなお子さんと一緒に、楽しみながら学習できる方法を考えるのが得意な、

明るいコーチです!

★部活と両立しながらゲーム感覚で勉強をしたいお子さんにオススメ★

【残2名】

▼みさコーチの体験セッションはこちら

https://bit.ly/3NProg0



★柴田 謙一コーチ

栃木県で複数の校舎を束ねる塾長さん。

一生懸命指導をしても子どもたちの成績が伸びないことから、

コーチングを取り入れた独自の”子”別指導を展開。

そこから、偏差値10上がるなどが当たり前になり、

地域トップ高に6年連続全員合格させるなどの実績をもつ。

”栃木の父”として、悩める保護者の方たちをサポートする活動をする。

気さくな明るいコーチです!

★栃木県にお住いのお子さんにオススメ★

【残2名】

▼柴田コーチの体験セッションはこちら

https://bit.ly/3uxN8Gp



★いくみコーチ

★頑張っているけれどうまくいかない、あと一歩の壁が超えられない、そんな中学生にオススメ★

4と5がついていた中学生の女の子が、

オール5が当たり前になるなどの実績があり。

私立中学校の速いカリキュラムでも、

部活と自学の両立ができるようになる方法を一緒に考えます^^

【残2名】

▼いくみコーチの体験セッションはこちら

https://bit.ly/3yQ7MV2



★みやこコーチ

明るくて、じっくりお話を聞いてくれるので、一緒にいると楽しい気持ちになれるコーチです。

★勉強ちょっと嫌だな、しんどいな、それでも一歩を踏み出してみたい!と考えているお子さんにオススメ★

【残1名】

▼みやこコーチの体験セッションはこちら

https://bit.ly/3yQ7BJm

 

 

★Atsushiコーチ

塾講師経験・教員経験をお持ちのコーチ。

なんとお子さんは4人とも塾なしで部活をしながら高校・大学受験を突破。

保護者からの信頼が絶大で、親御さんたちの変化からお子さんも変わっていくというコーチングを実践!

サッカーのA級ライセンスも保有し、サッカーコーチとしても活躍中。

★スポーツも勉強も得意になりたいお子さんにオススメ★

【残1名】

▼ATSUSHIコーチの体験セッションはこちら

https://bit.ly/3Pb89yB



★鈴木英樹コーチ

保育園の園長先生をしながら、親子の育ちに寄り添われています。

優しく褒めて伸ばしてくれる、素敵なコーチです。

★子育ての相談をしたいお母さん、褒めて伸ばして欲しいお子さんにオススメ★

【残1名】

▼英樹コーチの体験セッションはこちら

https://bit.ly/3ReUPuR



★さえコーチ

優しく穏やかな雰囲気で、お子さんの心を解きほぐします。

子ども向け職業体験テーマパークでたくさんの子どもたちに寄り添うお仕事をされてきました。

★自分の意見をなかなか言えないシャイなお子さんにオススメ★

【残2名】

▼さえコーチの体験セッションはこちら

https://bit.ly/3OQOuUW



それでは、よい1日をお過ごしください^^

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

夏休みにやりたい復習、2つのポイント

夏休みにやりたい復習、2つのポイント

こんにちは。

今回は、コーチの柴田がお送り致します。

 

 

 

 

長年塾経営をしてきた観点から、

塾の先生と一緒に

受験を成功に導くための秘訣を

お伝えしたいと思います。

 

 

夏休みですね。

遊ぶ時は思いきり遊び、

勉強する時は勉強をする

メリハリのある夏休みにしたいですね♪

 

 

3学期制の地域の方は、

成績表が渡されると思います。

 

 

 

 

その結果をご覧になり、

お母様たちはどんな反応をされるでしょうか?

「成績表を見て一喜一憂をされないで下さい。」

と言われても、

やはり心中穏やかではない時もあると思います。

 

 

そんな時は、

「成績は観測するもの」

として捉えてください。

 

 

うん?

どうやって観測するの?

と思われたかもしれませんが、

成績表が出たことは、

すでにテスト等を受けた後ですので、

これまでの学習内容は、

「復習」ということになります。

この「復習」が大切なのです!

