友達に勉強を教えたわが子を  叱らない方が良い2つの理由

友達に勉強を教えたわが子を 叱らない方が良い2つの理由

東京の私立高校を推薦で受けたお子さんから、

合格しました☆」と連絡が入りました^^

 

これで、小さな頃から大好きで、

ずっと追い求めていた夢に

近づくことができました!

 

 

おめでとう♪♪

 

 

 

さて今日は、

+++++++++++++++++

友達に勉強を教えたわが子を

叱らない方が良い2つの理由

+++++++++++++++++

についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

お子さんが、小学校・中学校で、塾で、

「お友達に問題聞かれたから、教えてあげた!!」

って帰ってきたことはありませんか?

 

 

そんな時に、こんな声がけをしちゃったこと、

ありませんか?

 

 

「自分の勉強もちゃんとできてないのに、

お友達に教えてる時間なんてあるの!?」

 

 

実はこの声がけ、

・性格に合わせたアプローチ

・脳科学的に効率の良い学習法

の2つの観点でNGなんです。

 

 

 

その理由を、動画にしました↓

 

 

 

よろしければ、ご視聴ください^^

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

体験談詳細

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

https://youtu.be/f9Xx3rnrQCM

その他のお客様の声はこちら→

習慣がつきにくい性格だから、勉強には向かない!?

習慣がつきにくい性格だから、勉強には向かない!?

塾・家庭教師・通信教育なしで

3,486人の子どものやる気をあげた新メソッド!

たった90日で、成績最下位のお子さんが、

95%難関校を目指せる!

おうち受験コーチングをしています

鈴木詩織です。

 

 

 

本日もブログを読んでくださりありがとうございます^^

 

 

 

 

先日の個別相談で、ママに

学習習慣が身につきにくい性格タイプがあると

お伝えしました。

(昨日のブログ記事参照)

 

 

 

わが子が「習慣づけしにくいタイプ」だと知ると、

皆さん落胆されるんですよね。

 

 

 

でもね、落胆する必要はありませんよ、

ということを今日はお伝えしたいと思います。

 

 

何かというと、

いつもお伝えしているんですが、

性格に「良い」「悪い」はないんです。

 

 

 

そして、「良い」ところと

「悪い」ところは常に裏表なので、

良い方向に見れば「良い」し、

悪い方向に見れば「悪い」だけなんです。

 

 

 

 

確かに、

習慣をつけやすいタイプと

そうでないタイプは存在します。

 

 

 

習慣をつけやすいタイプは

どういうタイプの子かというと、

「言われたことを素直にそのままやる」

「嫌なことも嫌と言わずに頑張る」

というタイプだったりします。

 

 

 

そっちの方が良いじゃん!

と思いました?

 

 

 

 

実は、これが吉と出る場合と

災いとなる場合が、

あるんです。

 

 

何かというと、

このタイプの子は、

間違ったやり方や

自分に合わないやり方でさえ、

気づかずに習慣化してしまうことが

多いからです。

 

 

 

そうなると、大変やっかいです。

 

 

 

「やってもやっても成果が出ない」

という状況に陥り、

 

 

 

親や先生から

「やってもできない子」

「愚鈍」という

評価をされるようになります。

 

 

 

人と同じ量やってもできないから、

もっとやりなさいと畳みかけられたりして、

表面的には勉強していても、

心の底ではどんどん勉強が嫌いになっていきます。

 

 

 

一方で、習慣がつきにくいタイプの子は、

好きなこと・やりたいことはやる

少しずつコツコツはやりたくないけど

集中してガッツリやるのは得意

という子が多いです。

 

 

 

「好き」と思えばすごい集中力を発揮したり、

受験前に短期追い上げが可能なのも、

こちらのタイプの子です。

 

 

 

大切なのは、

お子さんがどちらのタイプなのか知り、

タイプに合わせた対策を取ることです。

 

 

 

まずはお子さんの普段の様子から、

考えてみてくださいね。

 

 

 

無料メール講座配信中♪

詳細・ご登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

—–

「お金持ちになるには、どうしたら良いの?」と聞かれたら、どうしますか?

「お金持ちになるには、どうしたら良いの?」と聞かれたら、どうしますか?

