算数を考えるとは?

算数を考えるとは?

こんにちは

本日は、井上が担当させていただきます。

 

 

 

 

おうち受験コーチングの認定コーチをしながら

算数・数学専門の個別指導塾で

就学前の幼稚園から高校3年生までの生徒さんと

毎日、算数・数学を学習している中で

ご家庭ですぐに実践できることや

参考になる事をお伝えいたします。

 

 

小学5年生の生徒さんが

「台形の面積を求める時、

2で割るのを忘れていた」

と残念そうに話してくれました。

 

 

そこで

「台形の時はどうして2で割るのかな?

正方形や長方形は割る?」

と聞くと

「正方形は2では割らない、

えっ、どうして台形は割るのかな?」

と、考え込んでました。

 

 

そこで、質問を変えます。

「そもそも面積ってなあに?」

「そんなの考えたことない」

「面積は広さかな?」

「面積は面積に決まってる」

「大きさ?」

などなど

十人十色の答えが返ってきます。

 

 

「広さってなあに?」

「大きさってどんなこと?」

と畳みかける質問に

考え込みながらも

何とか答えを見つけようとします。

 

 

質問されるのに慣れてくると

無言にならず、思いついたことを

言葉にして出せるようになってきます。

口にする事で、

新たな考えが浮かぶと経験しているからです。

 

 

自分の言った答えを聞いて

「変な答え」「面白い」「あり得ない事だ」

などと言いながら

大笑いすることもよくあります。

 

 

間違える事を恐れず

間違える事で一歩前に進めると

分かっているからです。

 

 

次に

「面積の単位は?」

と聞くと

「平方センチメートル」

ほぼ即座に答えが返ってきます。

 

 

「具体的にどんな大きさ?」

と尋ねると

「一辺が1センチメートルの正方形の大きさ」

ここで用意した方眼紙を出します。

 

 

 

 

「一つ一辺が1センチのタイルと考えて

タイル2つ分では?」

「2平方センチメートル」

そこで、適当な長方形を書いてもらい

正方形の数を数えてもらいます。

 

 

数えながら、

タイルの数が広さに相当し

縦に2個 横に3個

並んでいるから

2×3から6個

すなわち6平方センチメートル

だから、正方形・長方形の面積は

縦×横で求められるのだ

と、気づいてきます。

 

 

長方形・正方形の面積の公式は

縦×横 と教わり

問題に与えられた数値から

解いていくのは

あっという間に出来ます。

 

 

時間はかかりますが

覚えるだけでなく

どうしてこのような公式になるのかを

自分自身で考えて

試行錯誤し

見つけていけるのです。

 

 

試行錯誤してつかんだ物は

忘れることは決してありません。

 

 

このように

考える過程を楽しみ

自らつかんでいくのが

本来の学びの姿ではないでしょうか。

 

 

次回は、

生徒さん自らが

次に、三角形・平行四辺形

ひし形・台形の面積を

どうやって考えていったかについて

お話していきますね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

井上コーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3NpYS5F

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

魔法の言葉遣い

魔法の言葉遣い

こんにちは。

今回は、コーチ見習いの柴田がお送り致します。

 

 

 

 

私は、おうち受験コーチングを学びながら、

栃木県で学習塾を経営しております。

 

 

新年度が始まりましたね。

新しい目標を決めたりと、

意欲が高まる季節ですね。

 

 

そこで、

今日は、

皆さんの目標や夢が、

叶えやすくなる方法をお伝え致します。

 

 

私は、毎年12月に

一人合宿というものを行っております(笑)

1月1日に、目標を決めるのではなく、

12月中に翌年の1月1日から行動できるように、

目標を決めます。

 

 

この時に大切なことがあります。

それは「言葉」です!

 

 

例えば、ある目標を決めた時に、

「これは出来ないな」と言えば、

その言葉の通り、

「これは出来ない」と自分自身で勝手に判断して、

出来なくなります。

 

 

逆に、

「これは、どうすれば出来るようになるのか!」と言えば、

具体的に、

「これをどうやって達成しよう」と気持ちが変わります。

 

 

そうなのです!