しかし、復習を甘く見ている人がいます。

 

 

そこで、

夏休みに行ってほしい

復習の2つのポイントをお伝え致しますね。

 

 

①どう正解し、どう間違えたのかを知る

復習をする時に、

自分が出来なかった問題だけを見るのではなく、

正解だったところも見るようにしましょう。

自信がなく解答した問題が当たっていた場合、

それが合っていることを確認しないと

意味がありません。

また、算数(数学)でしたら、

もっと簡単な解法があったかも知れません。

逆に、解法までは分かっていたけど、

計算ミスだったということもあったかも知れません。

 

 

②受験生は

「正解すべき問題」か

「まだ手が出ない問題」を知る

初めて受けた模試では、

全ての範囲を学ぶ前に受けます。

なので、間違ったという事実は一緒でも、

「正解すべき問題」だったのか

「手も足もでない問題」だったのかがわかります。

また、模試の場合は

全ての受験生の実力を順位づける必要があるので、

難易度がバラバラの問題があります。

例えば大学入試で考えると、

東大受験生には解ける必要があるけど、

そこから難易度が離れている大学を

受験する人には解けなくても良い問題

というものも当たり前ですが、存在します。

自分に必要ない問題も見極める必要があります。

だからこそ、

模試で一喜一憂しないで、

冷静に復習をするべきなのです。

 

 

この2つの復習ポイントを意識することは、

受験生でも非受験でも、大切です。

そして、

丁寧な復習を出来る時間を取れるのが、

夏休みです。

 

 

是非、ただやり直しをするのではなく、

上記の2つのポイントを確認しながら、

復習をしてみてください。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

柴田コーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3xkPytX

 

 

************************************************

おうち受験コーチングよりお知らせ

************************************************

「この夏、自習は”超自習”へと進化する」

おうち自習室~2022夏

お申し込み受付中

↓↓↓

https://bit.ly/3anm1qg

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

園長先生が教える〜成績が飛躍的に上がる自立心の育て方

園長先生が教える〜成績が飛躍的に上がる自立心の育て方

こんにちは。

おうち受験コーチング

認定コーチの鈴木ひできです。

 

 

ひできコーチの紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_suzuki/

 

 

さて今回は

自立心がどうしたら育つか

というテーマでお話をさせていただきます。

 

 

成績の優劣は家庭学習によって決まるとも

言われています。

いわゆる自学自習です。

 

 

自学自習は自立心によって大きく左右されます。

これは勉強に限ったことではありません。

 

 

親御さんのお子さんへの将来の願いはもちろん

幸せになってほしいと言う一言に尽きますが、

アンケートをとると具体的には

「人間的にも経済的にも自立してほしい」

がトップに上がります。

 

 

自立心が行動を促す

この自立心を育てる関わりが

コーチング的コミュニケーションだと

私は考えています。

コーチングの関わり方はご存じのように

相手の言うことを傾聴し

意図ある質問をすることにより

本人のオートクラインを引き起こすことです。

 

 

オートクラインとは

お子さんが声を出して話すことを

自分自身でその声を聞くことによって、

自身の新たな考えが整理され

今までわからなかったことに気づけるようになる

と言うことです。

 

 

自身で主体的に考えたことや決めたことは

抵抗なく受け入れることができます。

結果、行動へのやる気が向上し

目標達成する確率が上がります。

 

 

親御さんが良いアドバイスをするより、

自らの言葉の方が

かなりの説得感が生まれると言うことです。

 

 

自分で決める、

自分で選択をする習慣をつける。

お子さんの課題に対して

こうしたらと、アドバイスをするより

まずは傾聴しそして意図ある質問をする。

 

 

一例として

お子さんができないことがあったら

すぐアドバイスをするのではなく

「どうやったらできると思う?」

お子さんに考える習慣、

いわゆる思考する癖をつけていきましょう。

 

 

まとめ

私たちはどうしても問題解決型で良かれと思って

子どもにアドバイスしてしまいます。

子どもの話を早合点して最後まで聞かずに

こうした方が良いよと言う案を話していませんか?

今日から是非

どうしたらや

なぜなどの質問を投げかけてみましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

************************************************

おうち受験コーチングよりお知らせ

************************************************

「この夏、自習は”超自習”へと進化する」

おうち自習室~2022夏

お申し込み受付中

↓↓↓

https://bit.ly/3anm1qg

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC