それって本当にケアレスミス!?

それって本当にケアレスミス!?

こんにちは!

おうち受験コーチング認定コーチのかおりです。

あなたのお子様は、テストが返却された後に、

こんな計算をしたことがありませんか?

 

 

「ケアレスミスがなかったらプラス◯点だったのに!」

・・・と。

 

 

それ、本当に、ケアレスミスですか?

 

 

 

いえ!

 

 

 

多くの生徒さんを見ていますと、

結構な確率で、

「本当には分かっていなかった。」

問題をケアレスミスとおっしゃるのです。

 

 

周りの先生達も、「ケアレスミスじゃない」と

本心では思いつつも、

 

 

生徒さんのモチベーションを保たせるために

「惜しかったね〜!」なんて言ってしまったりします。

ケアレスミスでないのにケアレスミスだと

本人が思っていると、どうなるか?

 

 

 

次もまた「同じケアレスミス」をします。

もはや、ケアレスミスって何…?という

話になってきますよね(汗)

おうち受験コーチングでは、

「そもそもミスってどういうこと?」

「ミスを防ぐにはどうしたらいいの?」

について、分かりやすく解説しています。

 

 

 

あなたのお子様のケアレスミス(?)。

いつもより注意深く、観察してみてくださいね。

 

 

それではまた次回のブログでお会いしましょう。

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

体験談詳細

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

https://youtu.be/f9Xx3rnrQCM

その他のお客様の声はこちら→

学習時間は、長い方が良いと思っていました

学習時間は、長い方が良いと思っていました

今日は、【家庭学習の時間】について

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

先日、プログラムを受講しているお母さんに

学習時間の目安をお話ししました。

 

 

 

そうしたら、

「え!?それだけで良いの!?

長くやった方が良いと思っていました」

というコメントをいただきました。

 

 

 

確かに、お子さんの勉強に熱心なお母さんほど、

「家庭学習の時間は、長い方が良いのではないの?」

と思っていらっしゃる方が多いです。

 

 

 

でも実は、家庭学習時間は、

長過ぎても、

あまり効果がありません。

 

 

 

 

だいたい、学年ごとのベストな学習時間がありますので、

おうち受験コーチングのプログラムでは、

その時間内に、やるべきことがちゃんとやり切れるように

学習効率をあげていく、ということをします。

 

 

 

なぜ、そうするのか?

 

 

 

ある、中学3年生のお子さんの話をしますね。

 

 

 

その子は、とても勉強熱心で、お母さんもとても熱心で、

小学校の時から、毎日長い時間をかけて

勉強をしていました。

 

 

学年が上がるにつれ、

内容も難しくなりますし、

宿題の量も増えていきます。

 

 

 

それに合わせて、学習時間もどんどん伸びていき、

私がお会いした中学3年生の9月には、

なんと、24時を過ぎても宿題が終わらない

という日々が、毎日のように続いていました。

 

 

しかも、

それだけやって、

成績がうなぎ上りだったら良かったのですが、

成績は、現状維持をするのがやっとのこと。

 

 

 

目標としている高校は通知票でオール4が必要なのに、

通知票も3が並んでいるという状況でした。

 

 

 

これはまずい!と思った私は、

すぐに勉強のやり方を変えてもらうことにしました。

 

 

 

時間をかけるべきところ、

かけないところ、

通知票の点数を上げられそうな教科、

キープするのが妥当という教科、

 

 

 

全部戦略を立てて、

無駄な勉強を一切やめてもらいました

 

 

 

そうしたら、どうなったか・・・・

 

 

 

大幅にテストの点数が上がり

内申点(通知票)が7もUPしたのです!!

 

 

 

 

学校の先生からは、「こんなに短期間で、

こんなに成績が上がった子は、

教員人生で初めてみました

と言われたほど^^

 

 

 

 

 

 

これって、

お仕事でも同じですよね。

 

 

 

残業が常態化して、

毎日長時間労働が当たり前になると、

どんどん効率が下がっていく。

 

 

 

一方で、残業禁止!!と言って、

定時までに仕事を終わらせようとすると、

勤務時間内の効率は上がる。

 

 

 

 

時間にフォーカスされるより、

効率や成果にフォーカスされる方が、

モチベーションだって、上がりますよね。

 

 

 

こうやって、

時間あたりの効率を考えて学習することが

いつ生きていくるかというと、

内容が難しくなってくる、

中学や高校に入ってからなんですね。

 

 

 

だから、皆さんのお子さんが

もしまだ小学生だったら、今のうちから。

 

 

もし、もう中学生以上だったら、今すぐに。

 

 

効率を意識した学習を

進めてみてくださいね^^

 

 

 

 

 

 

 

無料メルマガへの登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–

学校の勉強はできるのに・・・と泣いていた小6受験生のママ

学校の勉強はできるのに・・・と泣いていた小6受験生のママ

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

学校の勉強はできるのに・・・と泣いていた小6受験生のママ

 

 

 

さて今日は、

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
「学校の勉強はできるのに・・・」と
泣いていた、小6受験生のお母さん
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

のことをお話ししたいと思います。

 

 

 

あれはもう10年以上前、

私が家庭教師の派遣会社に就職して

すぐのことでした。

 

 

当時、私の担当生徒の中に、私立中学受験を

目指す小学6年生の女の子がいました。 

 

 

その女の子の志望校は、偏差値55なのに、

その子の偏差値は、42位をずーっと

ウロウロしていました。

 

 

本人は、

有名な大手進学塾に通っており、

楽しく塾には通い、

宿題も頑張ってこなしていました。

 

 

それでも成績が上がらないので、

塾だけでは足りないと判断したお母さんが、

プロの家庭教師をつけました。

 

 

そのプロ教師は、たくさんの生徒を指導した

経験があり、合格実績も豊富

生徒との性格的相性もバッチリでした。

 

 

でも、何ヶ月プロの先生から教わっても、

その子の成績は伸びませんでした。

 

 

 

 

 

 

私は、この子のことがとても気がかりで、

足しげく生徒宅に通い、

 

 

先生とも、

何度も何度も打ち合わせをしました。

 

 

 

でも当時の私には、

その子の成績不振の原因がつかめず

結局、成績を上げることができなかったのです。

 

 

 

そんなある日、おうちに面談に行った時に、

こんなことがありました。

 

 

お母さんが涙を流しながら

こうおっしゃったんです。

 

 

「また、この偏差値です・・・

学校の成績は良いのに、

なんででしょう・・・」

 

 

本人はとても頑張っているのに、

努力が報われなくて・・・・

お母さんも辛くて、しんどくて・・・

 

 

そんな、どうしようもない

涙でした。

 

 

私はこの時ほど、自分が無力なことが

悔しいことはありませんでした。

 

 

 

もう2度と、

 

 

 

「成績が上がらない」とは言わせない!

お母さんを悲しい目に合わせない!

 

 

 

そう、心に誓いました。

 

 

 

そこから私は、

片っ端から受験や学習、

脳科学や心理学に関する本を読んで、

過去問や問題集を分析し・・・

 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

その他のお客様の声はこちら→

 

—–

知らなきゃ損!子どもの成績を上げる3つのポイント

知らなきゃ損!子どもの成績を上げる3つのポイント

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

 

知らなきゃ損!子どもの成績を上げる3つのポイント

 

 

 

「お勉強のコンサル」って何をするんですか?

 

先日、そんなお問い合わせをいただいたので、

前回から、「個別相談」の内容についてお伝えしています。

 

<9つのタイプ別>

お母さんの声がけで

毎日1時間机に向かうようになる

オンライン個別相談

 

90分の相談の中で、

3つのことをお話しいたします。

 

①<9つのタイプ別>

やる気を引き出す 声がけの仕方

 

②伸び悩みの原因を特定し、

お子さんにとってのベストな学習方法

 

③お子さんの望む未来に対して

最適な受験目標を設定し、

そこから逆算して今やるべきこと

 

今日は、二つ目についてです。

 

あなたは、

お子さんの伸び悩みの原因、

もしくは、

こうすればもっと伸びるというポイントを、

的確に言えますか?

 

 

実は、子どもの成績が伸びるのには

3つの要素が必要です。

 

そして、この3つは

掛け算になっていて、

その掛け算の結果が、

今の成績や学力になります。

 

【A×B×C=今の学力】

 

3つの要素の一つが、

「学習量」

ですが、

 

多くのお母さんが注目するのが

この「学習量」です。

 

 

夜、自宅でわが子と過ごしていると、

ほとんどの時間をYOUTUBEを見たり

ゲームをしたりして過ごしている。

 

それで成績が悪いと、

YOUTUBEやゲームの時間が長すぎて、

勉強時間が少ないんだろう。

とそう感じます。

 

確かにそれも伸び悩みの原因の一つ

かもしれません。

 

 

しかし、いくら学習量を増やしても、

ほかの2つが改善しない限り、

成績は上がりません

 

より正確にいうと、

本当は他の条件が整えば

10の努力で10成績が上がるのに、

 

他の条件が整わないために

10の努力で1や2しか成績が上がらない

という状況になります。

 

【努力しても成果が出ない】

状況が続くと、

子ども達はどうなるか・・・

 

そう、勉強が嫌いになります(笑)

 

いやその前に、勘のいい子は、

「これ続けても成果でないよな」って

直感で感じて、

そもそも取り組みすらしない

ケースもあります(笑)

 

私は、こんな子ども達を、

ごまんと見てきました。

 

そして、

こんな小さなことで、

才能豊かな子どもたちが

自分の可能性を狭めている、

ということが

本当に残念でなりませんでした。

 

 

さらに驚いたのは、

「もっとやりなさい」

って声を掛けるのは

お母さんだけじゃなくて、

塾の先生もだったりするんです。

 

 

塾の先生がなぜそういう声がけをするかの

裏話は以前のメルマガ(塾って、こんなもん!?)にも

書きましたが、

 

塾としての経営的な理由だけでなく、

そもそも塾の先生自身も、

若い頃は「勉強量を増やす」という方向で

ゴリ押しして勉強してきた人が

多いんです。

 

 

幸い(?)私は、

興味のないことや

成果の予測ができないことをやると

白目になってしまうタイプだったので、

ゴリ押し勉強はあまりしませんでしたが、

 

 

量によるゴリ押し勉強って、

子どもの性格によってはたやすく出来ちゃうし

それが習慣になってしまえば、

「成果が出なくても、言われたことをやり続ける」

習慣がしっかりと身についてしまいます。

 

 

これってね、

実は社会に出てからすごく困ります

 

 

日本は、労働時間に対しての生産性が

とても低い国です。

 

この習慣を子どもに身につけさせるというのは、

【長時間働く割には

生産性の低い大人】

を育てていることとイコールだよ

 

ということを、お母さんには知って

おいて欲しいなと思います。

 

 

 

ゴリ押し勉強をやめれば、

勉強って、本当はもっと簡単だし、

楽しいものです。

 

スポーツや芸術の世界よりも、

成果を出すためのやり方がシンプルで、

正しくやれば確実に成果が出ます。

 

そして努力したことは

将来必ず、自分にかえってきます。

 

だからまず、

なぜわが子が今伸び悩んでいるのかを知り、

そのボトルネックに対して

正しい対処をすること。

 

そうすれば、子ども達は

こんな風に変わります。

 

★「成績上がりそう!」と思えました。

 

★早速、次の定期テストに向けて、

アドバイスに基づいて行動スタートしました!

 

★言われたやり方でやってみたら、

すんなり取り組んでくれました!