今日は、

毎日ニコニコ、

平穏無事に過ごしたいと望んでいるママ

お子さんの成長のチャンスを奪ってしまう可能性がある

というお話をしようと思います。

 

 

 

 

「9つのタイプ別

勉強嫌いの子が自ら机に向かう!
オンライン個別相談」では、

お母さんとお子さん

双方の性格診断をさせてもらっています。

 

 

お子さんに性格的な偏りがあるということは、

お母さんにも性格的な偏りがあります。

 

 

平和を愛するタイプのお母さんは、

現状が安定している状況であるなら、

それを維持したいという気持ちが強くあります。

 

 

お子さんに対しても、

無理をしてまで、高い目標を負わせる必要はないだろう

と考える傾向が強いです。

 

 

 

ある親子の話ですが、

お母さんが平和を愛するタイプ、

お子さんが成功したいタイプでした。

 

 

ある日、お子さんからこんな質問をされたそうです。

 

 

 

「お金持ちになるには、どうしたら良いの?」

 

 

 

お母さんはなんと答えたら良いか分からなくて、

その場はごまかしてしまったそうです。

 

 

その後、私の個別相談を受けられて、

ご自身のタイプとお子さんのタイプが分かった

お母さんは、さっそく

「お金持ちになるためにはどうしたら良いか」

「お金持ちになるために、勉強を頑張ることが役に立つ」

をお子さんに具体的に説明されたそうです。

 

 

 

そうしたら・・・

 

 

 

がぜんやる気になって、

自分から机に向かい始めたんですって!!

 

 

 

このお子さんは、

成功を求めるタイプだったので

将来の成功に必要なことを具体的に伝えてあげると、

頑張る意欲が湧いてきます。

 

 

 

他のタイプのお子さんたちも、

子どもたちは、

今できることよりも少し先のことが与えられる

頑張るに値する目標を掲げる

方が伸びる、というところがあります。

 

 

 

なので、

「子どもに無理をさせたくない」という

気持ちが強いお母さんは、

時に、

「ちょっと冒険させてみようかな」

という考えを持つと、

うまくいくことが多いですよ^^

 

 

 

 

無料メルマガへの登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

 

 

—–

わが子のことが分からない・・・母親失格でしょうか・・・

わが子のことが分からない・・・母親失格でしょうか・・・

今日は、「わが子のことが分からない・・・」

「わたし、母親失格かしら・・・」

と思っているお母さんに向けて、

お母さんの気持ちが楽になる、

大切なことをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

最初に結論から言いますと・・・

 

 

 

 

お子さんのことを本当に理解することは、

一生かかってもムリです。

 

 

 

 

エーーー!!

 

 

 

 

 

 

何じゃそりゃ、て思いますよね(笑)

 

 

 

 

でもこれって、当たり前なんです。

 

 

 

だって、他人だもん・・・

 

 

 

 

他人だから、「わかったー」って思っても、

 

 

 

それは「分かったつもり」であって、

本当に分かってるかどうかなんて

誰にもわかりゃしないんです。

 

 

 

 

でも、母親って、

わたしもそうですけど、

自分のお腹から子どもを産んでるので、

なんだか自分とわが子はつながっているような、

そんな感覚になったりするんですよね。

 

 

 

 

でもね、そんな感覚になったとしても、

やっぱりわが子は「他人」なので、

本当のところは、

分からないものです。

 

 

 

 

分かり合えないなんて・・・

そんな寂しいこと・・・ある?

 

 

 

 

そんな風に思っていた時が、

私にはありました。

(旦那と結婚した時かな 爆)

 

 

 

 

ただ、完璧には分かり合えないところが、

やっぱり、人と人とで付き合っていく中で

楽しいなあ、と今は思います。

 

 

 

 

そして、わたしはずーっと人と会うという

仕事をしていますが、

 

 

 

楽しいかもって思えると、

 

 

初めての人と会うときは、

「この人はどんな、わたしと違った

考え方を持っているんだろう」って

ワクワクするようになりました。

 

 

 

 

それは子どもに対しても同じで、

生まれた時から、

「この手の動きはいったいなんだろう?」

「何を考えて、こういうことしたんだろう?」

「わが子は今、何を感じているんだろう?」

と、わが子の気持ちを考えるようになりました。

 

 

 

 

そうすると、自分と違うところがいっぱいあって、

「へー!面白いね!!」

「そんな風に考えるんだ!」ってなります。

 

 

 

 

腹の底からは、分かり合えていない、

っていうことが、

 

 

 

実はお母さん自身の考えを、

グーンと広げてくれるんです。

 

 

 

 

ただ、「あまりにも分からなくて、しんどい」

「子どもの考えや行動にイライラしてしまう」

という方も、結構いらっしゃるんじゃないかと思います。

 

 

 

 

そんな時は、

わが子の「こだわり」が分かると、

「なんだそんなことか」って、

スッとお子さんの心が見えるようになったりします。

 

 

 

 

お子さんの「こだわり」は性格診断で分かります。

性格診断とその対処法は本講座の内容ですが、

 

 

 

こちらの無料メルマガでも

ちょっとずつお出ししていますので、

よろしければご登録ください。

 

 

 

 

 

 

無料メルマガへの登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

 

 

—–

パパの心を動かして、年間180時間が浮いた理由

パパの心を動かして、年間180時間が浮いた理由

緊急事態宣言が全国で出されて、
愛知県でもテレワークをする方が増えてきました。
 
 
 
 
 
パパもテレワーク、ママもテレワーク、
子どもたちは休校・・・毎日が日曜日のよう!!
 
 
しかも・・・自宅から出られない日曜日。
 
 
 
 
 
これって、
すごいストレス溜まりますよね^^;
 
 
 
 
 
最近は、受講生さんと話していても、
学校のある時と比べると、
お子さん自身エネルギーを持て余してるし、
お母さんも疲れている、というのを
ひしひしと感じるようになりました。
 
 
 
 
私、皆さんの勉強のことも心配ですけど、
メンタルの方が、もっと心配です^^;
 
 
 
 
しかもこの状況はすぐには終わりそうにないですから、
その場しのぎのやり方では、
乗り切れないだろうと感じています。
 
 
 
 
 
 
そんな中でも、今日は、
ママとお子さんがストレスを抱えすぎないために、
パパをうまく使いましょう!
という話をしようと思います。
 
 
 
 
 
 
ちょっとわが家のことを、
お話ししますね。
 
 
 
 
 
わが家の夫は今、
家事を進んでやってくれています。
 
 
 
 
洗濯(洗う・干す・取り込む)は基本夫の仕事だし、
皿洗いもほぼやってくれるし、
週1回は子どもの面倒も見てくれます。
 
 
 
 
 
でも、結婚当初からそうだったわけではなく・・・
 
 
 
 
結婚当初は、
四六時中ネットサーフィンか
PCゲームをしているような人でした。
 
 
 
 
 
私はもはや、「やってくれない!」という
ストレスを通り越して、
 
 
 
 
「この人、こんなことばかりしていて、
自己嫌悪に陥らないのかな?」
って心配になるくらいでした。
(彼がこのようなことで自己嫌悪に陥ることは、
その後も一切ありませんでした 笑)
 
 
 
 
 
 
 
ではなんで、そんな状態だった夫が、
今は家事を嫌な顔せず
やってくれるのかな?と思って
昨日、ふと聞いてみたら、こう言われたんです。
 
 
 
 
 
「別に、私(妻)に言われてやってるんじゃなくて、
自分がやりたくてやってるだけだから」
 
 
 
 
 
 
 
・・・・???   
 
 
 
 
 
 
 
家事が趣味だったっけ???笑
 
 
 
 
 
 
いつの間に、こんなに変わったんでしょう。
 
 
 
 
あんなに何もしない人だったのに、
結婚して14年でこんなに変わったことを、
まるで我が子が成長したかのように
嬉しく感じました(笑)
 
 
 
 
 
 
でも、よくよく考えると、
別に夫は、自発的に家事をやり始めたのではなくて、
私からお願いされて、
家事をやるようになったんです。
 
 
 
 
 
頼まれて始めたことがいつの間にか、
「好きでやってる」ことになる。
 
 
 
 
本人の意思を引き出してやってもらうことの大切さを、
と改めて痛感したのでした。
 
 
 
 
 
じゃあ、私がどんな風に夫にお願いしたのか?
をここから、ちょっと詳しくお話ししたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
これは、夫だけでなくて、わが子に対してもそうですが、
私は、「ここぞというお願い」のために、
普段は極力、家族にお願いをしないようにしています。
 
 
 
 
 
 
そうではなくて、
・望むことをしてあげる
・感謝を言葉に出す
・心から褒める
・自分に非がある時は謝る
・相手が興味を持っていることに関心を寄せる
・共感する
・ネガティブな感情を相手にぶつけない
・話を聞く
・できるまで待つ
・期待をかける
・メンツをつぶさない
・・・
 
 
 
 
 
こういうことをたくさんたくさん、しています。
 
 
 
 
 
 
その上で、本当にお願いしたい時は、
”性格を踏まえたやる気にさせる声がけ”を
発動します。
 
 
 
 
 
 
 
夫の性格は「楽天家タイプ」なので、
お願いしたことが
「めんどくさそう、辛そう」と
思われたらアウトです。
 
 
 
 
 
なので、
機嫌の良さそうな時を見計らって、
・いかにそれが重要か
・それをやるとどういう未来があるのか
・期限はいつまでか
・楽に簡単にできるようにどういう工夫をするのか
・代替手段よりもそのやり方が良い理由
などを、
楽しそうにプレゼンしました。
 
 
 
 
 
 
そうしたら、
洗濯という、1日30分(1年で180時間!)も
時間を取られる家事も、
自ら進んでやってくれるようになりました。
 
 
 
 
 
このやり方はもちろん、
お子さんを動かす時にも、
十分に使えます。
 
 
 
 
もっというと、
会社で上司に行動してもらう、
部下を動かす、
取引先を動かす・・・
ということにも使えます。
 
 
 
 
 
なんかここまで書くと、
腹黒い人のように思えるかもしれないですが(笑)
 
 
 
 
 
この「人の心を動かし、行動を促す」力は、
AI時代を生き抜くために
一番必要な力だと私は思っています。
 
 
 
 
 
 
もしかしたらみなさんが、
「なんで動いてくれないの!!」と
イライラすることがあっても、
適切な手順と方法でアプローチすれば、
意外とうまくいって、
みなさん自身も
楽になるかもしれませんよ^^
 

 

 

 

 

 

 

 

無料メルマガへの登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–

きょうだいげんかが絶えません

きょうだいげんかが絶えません

先日、あるお母さんから、

「学校がお休みになったことで

きょうだいが一緒にいる時間が増え、

きょうだいげんかが増えました。

それも、ストレスです・・・。」

というご相談を受けました。

 

 

 

 

 

 

きょうだいって、どんなに仲が良くても

ケンカ、しますよね。

 

 

 

で、きょうだいげんかが始まった時に、

お父さんやお母さんがどう対応するか?

がポイントなのですが、

 

 

 

皆さんなら、

どんな風に対応されますか?

 

 

 

わが家の場合は、まず、できるだけ見守り、

きょうだい間で解決できるのを待ちます。

 

 

 

その上で、ひどいことになりそうだったり^^;

どちらかからヘルプが入った時は、

間に入ります。

 

 

 

その時に気をつけているのは、

中立的に話を聞いて、

どんな状況でも、両成敗にすること。

(軽重はつけますが)

 

 

 

特に、「声が大きい子」「甘えるのが上手な子」の話を

聞きすぎないようにしています。

 

 

 

特に2番目以降の子は、上手にお母さんお父さんの

気を引いて、取り分を多くしようとするところがあります。

 

 

こういう、表面的な声の大きさに影響を受けすぎてしまうと、

声の小さい子の気持ちが置いてきぼりになることがあります。

 

 

 

お母さん・お父さんに理解してもらえなかった、と

感じたその子がどうするかというと・・・

 

 

 

また、きょうだいにあたるんですね。

 

 

 

そんなところから、

きょうだいげんかが繰り返されてしまうことがあります。

 

 

 

きょうだいげんかは、

「止める」のではなく、

きょうだいでけんかの解決策を模索する

チャンスと考えて、

 

 

まずはできるだけ見守る、

 

 

 

その上で、

お互いの気持ちに寄り添った、

納得できる解決をしていくことで

問題を解決をする時の、

「モデル」を見せていく、

ということですね。

 

 

 

ケンカも、一見すると、面倒な場面のように見えますが、

見方を変えると、

お子さんたちの大きな成長のチャンスと

捉えることができますよ^^

 

 

 

 

 

 

無料メルマガへの登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–