【中学受験】夏休み前の体験セッションを募集します!

【中学受験】夏休み前の体験セッションを募集します!

こんにちは。

おうち受験コーチングの鈴木詩織です。

 

 

 

 

私の家の近くでは、セミが鳴くようになりました。

今日は学校に10匹セミがいた、と

子どもたちもセミを楽しみにしています。

 

 

もう2週間後には夏休み、

夏休みのスケジュールはすでにお決まりでしょうか?

 

 

長い夏休みは、学力を大幅に伸ばすチャンスです。

しかし、夏休み明けに

「大量学習にただ疲れただけで、

成績は上がらなかった」という子もたくさん出てくるのも

事実です。

夏休みを有効に使い成績を上げるためには、

お子さんの【モチベーション管理】と【スケジュール管理】が大切です。

 

 

その点については、昨年開催し115名がダウンロードしました

こちらの動画も、参考になさってくださいね。

 

▶︎はなまる子育てカレッジにもご出演!

お子さんが偏差値25からスタートし、偏差値60の私立中学に合格され、

月間50万PVの人気ブロガーゆずぱさんによる

【夏休みのスケジュールとモチベーション維持のコツ】

https://ticket.tsuku2.jp/events-detail/62111220402422

1,000円で再販中!

 

 

さらに、

「で、うちの子はどうしたら良いの!?」というところも

解決していきたいですよね!

 

 

そんなあなたに、今日は、

中学受験担当コーチによる

夏休み前の体験セッションをご案内いたします!

 

 

★伸び悩みの原因

★効果的な成績の上げ方

★夏休みの過ごし方

★塾に行くべきか、いなか

★夏休みに伸ばすための学習内容・学習量

★志望校別の対策法

そのようなことをご相談いただけます。

 

 

ママ友と話していても解決しない、

塾の先生に聞いても「大丈夫ですよ」としか言われない、

そもそも、腹を割って相談できる人が近くにいない!

そんな方は、ぜひ

中学受験担当コーチによる

夏休み前の体験セッションにて

これからの学習方針を明確になさってくださいね。

 

 

おうち受験コーチングの継続講座にご興味がある方も、

この体験セッションにてご説明をいたします。

 

 

各コーチとも、だいぶ予定が詰まってきており、

対応させていただける残りの枠も少なくなっております。

スケジュールをご確認の上、

ご希望のコーチの体験セッションを

お申し込み下さい。

 

 

以下、コーチのご紹介です^^

 

 

黒田領太コーチ

私立南山中学、高校卒業

早稲田大学政治経済学部政治学科卒業

家庭教師・塾講師としての指導経験は400人以上

中学受験については全教科の学習指導も可能

特に国語と社会の評価が高く、偏差値10以上アップさせた実績あり

空きスケジュール:月曜16〜18時、19時半〜20時半、水曜18時半〜19時半、

木曜18時半〜20時、金曜17〜18時、土曜13〜20時、夏休みは応相談

★探究心が強いお子さん、国語が苦手なお子さんにオススメ

黒田コーチの体験セッション申し込みはこちら▼

https://bit.ly/3ORPMiw

【残3名】

井上由賀里コーチ

津田塾大学数学科卒業

中学高校数学教員免許取得

3人の男の子の子育てをしながら、教育関連会社にて15年間、中学数学の指導に携わる。

その後講師として独立し10年間、中学・高校・大学受験の個人指導を行う。

2021年、幼児から大学受験生を対象とした、学年の枠を超えた

「教えない考える楽しくなる」算数・数学専門1対1個別指導塾を立ち上げて活動中

スケジュール:月曜16時〜17時半、18時半〜20時、火曜17時半〜19時、

金曜16時半〜18時、日曜13〜15時、夏休みは応相談

★算数が苦手・嫌いなお子さん、もしくは算数が大好きなお子さんにオススメ

井上由賀里コーチの体験セッション申し込みはこちら▼

https://bit.ly/3RjsWBM

【残2名】

松友喜美コーチ

名古屋大学経済学部卒業

家庭教師、大手進学塾の算数講師として、

毎週200人以上の小中高生の受験指導を行っている。

シングルマザー歴20年。

中学受験、息子の不登校も直面した体験から、

悩めるママや子どもが生きづらさを手放し、

ココロの笑顔を引き出す達人。

スケジュール:火曜14〜16時半、土曜6〜8時半、20時半〜22時、日曜18〜22時、夏休みは応相談

★勉強が楽しいと思えないお子さん、塾と家庭学習の両立に悩む方にオススメ

松友喜美コーチの体験セッション申し込みはこちら▼

https://bit.ly/3OMcFDU

【残2名】

 