この言葉の違いがポイントなのです。

自分の感情はプラスにするかマイナスにするかは、

自分の言葉次第なのです。

 

 

だから、いつもポジティブな人は、

言葉もポジティブです。

受験勉強をしていると、

難しい問題にぶつかります。

 

 

その時、

どんな言葉を使うかです。

「こんなの無理!」と言えば、

この言葉が現実になり思考も行動を止まってしまいます。

 

 

しかし、

「難しいけど、先生に聞いてみようかな?」と言えば、

先生に質問をすると言うように、

行動が変わりますね。

 

 

一見、難しそうに見える問題も、

言葉を変えれば、

一瞬で現実が変わりますよ。

 

 

新年度が始まりました。

せっかく新しい気持ちでいる今だからこそ、

ご自身の使う言葉も変えてみてください。

ポジティブな魔法の言葉使いになってください♪

目標達成に近づくと思います。

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

あたりまえの基準?

あたりまえの基準?

こんにちは。

 

 

今日のブログは、

認定コーチのツダコーチがお届けします。

 

 

寒い日が続いていますが、お元気ですか?

寒いのもイヤですが、

私はひどいスギ花粉症なので、

暖かくなるのも悩ましいなぁと、思っています。

 

 

今回は「あたりまえ」という言葉について

考えてみましょう。

 

 

日常生活でも

「そんなのできるの、あたりまえでしょ!」

と言ったり

「え~、そんなあたりまえのこともできないの?」

と言われたりしますよね。

 

 

でも、この「あたりまえ」は、

人によって基準がかなり違います。

 

 

例えば中学生だったら、

先生は漢字や英単語を覚えるのを

「あたりまえ」だと思っています。

 

 

抜き打ちで漢字テストや英単語テストをやると、

生徒は「覚えていないっすよ、ムリ~」という感じで、

暗記していないのが「あたりまえ」だと思っています。

 

 

昔から

“先生の常識は、生徒の非常識”

という言葉もあるくらいで、

両者のギャップはかなり大きいんです。

 

 

他にも、テストが返されると成績の良い子は、

自分のまちがえた問題に着目して、

どうすれば、次回は正解できるかの改善策を考えます。

 

 

しかし、成績のあまり良くない子は、

自分のできた問題に着目して、

“ここはできたぁ!”と満足していることが多いんです。

 

 

それでは、

成績をアップさせるためには、

どうすれば良いのでしょうか?

 

 

「あたりまえの基準」を

今より上げれば、良いのです。

 

 

漢字や英単語は、国語や英語の基礎なので、

覚えるのを「あたりまえ」にしましょう。

 

 

あなたといっしょに遊んでいる友達で成績の良い子は、

漢字や英単語を一生懸命に勉強し、覚えています。

その子は覚えるのが

「あたりまえの基準」になっているんです。

 

 

その友達が、今はあまり勉強していなくても、

小さい頃に“漢字検定試験”の勉強をしていたとか、

“帰国子女”でアメリカに3年間暮らしていたなんて、

事情があったりします。

 

 

あなたが成績をアップさせたいのなら、

基本事項を正確に理解し

習得することを「あたりまえ」にしてください。

 

 

そして、習慣化するためには、

起床後・学校から帰ってすぐ・夕食前などと

やるタイミングを決めて、

2週間くらい続けてみましょう♫

 

 

それでは、元気でお過ごしください!

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

学びのアンテナを広げよう!

学びのアンテナを広げよう!

こんにちは!

おうち受験コーチング協会

認定コーチの黒田です!

 

 

https://jukencoaching.com/about_kuroda/

 

 

12月にもなり、

いよいよ受験本番といった季節の到来です。

 

 

そして、年末ということで

今年いろいろやり残したことを終わらせるぞ!

今年ももうこれが終わっちゃう!

と思う時期です。

 

 

いやー、僕としては

今年の大河ドラマ『青天を衝け』が

もう終わってしまうではないか

と嘆いている次第です・・・

 

 

なぜにこんな話をするのか、

今からお話ししますね。

 

 

『青天を衝け』は

日本資本主義の父と称される

渋沢栄一(1840ー1931)の人生を描いた作品ですね。

 

 

 

 

*吉沢亮さんが演じると

イケメン補正が半端ないですね(笑)

 

 

渋沢栄一はビジネスで大成功を収めた人ですが、

彼は決してお金儲け第一主義に走ることなく

社会を豊かにすることを目指した

高潔な人物でした。

 

 

彼がなぜそのような人物になったのかを、

今回の大河は青春の爽やかさとともに

伝えていたのではないでしょうか。

 

 

受験のことを考えても、

今年は渋沢栄一に注目すべき年かもしれません。

 

 

というのも、

渋沢栄一は2024年から福沢諭吉に代わって

新しい一万円札の顔になるからですね。

 

 

 

 

こういうのは中学入試の時事問題で

関連事項が問われそうなところです。

 

 

今の一万円札の福沢諭吉について問う。

他の新紙幣の人物の業績を問う。

特に新千円札の北里柴三郎は

ペスト菌の発見者でもあるので

ものすごくタイムリーな人物です。

 

 

といろいろ問題が作れそうです。

 

 

こういう問題を学校が問うのは

社会の勉強をただ暗記科目としてだけ勉強していないかな?

ちゃんと世の中に関心をもって勉強しているかな?

というところを見極めたいからですね。

 

 

合格したあとも

興味関心をもって勉強していける生徒を、

学校としては欲しいのです。

 

 

都市部に特に顕著だと思いますが、

塾の勉強をして、

とにかく点を上げる勉強だけしたような生徒を、

学校は嫌う傾向があります。

 

 

正直学校は行ってから

燃え尽き症候群になってもらっても

学校としては困りますからね。

 

 

あと、

AIで仕事が今後がどうなるか分からないので

自分で学んでいく力を身につけましょう、

教養をしっかり身につけましょう、

という世の流れがあるので、

やはりそれに相応しい人間を育成したい

という思いは傾向として見られるかなと思います。

 

 

そのため、

学校によっては設問を工夫をして、

型にはまりまくった勉強しかしていない生徒を

ふるいにかけていい生徒を確保しようと躍起になっています。

 

 

さて、こうなると

どうすればその学校の基準を越えられるのだろうか

というのが気になるところです。

 

 

もちろん日々の予習・復習は大事ですが、

今回の話で大事になってくるのは

【学びのアンテナ】を日頃から広げておく

ということでしょう。

 

 

親子でニュース、新聞について話す、

時間のある時図書館、美術館に行く

といった学びが大事です。

 

 

テストの点数を上げるのに

即効性があるわけではないですが、

こういう日頃の学びが

合否を左右することもあるというのは、

頭に入れておいてもいいと思います。

 

 

おうち受験コーチングの講座では

このような学びが

お子さんの地頭を鍛えるのに役立つよ

という話もあるので、

詳細を知りたい方は

講座のほうで学ばれるのもいいかと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

人生の質を変えてしまう意外なもの

人生の質を変えてしまう意外なもの

こんにちは ^ ^

 

おうち受験コーチング協会

認定コーチのいくみです。

 

 

○○の秋ですね。

みなさんは何をイメージしましたか?

 

 

秋はおいしい食べ物がたくさんあるせいか、

より豊かな気分になるように感じます。

 

 

我が家では、登山の秋ということで、

筑波山に登ってきました。

 

 

 

 

山頂からの眺めは、

「もう最高!」

でした。

 

 

霞ケ浦の大きさを実感できたのはもちろんなのですが、

もう一つとてもいいものを見ることが出来ました。

 

 

さて何だと思いますか?

 

 

最後に書きますので、

ぜひ、このまま読み進めてくださいね。

 

 

本題に入ります。

 

 

何によって人生の質が変わると思いますか?

 

 

すぐに思いつくものとしては、

人間関係、環境、健康、収入、仕事、・・・

などでしょうか。

 

 

では、

人生の質を変えてしまう意外な物は何だと思いますか?

 

 

タイトルを見た瞬間から、

あなたの脳はずっーと答えを探していたはずなのですが、

何か思いつきましたか?

 

 

答えは、プライマリー・クエスチョンです。

 

 

???となった方

大丈夫です。

説明していきますね。

 

 

!!!となった方

コーチングをご存知の方かもしれませんね。

大正解です。

 

 

プライマリー・クエスチョンというのは、

自分が自分に最初にする質問のことです。

 

 

諸説ありますが、

人間は、一日に6万回も自問自答している

と言われています。

 

 

質問する自分

「今、何時かな?」

回答する自分

「そろそろ起きる時間だよね。」

 

 

質問する自分

「今日は、晴れてるかな?」

回答する自分

「天気予報は確か晴れだったな。」

 

 

という感じです。

 

 

では、

これを勉強中のお子さんのケースで考えてみましょう。

初めて目にする問題を解こうとしています。

 

 

質問するこどもA

「この問題は、できるかな?」

回答するこどもA

「難しそう。できそうにない。」

 

 

質問するこどもB

「この問題は、どうしたらできるかな?」

回答するこどもB

「難しそうだけど、

前に似たような問題があったような気がするな。」

 

 

いかがですか?

AとBで、その後の結果が同じになるでしょうか?

 

 

最初に「どうしたら」という一言が付くだけで、

できる前提で脳を働かせていきますが、

この一言がないと

できるかできないかの2択になってしまいます。

 

 

子どもにあげられるプレゼントの一つが、

上質なプライマリー・クエスチョンを

無意識にできるようにさせてあげること

と私は考えています。

 

 

ぜひ、普段の会話でも、

「どうすれば」

「どうしたら」

をプラスしてみてください。

 

 

今はお父さんやお母さんの言葉を聞いていますが、

いずれ、自分で自分に聞くようになっていきます。

 

 

最後に、

筑波山頂で見ることが出来た

もう一つのとてもいいものは、

関東平野でした。

 

 

本当に果てしなく真っ平に見えて、

これぞ平野でした。

地図で見ていたものを実際に目にすると

バシッと記憶に残ります。

まさに、アクティブラーニングですね。

 

 

おうち受験コーチングでは、

学習定着率が高くなるような勉強方法や

質問などのコーチングスキルもお伝えしています。

 

 

御縁ある皆さまに、

お会いできるのを楽しみにお待ちしています。

 

 

+++++++++++++++++++

毎月開催しておりました

”自ら机にむかい効率良く学習するための

環境設定・シンプルな学習法・親の声がけが

2時間半で分かる!オンラインZOOMセミナー”

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

大変・タイヘン・た〜いへん⁉

大変・タイヘン・た〜いへん⁉

だんだん寒くなってきましたが、お元気ですか?

今日のブログは、認定コーチをしています

ツダコーチがお届けします。

 

 

 

 

ツダコーチのプロフィールはこちら

↓↓↓

https://jukencoaching.com/about_tsuda/

 

 

 

子どもたちは

「勉強するのが、大変だ!」とよく言います。

 

 

それでは、ホントに“勉強するのは大変なのか”を

検討してみましょう。

 

 

まず、「勉強」の意味を確認しましょう。

 

 

勉強とは、

①学問や技芸を学ぶこと

②ある目的のための修行や経験をすること

③商品の値段を安くして売ること

④物事に励んだり、努力したりすること

⑤気がすすまないことを、仕方なくすること

を意味します。

 

 

子どもが、宿題をするときにやりたくないけれど、

お母さんや先生に怒られるからイヤイヤ取り組むと、

⑤の意味になっちゃいますね…

 

 

次に、「大変」の意味を確認しましょう。

 

 

大変とは、

①大きな異変

②大きな危険や損害をもたらすおそれのある重大であること

③苦労のはなはだしいことを意味します。

 

 

たしかに、

今までやらなかったことに新しく取り組むのは、

苦労することになるかもしれません。

 

 

でも、

物事に対する感じ方は、人それぞれです。

 

 

そこで、

私は大変がイヤだとは、限らないと思っています。

 

 

例えば、

赤ちゃんで立つことも歩くこともできなかったあなたが、

立ち上がるのに苦心し、

何度も何度も転んで大変な思いをして、

今やなんの苦労もなく歩いたり、

走ったりできるようになったのは、

大きな成長です。

 

 

つまり、

「大変」は、“大きく変わるチャンスだ!”

と捉えることもできます。

 

 

また、簡単にできることって、

面白くなかったりしませんか⁉

 

 

幼児は、追いかけっこをとっても楽しめるのが、

成長すると鬼ごっこになり、

缶けりにバージョンアップしないと、

面白くなくなったりします。

 

 

勉強も、単純なたし算では達成感を得られず、

解くのに苦労する大変な問題の方が、

面白く感じるようになることもあるんです。

 

 

今回言いたかったのは、

“大変だ”と感じたら、

“自分が大きく変わるチャンスだ!”と思って、

“前向きに取り組んでみましょう”ということです。

 

 

できなかったことが、できるようになると、

すごく幸せな気分を味わえるので、

ぜひトライしてみてください。

 

 

頑張るあなたを応援しています♪

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました^^