子どもが自ら動き出す【傾聴】とは

子どもが自ら動き出す【傾聴】とは

こんにちは ^ ^

おうち受験コーチング協会 認定コーチのいくみです。

 

 

 

 

味覚の秋の訪れとともに段々近づいてきました。

 

そう、中間テストです。

 

日に日にいや~な心の声が聞こえてきませんか?

 

 

そろそろ1週間前だけど、今日は勉強するかしら?

明日こそは勉強するよね?

一体いつになったら勉強始めるのかしら?

 

 

普段と変わらない我が子の様子に耐えかねて、

質問してみます。

 

 

「テスト勉強はいつから始めるの?」

 

すると

 

「そろそろ始めようかな。」

と、予想に反して素直な反応。

 

 

そして

ようやく問題集を開く姿に一安心した矢先、

聞きたくない弱音が聞こえてきます。

 

 

「あー、無理。

分からないから今日はやめようかな。」

 

 

すると、ついつい言ってしまいそうになるんです。

やる気を一瞬にして奪う強力な言葉を。

 

 

「だから、普段から少しずつ勉強しておけば

良かったじゃないの!」

 

 

もし、コーチングに出会っていなかったら

私は確実に言っていますね。

どうしても言いたくなるんです。

だって、正論ですから。

 

 

という事は、

実は、そんなことは子どもも当然

わかっているんですよね。

 

いきなり分からない問題だ。

どうしよう。

今日はもうやりたくない。

でも、やらないとまずいな。

テスト範囲は広いな。

ああ、失敗したな。

やっぱり復習しておけばよかったな。

 

 

自覚しているかどうかは別として、

本当は既に後悔しているんです。

 

 

ということは、

最初に親ができる大切なことは、

子どもをさらに追い詰めるのではなくて、

 

話を聴いて共感すること

 

なんですよね。

 

 

では、何と言えば良いのでしょうか?

ちょっと考えてみてくださいね。

 

 

私ならこんな言葉をかけてみます。

 

わからない問題があるんだね。

それはやめたくなるよね。

テストは範囲が広くて大変だよね。

やろうと思っただけでも

一歩前進したと思うよ。

お母さんに出来る事があったら言ってね。

 

 

コミュニケーションの第一歩は傾聴です。

 

 

発した言葉をストレートに受け取るのではなく、

心の中で思っている本当の気持ちを

想像しながら、

どうしたら目の前の人を勇気づけられるだろうか

 

我が子への思いと同じように、

御縁ある皆さまに

コーチングをさせていただいています。

 

 

親子のコミュニケーションの参考になれば嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

成功体験が導いた合格

成功体験が導いた合格

 

 

 

おうち受験コーチングのツダコーチです!

 

 

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

 

tsuda

 

ツダコーチは、

長年学習塾で講師として活動をしてきました。

ツダコーチのプロフィールはこちら

↓↓↓

https://jukencoaching.com/about_tsuda/

 

 

 

「元気があれば、何でもできる」というのは、

心構えとしてとても大切です。

明るく前向きに頑張りましょう!

 

 

 

今日は、現在高校1年生のA君について、

紹介しますね。

 

 

 

A君は、中3の4月に塾に入ってきました。

(高校受験生としては、

少し遅いとも言えるでしょう…)

 

 

 

中3のクラスは、

オール5のサッカー部キャプテンの男子や

特待生の優秀な女生徒もいるせいか、

A君は同じ中学校のS君とだけ話す、

目立たない生徒でした。

 

 

 

昨年の4月はコロナウイルスの影響で、

バスケットボール部(以下「バスケ」とします)

の練習もできなくなり、

体を動かせないので

ストレスが溜まっていったようです。

 

 

 

彼はこのままではマズイと思い、

バスケの個人練習をすることに決めました。

毎日、一人で体幹トレーニング・ドリブルや

ステップの練習を始めたのです。

 

 

 

そして、今では当たり前になっている

自分の体力や基本プレーは、

練習の積み重ねの成果なんだ

改めて認識しました。

 

 

 

それからしばらくして、A君は

“勉強もバスケと同じなんだ!”

と気がついたのです。

 

 

 

今まで「面倒くせぇ〜」と言って、

まじめにやらなかった

英単語漢字の練習を地道にやり、

社会理科基本事項も習得していきます。

 

 

 

ある日、

彼は片足立ちで、

スニーカーのひもをほどこうと

真っ赤な顔をしています。

 

 

 

「貸してごらん」と言うと

「ギューギューに固くなっちゃっているんで、

ほどけないですよ。」

と答えました。

 

 

 

「まあ、いいから」と

スニーカーを受け取りました。

たしかに、結び目が固まっていて、

簡単にはほどけません。

 

 

 

でも、高校時代はラグビー部で、

私は握力や腕力にはいささか自信があるので、

結び目に指を突っ込み

少しずつほどいていきました。

 

 

 

ヒモのゆるんだスニーカーを渡すと

「スゲ~、ありがとうございます。」

と笑顔いっぱいで言ってくれました。

 

 

 

このできごとがキッカケで、

彼とよく話をするようになりました。

 

 

 

それまで作文は、時間がなくて書けなかったり、

書いても「いいです」と言って

提出しなかったりしていたのに、

積極的に

「見てください」

というように変わったのです。

 

 

 

私は

「勉強は的確な努力をすれば必ずできるようになる」

「やればできるんだよ」

と何度も言っています。

 

 

 

「やればできる!」

を体験したことのない子どもには

「ふ〜ん、そうなの?」

「スポーツ選手や芸人がよく言っているよね〜」

という感じで、

心に響かないんでしょう。

 

 

 

でも、A君はバスケでの成功体験があったので、

「やればできる!」を実感し、

飛躍的に成績をアップさせ、

志望校に見事合格を果たしました。

 

 

 

人から100回

「やればできる」と言われるより、

自分が「やればできる!」を実感することの方が

ずっと重要なんです。

 

 

 

そこで、子どもたちには、

スポーツ楽器書道そろばんなど、

何でも構わないので

成功体験を味わってほしいと思っています。

 

 

 

この成功体験が、

勉強をするときにも、

何かに取り組むときにも、

あなたの大きな力になるのです。

 

 

 

「やればできる!」の体験を実感して、

楽しく充実した日々を過ごしましょう!

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

【結果発表】受け身の学習が主体的学習に変わるコンテスト

【結果発表】受け身の学習が主体的学習に変わるコンテスト

今日は、春休みに実施し

新聞にも取り上げられた

手作り問題(逆問)コンテスト

結果発表をします!!

 

 

 

今回、たくさんの方にご応募いただきまして、

最優秀賞(図書券2,000円)に4名、

優秀賞(図書券1,000円)に3名、

努力賞(500円サービス券)に7名

輝きました☆

 

 

 

 

最優秀賞の3名の作品をご紹介しますね!!

ケアレスミスを誘うひねった問題に、

「1年生なのにすごい!!」と審査員の先生たちから大絶賛!

文字を頭の中でイメージできるかどうかという、

これからの学習・受験でより重視される力を問える

良問でした。

 

 

 

 

 

 

 

続いては、2年生の最優秀賞!!

いくら使いましたか?と聞くのではなく、

さいふがからっぽになりましたで

考えさせるところが素晴らしい!!

と審査員の先生たちも大絶賛!!!

こちらも、今の学習指導要領が目指している

「日常生活で生かせる学習」というところに

ピッタリ結びついている良問です!

低学年組は皆さん考え抜かれた良問が多く、

見ていてどれもとても楽しかったです!

それぞれのお子さんの、

これからの伸びも楽しみです^^

 

 

 

 

 

そして最後に、

最高得点を取って

最優秀賞に輝いたのは、

小学5年生のこの作品です!!

何個かの処理をしないと解けない問題で素晴らしいです。

現実味のある数字でとてもセンスがいいですね!

など、こちらも大絶賛でした!!

中学受験で出てきそうな問題・・・

なのですが、

こちらのお子さん、

(私が知る限り)受験塾には通われてません^^

ただ、「勉強のやり方」を知ることで

毎日自分から机に向かうようになったり、

点数が上がって授業が楽しくなった!という

経験をすでにされているお子さんです^^

 

 

 

 

「勉強って楽しい!」

 

 

「やったらできる!」

 

そんな経験が、

子どもたちには必要です。

 

 

 

そして、その経験ができるように

お膳立てするのが、

私たち大人の役割だと思ってます!!

 

 

 

今回、そのような企画に賛同いただき

審査員を務めてくださった4人の方々、

本当にありがとうございました!!!

 

 

 

ママの自立を応援!

かめっこ塾・ぴよっこ塾主宰

いつもポジティブ☆

一緒にいるだけで元気をもらえる!!

なごみゆかり先生

元小学校教師がお届け!

お母さんの心をほっとさせる子育てメルマガ

を配信されています!

▼ブログはこちらから

https://ameblo.jp/nagomi-yukari/

 

 

 

AO・推薦入試の相談はこの方へ!

愛知県犬山市に自習室も作っちゃいました!!

中・高生向け

探究型学習専門

セカンドスクール

ハイスクールラボラトリー主宰

村瀬匠先生

▼HPはこちらから

https://hs-laboratory.com/

 

 

 

そして、受験コーチング協会認定講師

野球はプロ並み!

スポーツと勉強の両立なら任せて欲しい!

山本陽平先生

 

 

 

 

塾運営、家庭教師、2児のママ。

実績豊富なプロママ家庭教師!

榊間香織先生

 

 

 

 

他にも、ここにはお名前を出せない方々のご協力もあり、

今回の企画は実現しております!!

参加してくださった皆様、

やってみたんだけど出せなかった皆様も、

ほんとーにありがとうございました!!

 

 

そして、

次回のコンテストは夏休みの予定です。

 

 

ぜひ次回も楽しみにお待ちくださいね^^

 

勉強・スポーツが得意になっていくプロセスを解説しました

勉強・スポーツが得意になっていくプロセスを解説しました

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

勉強・スポーツが得意になっていくプロセスを解説しました

 

 

 

さて今日は、

「勉強・スポーツが得意になっていくプロセス」

についてお話をさせてもらいます。

 

 

 

勉強もスポーツも、

実は得意になっていくプロセスって、

同じなんです。

 

 

ある時期に適切な働きかけをすれば

子どもたちは、

好奇心いっぱいで、

どんどんそれが得意に、好きになっていきます。

 

 

 

その働きかけとは・・・

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

その他のお客様の声はこちら→

 

—–

100点取ったら、1万円あげる♥

100点取ったら、1万円あげる♥

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

100点取ったら、1万円あげる♥

 

 

さて、先日何人かのお母さんから、

「勉強を頑張らせるために、

物やお金をあげるのは良いんでしょうか?」

という質問を受けました。

 

 

結論から言うと、

「時に、あげても良いけれども、

ずっとそれをやってはダメ」

です。

 

 

 

なぜ、

ずっとご褒美をあげてはいけないのか?

 

 

 

その理由を、心理学的に解説しました。

 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

その他のお客様の声はこちら→

 

—–

パパの心、動かせてますか?

パパの心、動かせてますか?

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

 

パパの心、動かせてますか?

 

 

 

 

今日は、
ママとお子さんがストレスを抱えすぎないために、
パパをうまく使いましょう!
という話をしようと思います。
 
 
 
 
 
ちょっとわが家のことを、
お話ししますね。
 
 
 
 
 
わが家の夫は今、
家事を進んでやってくれています。
 
 
 
 
洗濯(洗う・干す・取り込む)は基本夫の仕事だし、
皿洗いもほぼやってくれるし、
週1回は子どもの面倒も見てくれます。
 
 
 
 
 
でも、結婚当初からそうだったわけではなく・・・
 
 
 
 
結婚当初は、
四六時中ネットサーフィンか
PCゲームをしているような人でした。
 
 
 
 
 
私はもはや、「やってくれない!」という
ストレスを通り越して、
 
 
 
 
「この人、こんなことばかりしていて、
自己嫌悪に陥らないのかな?」
って心配になるくらいでした。
(彼がこのようなことで自己嫌悪に陥ることは、
その後も一切ありませんでした 笑)
 
 
 
 
 
 
 
ではなんで、そんな状態だった夫が、
今は家事を嫌な顔せず
やってくれるのかな?と思って
昨日、ふと聞いてみたら、こう言われたんです。
 
 
 
 
 
「別に、私(妻)に言われてやってるんじゃなくて、
自分がやりたくてやってるだけだから」
 
 
 
 
 
 
 
・・・・???   
 
 
 
 
 
 
 
家事が趣味だったっけ???笑
 
 
 
 
 
 
いつの間に、こんなに変わったんでしょう。
 
 
 
 
あんなに何もしない人だったのに、
結婚して14年でこんなに変わったことを、
まるで我が子が成長したかのように
嬉しく感じました(笑)
 
 
 
 
 
 
でも、よくよく考えると、
別に夫は、自発的に家事をやり始めたのではなくて、
私からお願いされて、
家事をやるようになったんです。
 
 
 
 
 
頼まれて始めたことがいつの間にか、
「好きでやってる」ことになる。
 
 
 
 
本人の意思を引き出してやってもらうことの大切さを、
と改めて痛感したのでした。
 
 
 
 
 
じゃあ、私がどんな風に夫にお願いしたのか?
 

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

その他のお客様の声はこちら→

 

—–