 

 

子ども達は

「勉強って、簡単じゃん!!」

「勉強って、なんか楽しいかも!!」

「自分もできるかも!!」

って感じると、

その瞬間に目が

キラッと輝くんです。

 

私、この瞬間が大好きです^^

 

 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

その他のお客様の声はこちら→

 

—–

中3の12月の段階で、bとdの区別がつきませんでした

中3の12月の段階で、bとdの区別がつきませんでした

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

 

#中3の12月の段階で、bとdの区別がつきませんでした

 

もう10年くらい前でしょうか。

 

ある年のクリスマスに
中学3年生の男の子の学習相談に伺いました。

      
受験まであと1ヶ月しかないのに、
本命の私立高校まで、
偏差値が15も足りていません。

私はまず、
偏差値だけでは分からない、
学力の傾向が知りたいと思って、
テストの解答用紙を見せてもらい、
さらにいくつか質問をしました。

      
解答用紙から、
もしかして・・・と思った私は、
「アルファベットの小文字を
Aから順に書いてみて」
と伝えました。

 

        
そうしたら・・・

       


bとdのところで迷い始めたのです。

     
r以降も、書けはするけれど
順番が怪しい・・・

      
それをみてご両親は、
顔から血の気がサーッと引いていきました。

というのも、その子は、
小学5年生から塾に通っていたのです。

しかも、集団塾ではなくて、
1対4くらいの個別指導塾です。

その塾に、小学生から週3−4回通い、
夏休みにはほぼ毎日授業を入れて頑張っていました。

     
それなのに、誰も

「アルファベットが書けていない」
ということに気づかない。

いや、気づいていたのかもしれませんが、
誰もそこに手を打とうとしていませんでした。

       
勉強のやり方もメチャクチャ、
行きたい高校はあるけど勉強はしたくないという
この子をお預かりして、

一月で偏差値を10上げて、
なんとか第二志望の高校へは
合格することができました。

     
何をお伝えしたかったのかというと、
「塾にお任せ」
じゃダメですよ、ということ。

 
塾に行かせるとしても、
何の目的で行かせるのか、
子どもに合っているのか、
そういうことを考えて、

進捗の管理は、
塾ではなくて親の方でしないと、
大損することになります。
(このご家庭は、夏期講習だけで
100万円払ってます)

 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

その他のお客様の声はこちら→

 

—–

勉強中に、空想の世界に行ってしまうのですが・・・どうしたら良いでしょうか?

勉強中に、空想の世界に行ってしまうのですが・・・どうしたら良いでしょうか?

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

 

勉強中に、空想の世界に行ってしまうのですが、どうしたら良いでしょうか?

 

 

先日、小学6年生のお子さんのお母さんより、

こんな質問を受けました。

 

「勉強をしていると、たまに空想の世界に行ってしまうのですが、

どうしたら良いでしょうか?」

 

いや私も、よく空想の世界に行ってしまっていた

タイプなので、お気持ちはよく分かります(笑)

 

でもね、出来るだけ集中して取り組める時間を

長くしていきたいですよね。

 

 

実は空想の世界に行ってしまうのには、

2つ理由があります。

 

1つは、今学習している内容が

難しすぎる(やさしすぎる)場合です。

 

難しくて思考が途切れたり、

簡単すぎてあまり頭を使わなくても

良いものだから、

どこかに飛んで行ってしまうんですね。

 

その場合は、お子さんのレベルにあった

問題にすり替えてあげましょう。

(レベルにあったものの見極め方は

別のところで)

 

そしてもう一つは、

学習にメリハリがつけられていない

場合です。

 

この場合は、

5分・10分という時間、

グッと集中して問題を解き、

その時間で回答を出す。

 

具体的には、

漢字や計算のドリルを時間を計って解く

読解問題を時間を計って解く、

そんなトレーニングを積むことで、

 

短時間でも集中して学習する経験値が上がり、

集中したい時に集中できるように

なっていきますよ。

 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

その他のお客様の声はこちら→

 

—–