 

藤咲宏依コーチ

明治大学法学部卒

専門学校講師

受験勉強で親子とも疲弊していた時にコーチングを学び、

コーチングの手法を取り入れながら我が子・塾と連携を取る。

SAPIXと家庭学習だけで、偏差値70の地域トップ中学に合格

スケジュール:応相談

★SAPIXに通うお子さん、受験に疲れてきたお母さんにオススメ

藤咲宏依コーチの体験セッション申し込みはこちら▼

https://bit.ly/3yqlkVw

【残2名】

井上恭子コーチ

娘さんが、私立一貫校から国立医学部へ進学。

子どもが自分で夢を見つけ、自分で学習する子に育てる方法をお伝えします。

キャリアカウンセラーの資格を取得(予定)

スケジュール:応相談

★私立小学校から中学受験を目指す親子さんにオススメ

井上恭子コーチの体験セッション申し込みはこちら▼

https://bit.ly/3NNZCkc

【残2名】

渡邊壽美子コーチ

お茶の水女子大学文教育学部卒

娘さんの中学受験で、中学受験の過酷さに遭遇し、

学習の仕方や親の関わり方の重要性に気づく。

声がけを変えただけで成績が上がり、今はそのやり方を実践・伝播している。

スケジュール:月曜・水曜・金曜 19〜22時、土曜8〜12時

★努力はしているものの、なかなか成績に結びつかない方にオススメ

渡邊壽美子コーチの体験セッション申し込みはこちら▼

https://bit.ly/3ORQwnO

【残1名】

どのコーチに相談したら良いかわからない場合は、

お問い合わせくださいね。

状況をお伺いした上で、

こちらからお勧めコーチを選定いたします^^

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

中学受験の準備は年少から?!

中学受験の準備は年少から?!

こんにちは。

認定コーチの藤咲(ふじさく)です。

 

 

最近こんな話を聞きました。

関西のH塾は年少から中学受験の準備をはじめるとか。

関東でもS塾は小1から入塾しないと席がないとか。

 

 

こういう話を聞いて皆さんどう思われますか?

 

 

・最近の中学受験の常識はそんな感じですよねえー

とか

・えー、うそぉ、小学校受験の間違いじゃないの???

そんな小さいうちから

塾行ったって意味ない!意味ない!

(と言いつつ、ほんと?

うちは本当に行かなくて大丈夫かしら?

ザワザワ、モヤモヤ…)

とか思われたでしょうか?

 

 

私は後者のタイプでした。

私は二年前まで中学受験ママでした。

 

 

一人っ子の息子がいて、

子育てのすべてのイベントが一回きりの経験で、

後悔したくない!という思いが強くて、

情報は色々集めていました。

 

 

しかし様々な情報に触れすぎることによって、

“大丈夫!!!”と思いながらも、

本当はどちらがいいんだろう???

とか

本当に大丈夫かな???

と、気持ちがザワつかされました。

 

 

中学受験に関しては、

終わって二年たってやっと

俯瞰してみられるようになった気がします。

 

 

今、情報があふれ過ぎていて、

皆さん少なからず心がザワつくことが

あるのではないでしょうか。

しかし、できるだけ心おだやかに、

目の前のお子さんにとっての

ベストな選択をしていきたいですよね^ ^

 

 

おススメは心から信頼できる

先生やコーチを見つけることかなと思います。

この人についていってみよう!

と思えるような。

 

 

うちの子は塾には行っていましたが、

家庭教師やコーチはつけていませんでした。

でも

そういう存在がいたらよかったなーと思うんです。

親にとっても、子にとっても。

 

 

大手塾の先生は、

お宅のお子さんは今これが必要です!

この勉強を優先しましょう!

テスト前にこれをするといいですよ!

なんて、先生の方からは一言も言ってくれません。

ましてや、メンタルケアなんてないです。

 

 

個人的に相談に乗ってもらえる人とつながらず、

親子だけで話し合いながら進んでいくのも、

一見いいように見えるかもしれません。

 

 

しかし

身内だと、子どもの出来ないところばかりが

目についてしまったり、

(→親子バトル発生の危険大)

夫婦で意見が違うと、

いらぬ夫婦喧嘩が増えたりします。

(→家庭不和。

極端な例ですが、

本当に離婚もつながったご家庭もあります)

良くしたいと思ってやっているのに、

どんどん悪い方向へ。

受験どころではなくなってしまう

可能性すらありますよね。

 

 

中学受験の準備という長期戦。

上手くいくことばかりではないと思います。

 

 

苦しい時支えてもらえたり、

変な?!迷い、ザワつきも

すぐにしずめてくれるような

そんな存在がいるといいですね^ ^

 

 

ちなみに、最初の話ですが、

中学受験終わった今、

小学校低学年、

もしくは幼稚園や保育園からの塾通いは、

意味がないとは思いませんが、

他にやることがたくさんあるように思います。

 

 

そのころやっていてよかったなと思うのが、

・実体験

・学習習慣作り

(小4でいきなり、さぁ!勉強はじめるよ!

と言っても難しいと思います。)

・体作り

(勉強だったり、先生の話を聞くって

体力いるんですよね。

風邪ひかない体も大事です。)

わが家が塾に行き始めたのは

小学3年生の後半からでしたが、

こういうことを大切にしていたことが、

子どもの頑張る土台となり、

地域最難関校に合格することができました。

 

 

続きはまたの機会に。

 

 

ではでは

皆さんが心おだやかに過ごせますように。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

************************************************

おうち受験コーチングよりお知らせ

************************************************

「この夏、自習は”超自習”へと進化する」

おうち自習室~2022夏

お申し込み受付中

↓↓↓

https://bit.ly/3anm1qg

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

早稲田大で突き抜けていた人たちの共通点〜成績を上げるプロセスはお花を育てるのに似ている!②

早稲田大で突き抜けていた人たちの共通点〜成績を上げるプロセスはお花を育てるのに似ている!②

こんにちは!

コーチの黒田です!

 

 

 

 

黒田コーチのプロフィールはこちら

↓↓↓

https://jukencoaching.com/about_kuroda/

 

 

梅雨で外に中々外出しようにも

外出できない日が続きましたが、

そういう時は家でネットフリックスで

中々時間が取れなくて、観れなかった

映画を観て過ごしていました。

 

 

さて、以前のブログでは、

成績を上げるプロセスはお花を育てるのに似ている

という話をしました。

↓↓↓

成績を上げるプロセスはお花を育てるのに似ている!①

 

 

そして、以下のように話を整理しました。

種=目標

土=学習環境

水=授業

肥料=参考書

 

 

さて、この中で成績を上げるのに

一番大事なのはどれだと思いますか?

みんなが絶賛する参考書?

やっぱり一流講師の授業?

いやいや学習環境のよさでしょう。

うーん、どれも大事なことに変わりありませんが、

一番は間違いなく目標です!

 

 

ものすごく重要なので、もう一度繰り返します。

一番大事なのは目標です!

どれだけ大きな目標を自分で設定して、

その目標達成をいかに確信できるか。

 

 

 

 

成績を上げるコツは究極的にはここに集約されます。

種=目標がないところに、

どんなにいい土=学習環境、水=授業、肥料=参考書

を持ってきても何も起こらないです。

まあ、

実際のところは

種=目標がまったくないということはまずないので、

土=学習環境、水=授業、肥料=参考書の力で

一応成長します。

たとえ種=目標が小さくても、

土=学習環境、水=授業、肥料=参考書の力でも、

ものすごく難しいところを受験しないのであれば、

どうにかなってしまうこともあります。

 

 

ただ、こういう場合、

合格した後勉強が続かなくなることが多いです。

 

 

逆に、

大きな種=大きな目標をしっかり持っている子は

土=学習環境、水=授業、肥料=参考書が

多少ダメでもしっかり成長します。

今まで勉強をサボっていたけれど、

1年かそこらで急激に成績を上げる人は

だいたい大きな目標を設定し、

その目標達成を確信している人であることは

間違いないと思います。

 

 

なぜ、そんなことを言えるかと言うと

母校の大学でそんな人をゴロゴロ見ているからです。

高校中退したけど、

人生でしっかりした成果を残したいと思って

高認を取って現役合格した人、

やんちゃしすぎて

警察に補導されたこともあるけど、

人生逆転するために一念発起して勉強した人、

家族に大病の人がいて、

なんとから楽させるために

いい就職先を見つけたいと思い勉強した人。

理由は様々ですが、

大きな目標を

本気で叶えようと思っている人たちでした。

 

 

こういう人たちを見ていると、

種=目標がしっかりしていると

他の部分は自ずとどうにかする方法を考えるようです。

彼らは学習環境も授業も参考書情報も

どれも乏しい中で勉強をスタートしたと思いますが、

ネットと友達をフル活用して、

最適な勉強法を見つけ、

気合で勉強していたように思います。

 

 

さて、

種=目標が大事ということが

なんとなくは分かったけれど、

僕の挙げた例が極端すぎて極端すぎて、

いったいどうすればいいの

と思った人は少ないと思います。

 

 

また、

人によっては目標を持とうみたいな話は

どこかしんどさを覚えるかもしれません。

 

 

僕の挙げた例の人たちは

人生を本気で変えるという目標

を持っていた人たちですが、

別にそんなレベルの目標を

いきなり持つ必要はないです。

というか、

人生を本気で変えたい

といったレベルの目標は

気楽に持てるものではないです。

 

 

では、

いったい最初はどのように

目標設定すればいいのでしょうか、

また、家庭でお子さんの目標設定に関して

どのようなサポートができるのでしょうか?

 

 

少し考えてみると

成績アップのコツが分かるかもしれません。

次回は目標設定に関して、

掘り下げていければと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

黒田コーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3NmanLF

 

 

************************************************

おうち受験コーチングよりお知らせ

************************************************

「この夏、自習は”超自習”へと進化する」

おうち自習室~2022夏

お申し込み受付中

↓↓↓

https://bit.ly/3anm1qg

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

勉強のやる気がない時は〇〇するといい!

勉強のやる気がない時は〇〇するといい!

こんにちは。

おうち受験コーチング

認定コーチの鈴木ひできです。

 

 

ひできコーチの紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_suzuki/

 

 

わが子がやる気が出なく、

なかなか勉強をしない時ってありませんか?

 

 

「今日の宿題は大変そうだな」

「今日は疲れたな」

「昨日頑張ったから」

お子さんにも色々な理由があると思います。

 

 

本人はやらなくてはいけないと思っていても

気が乗らなくて行動できない時!

「もう勉強する時間でしょー」

と思わず声かけをしてしまうんですよ

と言われる親御さんも多くいらっしゃいます。

 

 

ドイツの心理学者クレペリンが発見したと言われる

「作業興奮」という人間の作用があります。

簡単にいいますと、

「やる気があるから行動するのではなく

行動するからやる気が出る。」

ということだそうです。

 

 

例えば、

「よ〜し始めよう」と

やる気が出るまで待つのではなく

まずは行動を始めるということ。

 

 

みなさんがもしお子さんだったら

どういう行動をしますか?

私がおススメしているのは、

とりあえず勉強机に座るということです。

 

 

ここで大切なのは、

やる気が「ある、ない」に関わらず

時間になったら勉強する体制になる

ということです。

 

 

次にスモールステップという考え方。

スモールステップは

ベイビーステップとも言われています。

まずはほんの小さな一歩!

簡単なことから始めるです!

 

 

漢字一つ覚えるような暗記や、

教科書をとりあえず1ページだけ読むとか!

最初から完璧を求めなければ

行動をできることはたくさんあるはずです。

とりあえずベイビーステップで

小さな一歩を踏み出してみることが大切です。

 

 

まとめ

やる気が出ない時は

無理にやる気を出すのではなく

とりあえず勉強机に座る

簡単にできることから始める

やらなければいけないことに

少しずつ近づいていく

 

 

みなさんいかがでしたでしょうか?

どんな時でも時間になったら

勉強机に座るところから始めてみませんか!?

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

追伸

ちょっと余談ですが私は、

「楽しいから笑うのではなく笑うから楽しくなる。」

を実践しています。(笑)

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

成績を上げるプロセスはお花を育てるのに似ている!①

成績を上げるプロセスはお花を育てるのに似ている!①

こんにちは!

コーチの黒田です!

 

 

黒田コーチのプロフィールはこちら

↓↓↓

https://jukencoaching.com/about_kuroda/

 

 

お花がキレイな季節ですね。

天気のいい日は公園でのんびり花でも見て、

リラックスするのもいいですね。

 

 

さて、ここで、

どうやって花が成長し、咲くかを思い出してください!

 

 

何をこいつは突然聞くんだと思いました?

 

 

当たり前ですが、

種を適した土に植え、

水と肥料を適切に与え、

丁寧に日々の面倒を見ると

立派な花を咲かせます!

 

 

 

 

この成長プロセスを無視するとどうなるかといえば、

種がなければ、

そもそも何をやっても花は咲かない。

植えた土がまずければ、

ちゃんと芽吹かない。

水と肥料がまずければ、

立派に花は咲かない。

丁寧に日々の面倒を見ないと、

思わぬ傷がつきかねない。

 

 

気づいていますか?

これは成績を上げるプロセスでも同じですよ!

 

 

目標を決めて、

ちゃんとした家庭学習の環境を整えて、

いい授業・参考書で勉強して、

日々のケアをすると、

しっかり成績を上げてくれます!

 

 

ここでは、

種=目標

土=学習環境

水=授業

肥料=参考書

ですね!

 

 

この成長プロセスを無視すると、こんな感じになります。

 

 

目標がなければ、

ちゃんとした成果をそもそも得られない。

家庭学習の環境がまずければ、

勉強のスタートで躓く。

下手な授業・参考書で勉強すると

勉強の効果がいまいち。

日々のケアを怠ると、

どこかで思わぬミスをする。

 

 

面白いほど、

お花を育てるのと成績を上げるプロセス

は似ていますね!

 

 

こういう比較をすると、

お子さんの勉強のどこが問題か、

今何をするべきか見えてくるかもしれません。

 

 

詳しくは次回以降の記事で書きますが、

勉強で悩む人はたいてい

参考書や授業といった、

お花を育てる際の水や肥料の部分

に注目しがちです!

 

 

ですが、

問題はより根本のところにあったりします。

何が根本のところにあたるかは

少し考えてみてください!

 

 

それでは、

次回以降の記事を楽しみにしていてください!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

黒田コーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3NmanLF

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

理解度とは、頭の〇〇のこと?

理解度とは、頭の〇〇のこと?

こんにちは。

「おうち受験」コーチの柴田です。

 

 

 

 

今回は

「理解力を育てる」

と言う観点から書いてみます。

 

 

頭が良い

と言う時に真っ先にイメージされるのが、

理解力ではないでしょうか。

 

 

では、

理解力とは何か

をまず考えてみましょう。

 

 

私たちは、新しいことを学んだ時に、

「わかった」とか「わからないと」と感じます。

なぜ、

「わかった」とか「わからない」

と感じるのかわかりますか?

 

 

 

 

「わかった」とか「わからない」と感じた時、

私たちの頭の中で

何が起こっているのかわかりますか?

 

 

私たちは、たくさんの知識を頭の中に蓄えています。

その知識は

乱雑に頭の中に蓄えられているのではなく、

知識のネットワークとして

それぞれの知識を関連付けて蓄えています。

 

 

私たちの頭の中には、

知識の構造があります。

理科の知識の構造とか

数学・社会の知識の構造とかがあるのです。

他にもたくさんの知識の構造がありますが、

その構造同士も

お互いに関連付けられているのです。

 

 

それらの知識の構造の基盤をなしているのが、

私たちの思考言語である

国語の知識構造です。

 

 

新しい知識が入ってきた時に、

すでにできあがっている私たちの知識の構造に

新しい知識が関連付けられて、

すでにある知識の構造にうまくつながり、

知識の構造の中に取り込まれた時、

私たちは、

「わかった」と感じるのです。

 

 

逆に、

新しい知識を関連付けるための知識が欠けていると、

新しい知識は

すでにある知識の構造と関連付けることができずに

「わからない」と感じるのです。

 

 

小学生で分かりやすい例を上げると

「割り算」が分からないと

「少数」や「分数」はまるで理解できません。

 

 

 

 

また、

「少数」や「分数」が分からないと

「割合」がまるで分かりません。

「少数」や「分数」の計算ができたとしても、

「少数」や「分数」の意味が良く分かっていないと

「割合」は難しく感じます。

 

 

「割合」は

けっこう小学生が難しく感じることが多いのですが、

これは「少数」や「分数」の計算が苦手だったり、

意味が十分に理解できていなかったりすることが原因です。

計算できて安心していても、

機械的に計算ルールだけを覚えて、

意味がしっかり理解できていない場合が多いのです。

 

 

「割合」が難しい子には、

少数や「分数」の意味に戻って教えると

誰でも理解できるようになります。

「割合」がわからないということは、

頭の良し悪しではなく

「割合」を理解するための

基礎知識が欠けているということなのです。

 

 

逆に言うと、

基礎知識を順番にきちんと習得していけば

誰にでも「割合」は理解できるのです。

 

 

ですから理解力とは、

頭の良し悪しではなく、

新しい知識を理解するための知識をもっているかどうか

にかかっているのです。

 

 

小さいころからたくさん勉強して

たくさんの知識を蓄えてきた人は

理解力が強く、

知識の少ない人は

理解力が弱くなるのです。

 

 

ですから、

がんばって勉強することは、

新しい内容を理解するだけでなく

頭を良くすることでもあるのです。

 

 

まずは、

自分の興味のある分野からでも、

本を読んで知識を増やしていきましょうね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC