手作り問題体験会を開催しました!

手作り問題体験会を開催しました!

こんにちは!

おうち受験コーチング

認定コーチのあやです。

 

 

お元気ですか?

最近私は、

ぬか漬けにはまっております☆

食べるだけではありません。

漬ける方です。

ずーっと食べ専だったのですが、

少し前から漬けるようになりました。

 

 

大好きなコーチ仲間の一人

いくみコーチもぬか漬け仲間なのです♪

https://jukencoaching.com/about_ishida/

 

 

私はまだまだ初心者なので、

もうちょっと経験値を積んで、

いくみコーチとぬか漬けトークに

花を咲かせるのが

今年度の目標のひとつです☆☆

いくみコーチ~~

待っててくださいね~~~!

 

 

さて、今日の本題は

ぬか漬け!!

4月1日に開催した

イベントのご報告です(*^-^*)

 

 

たくさんの方にご参加いただきまして、

誠にありがとうございました!!

 

 

おうちきっずママ 春祭り2022

3月27日に名古屋駅近辺での

リアルイベントにも出店いたしましたが、

オンラインのイベントも

出店いたしました^^

 

 

私は、「手作り問題体験会」

というイベントで参加したのですが、

午前中から

2学年ずつ

計6回!!

手作り問題体験会を楽しみました。

 

 

今回は特に

1・2年生の方の参加者が非常に多くて

自分だけの問題の手作りに

真剣に取り組んでいらっしゃいました!!

 

 

今回のこの体験会ですが、

おうち受験コーチング初の試み

体験会で作った問題

『自主学ラボ』主催の

手作り問題コンテストに

そのまま応募できちゃうよ☆

というものでした^^

 

 

ご参加いただいた子たちの感想を

一部ご紹介しますね!

 

 

「むずかしいかなと思ったけど

やってみたら楽しかった!」

(新小学3年生 女の子)

 

 

「身近なものを問題にするのが

面白かった!」

(新小学5年生 男の子)

 

 

などなど

大人が作ろうとすると

「むむむっ」

と迷ってしまう手作り問題ですが

子どもたちって

楽しそうにどんどん作っちゃうんですね!

 

 

限られた時間のイベントでしたので

時間内に作り終えることが

できなかったお子さんも

数名いらっしゃったのですが…

 

 

後から

もしくは後日

「できましたー!!」っと

ご提出くださった方も

複数名いらっしゃったようです(*^-^*)

 

 

私の方にもお知らせくださった方もみえて

とっても嬉しく、感謝感謝です♪♪♪

 

 

さて、この手作り問題コンテスト

応募は締め切りになりましたが、

4月末に結果が発表されます。

 

 

表彰された作品を

おうち受験コーチングでも

メルマガやブログで

ご紹介予定です!!!

 

 

コンテストに応募してくださった方も

次回から応募しようかな♪

と思っている方も

うちの子にはまだ早くないかしら!?

と思っている方も

是非是非

どんな問題が表彰されたのかを

見てみてくださいね!!

 

 

今日も最後までお読みいただきまして

誠にありがとうございます☆

 

 

他にもたくさんのイベントに、

ご参加いただきありがとうございました♪

 

 

 

 

楽しい春休みになったとしたら、嬉しいです。

皆さん

花粉に負けず

春の陽気を

楽しみましょうねーーーー!!

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

自発性を育てる、親の声がけ②

自発性を育てる、親の声がけ②

こんにちは。

おうち受験コーチングの山中です。

 

 

学年末が近づいてまいりましたが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

コロナで休校が繰り返されたり、

なかなかリズムが作りにくく、

子ども達も小さなストレスを重ねているかも知れませんね。

 

 

以前のブログ「自発性を育てる、親の声がけ」は

こちらからお読みいただけます。

https://jukencoaching.com/%e8%87%aa%e7%99%ba%e6%80%a7%e3%82%92%e8%82%b2%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%80%81%e8%a6%aa%e3%81%ae%e5%a3%b0%e3%81%8c%e3%81%91/

 

 

さて、皆さんはお子さんに

こんな声をかけることはありませんか?

 

 

「毎日、朝勉強するって言ったよね?」

「こんな問題も解けなくてどうするの?」

「毎日のことなのにできないね。」

「やるやるって、口ばっかりね。」

 

 

お子さんに期待しているからこそだったり、

発破をかけるつもりかもしれませんが、

これらは、子どもの態度や行為を非難したり、

批判したりする声かけです。

 

 

親から否定的な評価をされると、

自分に自信がもてなくなったり、

「ママだって(パパだって)そうじゃないか!」

と反抗的になったりします。

せっかくの親子の関わりが、

イガイガとしたものになってしまいますね。

 

 

そこで、こんな言い方はいかがでしょうか?

 

 

「(できたときに)朝勉強できたね!

(好物メニューで)朝ごはんの用意できてるよ。」

「ここまで、解けたんだね。」

「これ、できたんだ!(出来たことに注目)」

「有言実行だね!」

 

 

人は皆、認めてもらえると力が湧きます。

ここさえ克服すればと

欠けているところばかり見ていると、

皮肉にもその部分が拡大していきます。

 

 

出来ているところ、素敵なところを見つけて、

認める声がけをしていくと、

その部分がさらに伸び、

それにつられるように

様々な能力が発揮されていきます。

 

 

お子さんの一番近くにいるのは親です。

我が子の素敵なところをたくさん見つけて、

伝えていきたいですね!

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

春の個別相談会、好評受付中♪


https://ouchijuken.com/springsession

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

結果発表!夏休み 手作り問題コンテスト☆その2

結果発表!夏休み 手作り問題コンテスト☆その2

こんにちは!

おうち受験コーチングのあやです☆

 

 

今日は、冬休みの手作り問題コンテストの

優秀賞の作品をご紹介したいと思います!!

 

 

 

 

さっそくご覧ください↓↓

 

 

[優秀賞 小学1年生・女の子]

 

 

審査員コメント:

「1年生でよく考えましたね!

5本足すところのひねりが利いていますね。

頑張りました!」

 

「お花畑でお花を摘む2人のかわいい女の子が

目に浮かびます。

まひらちゃんが何本とったのか?が分からないと

答えにたどり着けないように工夫されていますね。」

 

 

[優秀賞 小学2年生・男の子]

 

 

審査員コメント:

「小2とは思えないふくざつな問題ができました!

ふくざつですが、しっかりした文章で

じょうけんが説明されていて

大人が作ったような完成度です。

100階建てのビルってすごいね!」

 

「2年生で割り算知っているところに驚きです!

算数が好きなのかな。

「真ん中」が2で割るところが難しいでしょうね。

頑張りました!」

 

 

[優秀賞 小学3年生・女の子]

 

 

審査員コメント:

「まず問題の設定が2個のリンゴが

4頭分されているのはいいですね!」

 

「分数を使って頑張って問題を考えましたね。

3年生ですごい!」

 

 

[優秀賞 小学6年生・男の子]

 

 

審査員コメント:

「福袋を開けるのはワクワクしますね。

どれくらいお得だったのかを考えて解ける

楽しい問題になりました。

答えもスッキリしていて解きやすい良い問題です。」

 

「福袋の中身の値段の見極めは素晴らしいです!」

 

 

いかがでしたか?

今回も、1年生から6年生までのいろんなお友達が

楽しい作品をたくさん作ってくださいました♪

 

 

連続受賞の方もいらっしゃいましたし、

なんと初応募で初選出の方もいらっしゃいました!!

 

 

次回開催をお楽しみに!!

 

 

今日も最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

持って生まれた才能を引き出すカギは【腸】にある

持って生まれた才能を引き出すカギは【腸】にある

こんにちは。

おうち受験コーチングの鈴木詩織です。

 

 

おうち受験コーチング 鈴木詩織

 

 

今日は、あなたに質問をしたいと思います!

 

 

あなたは、

体の中で、一番賢い部位はどこ?

と聞かれたらなんて答えますか?

 

 

いや、「脳」でしょ!!

そんな分かりきったこと聞かないで!?

なーんて、思うかもしれないですね。

 

 

そんなあなたに、

びっくりニュース!

 

 

最近の研究では、

「脳よりも腸の方が賢いんじゃないか」っていう話も

あるのだとか。

こ、これは聞き捨てならないですね。

 

 

脳が死んでも、腸は動いている

とか、

ドーパミンやセロトニンなどの幸せ物質は腸で作られている

とか、

生き物は脳がなかった時代がほとんどで、

生物が生まれたのが約40億年とすると

脳が出来たのは5億年程度だ

とか、

今、いろんなことがわかってきているそうです。

 

 

おうち受験コーチングでは、

”勉強”の習慣化はお伝えしているのですが、

いくら習慣化しても

体がベストな状態でないと、

発揮できる力も発揮できません。

 

 

そしてその体をベストな状態に保つための

カギとなるのが、【腸】なのです。

 

 

そんな【腸】を元気にして子どもたちの才能を引き出す方法を、

もっとたくさんの方にお伝えしたい、、、、

いやむしろ、私が知りたい!!!(笑)

ということで、この方に、

一緒に講座やりませんかーーー!

ってお願いしたところ、

いいよーー♪

ってご快諾(うれしー)

 

 

そう、このたび、

脱・ためこみ女のますこゆかりさんが

鈴木と一緒に講座をやってくれることになりました!

 

 

 

 

ますこゆかりさんのご紹介です

↓↓↓

・30年来のアトピー性皮膚炎

・30年来の便秘が下剤に頼らず、自力で週4日出せる

・14年来、寝込んでいた生理痛が手放せる

・2年間、薬を飲み続けていた甲状腺ホルモンの薬が手放せた

・30年来、薬がないと生活できなかった花粉症を卒業

それが、わずか数日から半年で起こるミラクル。

20万円かけても治らなかった腰痛が

自分で数分で改善することも!

お伝えするのは

「1日5分のマッサージ」

「食事」

「メンタルづくり」

「デトックス」

「身体のサインを読み解く方法」

の5つです。

不妊治療中に3回流産してどん底からの

3ヶ月で自然妊娠した私が

シンプルでナチュラルなセルフケアをお伝えします。

 

 

 

私も、ますこさんに教えていただいた

マッサージで、どれだけ体の辛さから

救われたことか、、、

 

 

そんなますこさんが提供してくださるのは、

こんな内容です。

 

 

<カリキュラム (ますこゆかり)>

1、どんな自分も自己受容して、理想の未来をつくるワーク

2、家族それぞれ違う?食事法の間違いを知る

3、薬を使わずに自分で身体を変える体験

4、腸脳力に負担な有害物質とは?

5、有害物質のデトックス方法

6、親子で生涯、健康で過ごすための免疫の知識

※各回、マッサージ有

 

 

【ZOOM受講可】腸能力を最大化する『あげまま』育成プロジェクト

 

 

詳細はこちらからご覧ください↓

https://resast.jp/events/640355

 

 

インスタにアップしました二人のプレライブも、

よろしければご視聴くださいね^^

https://www.instagram.com/tv/CXKXIrHpHc_/

 

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

感謝をこめて。

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

自発性を育てる、親の声がけ

自発性を育てる、親の声がけ

こんにちは。

おうち受験コーチングの山中です。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

 

皆さんは、お子さんに「~なさい」という表現を、

起きてから夜寝るまで、どのくらい使われますか?

 

 

「早く起きなさい」

「早く食べなさい」

「食器をさげなさい」

「そろそろ出なさい」

「勉強しなさい」

「片づけなさい」

「宿題をやりなさい」

「早く寝なさい」

 

 

まだまだ挙げられますか?

 

 

一日に何回くらい言っているでしょうか?

一週間にしたら?一か月にしたら?

 

 

「~なさい」という指示命令は、

子どもから自分で考える習慣や行動の責任を奪ってしまいます。

 

 

「~なさい」という子育ては、

自分で考えて行動せず、

指示を待つ人間に育ててしまっています。

 

 

また、

失敗した時に、人のせいにしてしまいます。

指示命令に従った結果なのですから、

悪いのは自分ではないのです。

 

 

これでは、自発性のある子はのぞめませんね。

 

 

「自分で考えて、自分で行動する。

その結果は自分で受け止める。」

 

 

親にできることは、そんなわが子を

そばで見守り、認めて、自信を育てること。

 

 

結果については、

本人に共感して、

また次の一歩を踏み出せる勇気を育てること。

子どもの自発性を育てるために、親にできること。

 

 

まだまだあるので、次回もお楽しみに!

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

もしかして、環境?

もしかして、環境?

こんにちは!

コーチのみやこです。

 

 

先日、今度の春に小学校の入学を控えた

末の息子の就学時健診がありました。

 

 

3番目末っ子なので

まぁ甘ったれで言うこときかない

我が家の年長息子。

 

 

使ったおもちゃの片付けや着替えも

手伝わなきゃやらないし、

このまま4月から小学生、

やって行けるか不安すぎるこの頃です。

 

 

そんな困った息子、

特に何か教材を与えたことはありませんが、

気が付けば去年の半ばには

ひらがなカタカナ20までの数字にアルファベットを

いつの間にか覚えており、今は漢字に興味深々、

一桁の足し算くらいはどうやら分かっていそうな…

 

 

上の子達には入学直前、

自分の名前くらい

ひらがなでいいからせめて読めるように!

と必死に教えた記憶がありますが、

 

同じ親から生まれて

同じように育てて来たはずなのに、

この差は何?

 

 

ひとつはっきりしていることは、

上の子たちとは環境が違うということ。

 

 

1番上とは9歳差、真ん中とは6歳差と

かなり年齢差があるため

一緒に遊ぶことはほとんど無かったですが、

 

 

その代わりに

宿題したり読書してたりする兄姉を見ながら

育ってきたこの環境のおかげなのでは?

と思うしかないくらい、

私は何もしていないのです。

 

 

さて

皆さんはどんな環境で勉強していますか?

 

 

誘惑に負けてしまいそうなものは

遠ざけて目に入らないようにするとか、

テレビやスマホは消しておく、

なんてことは

きっと既にやっていることと思います。

 

 

更に集中するために、

しんとした図書館や自習室を使うこともあるかな?

 

 

あとは、

必死に頑張っている仲間と一緒だと

自分もやらなきゃ!と思えるから、

塾に通っているかもしれませんね。

 

 

それとも、

大勢と競走は苦手で

見守ってくれている安心感が力になる、

なんてタイプだとしたら

家庭教師の先生、あるいはご両親に教わるのが

向いているかもしれません。

 

 

どんな環境が自分に合っているのか、

やる気が出てくるのはどんなやり方なのか、

このブログが改めて考えてみる

きっかけになったら嬉しいです。

 

 

おうち受験では、

成績の9割は準備で決まる!

とお伝えしています。

 

 

環境を見直し整えてみたら、

思わぬ効果があるかもしれませんよ。

 

 

最近の年長息子の愛読書は

ドラえもんの国語辞典です。

いつも、

彼でも手が届く高さの本棚にしまってあります。

 

 

そんなもの、

上の子たちが小さいときは

買ってすらいなかったです…

 

 

必要なものがパッと手に取れるところにあるのも

いい環境ですね。

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC