息子を救った母の一言

息子を救った母の一言

こんにちは。

おうち受験コーチング、Atsushi先生です。

 

 

いきなりですが、

もしお子さんが登校時に

玄関で立ち尽くし動けなくなったらどうしますか。

 

 

これはM君が高2の冬に起こった突然の出来事です。

 

 

登校するために玄関を出ようとしたところ

一歩も前に体が動きません。

母親に、前に足が出ない、と訴えました。

 

 

M君は高校ではサッカー部のキャプテン、

成績は学年でも一桁順位を取ることもあるような

はたからみると絵に描いたような優等生。

ただもともと能力が高いというよりは

誰もが認める努力型の子、

とにかく何でも人一倍頑張る子どもでした。

 

 

この時にM君のお母さんが

なんと声をかけたと思いますか。

 

 

前に進まれへんのやったら

後ろにやったら進めるん、と尋ねたそうです。

 

 

この時M君は、後ろやったら大丈夫、

と言って2階の自室に戻り

そのままベッドに直行したそうです。

 

 

M君のお母さんは、後ろに戻れて良かったね、

と声をかけてその日は学校を休ませたそうです。

 

 

欠席連絡を受けた先生は大慌てだったそうです。

心配した学校の先生からは

放課後にも改めて様子を伺う電話がありました。

先生の心配とは裏腹にM君のお母さんは、

ご飯は食べているので大丈夫だと思います、

と落ち着き払った対応をしたそうです。

 

 

M男くんは、小さい時から

特に食については強い関心のある子でした。

 

 

生まれて初めての授乳でも

助産師さんを驚かせる量のミルクを飲んだとか。

歯が生える前の歯茎で

唐揚げをムシャムシャと

美味しそうに食べていたとか。

 

 

そんな逸話に枚挙にいとまがない子どもでした。

それだけにM君のお母さんがしたことは、

彼が喜びそうなご飯を用意して

黙って見守ることでした。

 

 

ただM君のお母さん曰く、

いつかどこかで

こういうことがある予感はしていた、そうです。

 

 

というのも、

小さい時から何故か周りからの信望が厚く、

自分は前に出たがらない性格なのに

リーダーとして期待されることが多かったからです。

 

 

これまでも時々は周りからのプレッシャーで

癇癪を起こすことがあったようです。

M君にとって高2のこの時は、

心の中の何かが限界を超えたのでしょう。

 

 

ただお母さんのこの時の対応が功を奏したのか、

M君はその後もしばらくは

断続的に休むことはあるものの、

べったりと不登校になったり鬱になることはなかったようです。

 

 

しかしこの時以降、

今まで頑張っていた勉強には手がつかず、

家庭学習はほとんどしていなかったそうです。

 

 

そんな状態のM君を両親はただ黙って

子どもを信じて待っていたようです。

さすがに高3の夏の終わりには

ある程度進路を決めないといけないので

その時にどうするのか自分で決めるように

両親は促しました。

 

 

なぜかM君は高校進学の時も

将来どうしたいのか親に尋ねられた時に、

漁師になりたい、と言っていました。

M君は自分で、漁師になるために

必要な知識を身に付けられる水産大学校を選び、

高2の冬までの貯金を活かしてそこに進学しました。

 

 

その後M君は大学校を卒業し、

さらに一年の専門課程を終えて

今は元気に漁師として働いているそうです。

 

 

誰よりも子どものことを理解しているのは、

お腹にその子を宿し

小さい時から大切に育ててきたお母さんです。

 

 

本当に今その子に必要なことを用意して

信じて待つことができれば、

子どもはおのずと道を開いていくのではないでしょうか。

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

身近な人に協力してもらう

身近な人に協力してもらう

こんにちは!

おうち受験コーチングの陽平コーチです!

 

 

陽平コーチのご紹介はこちら↓

https://jukencoaching.com/about_yamamoto

 

 

 

皆さんは身近な人を大切にしていますか?

 

 

中学生になると反抗期に入り、

ついつい親の言うことを

無視してしまうと思います^^;^^;

確かに私も

そんな時期はありました!

 

 

でも勉強って

なかなか好きになれないものであって

「誰か一緒にいないとなかなかできない」

と思います!

 

 

そんな時には

「1番の理解者」

に協力してもらいましょう!

 

 

では1番の理解者とは誰か?

 

 

そう!

「ご両親」です!

ご両親は

いつでも味方でいる

「最強のサポーター」です!

 

 

勉強のやる気がでない‥

やっても全然解けない‥

イライラする‥

そんな時に

1番協力してくれるのが

「ご両親」です!

こんな心強い味方はいませんよね^^

 

 

私は勉強もスポーツも

どちらも成績はよかったです。

社会人になってからも

難なく就職できましたし、

活躍もしていました。

 

 

しかし、

職を失いました‥

借金もしました‥

絶望感を毎日抱いてました‥

 

 

そんな時支えてくれたのが

「お母さん」でした。

お母さんの支えによって

全て解消できました!

最強の味方に救っていただきました。

 

 

社会にでれば

「世のため人のために」

と思い働くことになります。

そのためにもまず、

「身近な人に感謝してみませんか?」

 

 

成績アップの秘訣は

「ご両親に助けてもらう」

 

 

また次回もお楽しみ!

最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC

 

新しい教材を買うときに、気に留めていただきたいこと

新しい教材を買うときに、気に留めていただきたいこと

こんにちは。

おうち受験コーチング認定講師のかおりです。

 


 

お子様が使っている教材が、何となく合わなそうだな、

と思うことはありませんか?

または、

学校の教材だけでは、問題数が少なすぎる

と感じることはありませんか?

そんなとき、何か新しい教材を買おうかなと思うことがあると思います。

 

 

 

今の教材が合わないと感じるのって、色々な理由がありますよね。

・難しすぎてやる気が出ないから?

・簡単すぎてつまらないから?

・分厚すぎて気が引けるから?

・シンプルすぎて面白みがないから?

・ふざけ過ぎていて気に障るから?

・一人でやっても分からないから?

…などなど。

 

 

 

ところで、今、お悩みのその教材。

そもそも、どうやって選びましたか?

 

そのときの気分のみで購入しましたか?

・学校や塾で、選択肢がほぼない中で半強制的に購入しましたか?

・お下がりを頂きましたか?

何となく続けている通信教材でしたか?

しっかりとした判断基準で選べましたか?

 

そのときの状況に合わせて最適なものを選べていても、

その後、状況が変わってくることだってあり得ます。

(ちなみに、教材が合っていないのではなくて、使い方がもったいないだけの可能性も大いにありますが、

それはまたの次回以降に書きますね。)

 

 

 

ここから先は、選ぶ際に気にしていただきたいことです。

勉強を始めたばかり、勉強が苦手な方は特に、

だいたい正解できる問題集であること。

これを最重視してください。

 

 

 

もちろん、どのページも100%できてしまう程に簡単すぎるものはいけませんが、

まず第一に続けられないと意味がありません。

達成感が得られるように配慮してあげましょう。

続けることができるようになってきてはじめて、もう少し難しいところに手を出しましょう。

 

 

 

その他に見るポイントは、

・分厚すぎないか?

・解説が分かりやすいか?

・教科書準拠を選ぶなら出版会社を間違えていないか?(光村、東京書籍、啓林館、など…)

・直接書き込むスペースがあるものなのか?

・例題があるか?

・索引があるか?

などなど。

ちなみに上に挙げたポイントは、必ずどちらが良い、というものだけではありません。

 


 

本講座では、教材のより効果的な使い方や、

お子様の性格今の状況に合わせた問題集選びのポイント、環境づくりなどについてもお話しています。

 

エニアグラムという性格診断を使うと、

どうしてその教材が合っていたのか、または合っていなかったのかが腑に落ちるようになります。

 

もちろん、親子やご兄弟でタイプが違うことも普通です。

 

9つのタイプの中で、お子様それぞれのタイプを講座でお伝えしますので、

次に教材を選ぶときは、判断基準に自信をもって選べるようになります。

 

 


 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
中1・男の子

体験談詳細

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
中3・女の子

https://youtu.be/f9Xx3rnrQCM

その他のお客様の声はこちら→

わが子を幸せにするために、合格よりも大切なこと

わが子を幸せにするために、合格よりも大切なこと

受験勉強をする時に、

「合格」だけを目的としてはいけない、

というのは、みなさん

頭の中では思ってらっしゃることかと思います。

 

 

 

しかし、

「●●中学合格!!」

「●●高校合格!!」

という号令の中で

「合格のために、できることは何でもしよう」と

いう気持ちになってくると

ついつい本当の目的が見えなくなってしまいがちですよね。

 

 

では、受験の本当の目的、

勉強することの本当の目的って、

いったいなんだと思いますか?

 

 

 

少し、考えてみていただけたらと思います。

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

考えてみていただけましたか?

 

 

 

この問いに「正解」はなく、

皆さんそれぞれの思いがあると思います。

 

 

 

私が、3,486組の親子とお話しさせてもらって、

またわが子が生まれて思うのは、

皆さん、

「わが子に幸せになってほしい」

という思いで、

わが子に受験や勉強をさせているということです。

 

 

 

「幸せになるためのルート」として

見えているのは、

人によってそれぞれです。

 

 

 

例えば、お母さんもご主人も

代々お医者さんのお宅であれば、

お医者さんになるためのルートは

よく知っているし、

そのルートを辿れば幸せになれる、

ということを自分自身も体験して

よく知っているわけです。

 

 

 

そして例えば、お母さんが美容師さんで、

美容師の資格を取ったことが

今の自分の幸せを築いている、

ということであれば、

わが子にも何か資格を取ってもらって、

手に職をと考えるでしょう。

 

 

 

こんな風に、

多くのお父さん・お母さんが、

自分が歩んできて確実だった道を

わが子にも歩んでほしい、

その方が確実に幸せになれるだろう

と思っているのです。

 

 

 

だから、わが子が急に

「プロ野球選手を本気で目指したい」と

言い出したりすると、

「どうしよう!」

「どうしたらこの子に幸せな将来を

手渡してあげられるだろう!?」と

戸惑うわけです。

 

 

 

こんな風に、本当は、

●●中学に入る、●●高校に入る、●●大学に入る

というのは

幸せになるための手段

でしかないのに、

 

 

大人が

そのルートでしか

わが子を幸せにしてあげる確実な道を知らない

がゆえに、

「この中学に入れなかったらどうしよう」

「最低限、あの高校に入れなかったらどうしよう」

「大学に入れなかったらどうしよう」

と思うわけです。

 

 

 

しかし、

一つだけ、

とても重要なことをお話ししておきたいと思います。

 

 

 

それは何かというと、

わが子が幸せになるために必要なのは、

学歴や資格という、いわゆる「認知能力(※)」よりも

非認知能力」であるということです。

(※)テストなどで測れるもの、可視化できるもの

 

 

 

非認知能力というのは、

ざっくりいうと、

「忍耐力」

「社会性」

「感情のコントロール」

という力で

 

 

 

アメリカのある研究によると、

非認知能力の高い低いが、

認知能力(IQ)の高い低いよりも

将来の年収、持ち家率、犯罪率

という、幸せの指標と言われるものに

影響を与えているというのです。

 

 

 

つまり、忍耐力があって、社会性があって、

自分で自分の感情をコントロールできる人の方が、

それがなくて学歴が高い人よりも、

幸せになれるということです。

 

 

 

こういった力は、

特に乳幼児期にその土台が作られるといいますが、

その後の学童期をどう過ごすかということも、

非認知能力の育ちに

大きく関わっています。

 

 

 

面白いですよね(^^) 

 

 

 

長くなってきたので、

今日はここまでにしたいと思います。

 

 

次回、どうしたら非認知能力は育つのか、

非認知能力が育つとどうなるのかについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–

社会に出てから、人一倍成果を上げられる子の育て方

社会に出てから、人一倍成果を上げられる子の育て方

前回は、世の中のお母さんたちの

わが子への想いを突き詰めると、

【わが子に幸せになってほしい】

というところに行き着きました!

 

 

 

という話と、

 

 

 

幸せになるためには、

学歴などの認知能力よりも

「忍耐力」「社会性」「感情のコントロール」

といった、非認知能力が大切であると

という話をしました。

 

 

 

今日は、その非認知能力がどう育つか

についてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

非認知能力のベースは、

先日記載したように、幼少期から作られます。

 

 

 

「自分は世界に歓迎されている!」と

自分を信じる力とか、

自制心とか、自己肯定感は、

幼少期から育つ力です。

 

 

 

でも、小学校に上がってからも、

非認知能力を高めていく方法はあるし、

うまくやれば、

認知能力と非認知能力を

一緒に高めていくことだってできるんです。

 

 

 

 

私が、12年、3,486組の親子に

関わらせてもらって

見えてきたのは、

 

 

 

「成績UP」や「受験合格」は

認知能力を高める行動ではあるけれども、

同時に、そこを目指すことで

「非認知能力」も高まるということです。

 

 

ごめんなさい。

ちょっと難しいですね。

 

 

ある、中学3年生のお子さんの話をしたいと思います。

 

 

その子は、ずっと勉強が苦手で、

「自分は勉強ができない」と思っていました。

 

 

 

以前、ある教材販売の会社さんに

引っかかって(というと聞こえが悪いですね)

80万円する教材を、

妹も使えるからという理由で購入しました。

 

 

しかしそれを使いこなせなくて

私が出会った時、

その教材はホコリをかぶった状態でした。

 

 

お母さん・お父さんにこれだけお金をかけてもらったのに、

教材を使いこなせない・・・

自分は勉強ができない・・・

私はやっぱりダメなんだ・・・

 

 

彼女は、心底しんどかったと思います。

 

 

 

それが、中学3年生の冬、

どうしても行きたい都立高校があって、

お母さんもなんとかいかせてあげたいという

気持ちもあって、

藁をもすがる思いで、

以前私が勤めていた家庭教師派遣会社に連絡をしたんです。

 

 

 

私がその子のお家に伺った時、

その子は、中学の勉強がほとんど

頭に残っていない状況でした。

 

 

でも、よくよく話をすると、

どうしてもその高校に行きたい!

そのためならなんでもする!

と気持ちはしっかりしているんです。

 

 

なので、私は、万全の体制で受験ができる

プランを提案しました。

ほぼ毎日家庭教師の先生がきて、

つきっきりで勉強を教えるプランです。

 

 

 

でも、そのプランはとてもとても

支払えない!

 

 

 

そこで最終的には、

ほとんどを自学習で行い、

ほんの少しだけ家庭教師に教えてもらうプランにして、

2ヶ月先に控えた受験のために、

猛勉強を始めることになりました。

 

 

 

自学習がメインですから、

私が手取り足取り勉強の仕方をアドバイスして、

2ヶ月は好きなことも我慢して

必死で勉強をしたんです。

 

 

 

その結果、どうなったか・・・・

 

 

 

実は、都立高校は不合格でした。

 

 

 

しかし、2ヶ月で急激に学力を伸ばした彼女は、

滑り止めの私立高校に好成績で合格しました。

 

 

 

入学した数ヶ月後、お母さんからこんな連絡がありました。

 

 

 

娘が、

「勉強がすごくわかる!」

「勉強って簡単!」

「私って、すごくできる!」って

嬉々として学校に通ってます。

 

 

 

成績が良くて特進クラスに入ってしまったものだから、

「勉強合宿」とか色々あって、

お金が大変ですよー。もうー!

 

 

って。

 

 

プリプリしてらっしゃったんですけど(笑)、

声はとても嬉しそうだったんです。

 

 

 

そう、この子が身につけたのは、

「学力」だけじゃなかったんです。

 

 

 

「夢に向かって頑張る力」とか、

「勤勉性」とか、

「自分の感情をコントロールする力」

そして、

「やればできる!」って

自分を信じて頑張る力、

そういうことを、

受験勉強で獲得したんです。

 

 

 

これは、社会に出てからとても大切な力です。

 

 

 

私自身、10年ほど会社で新入社員や後輩の育成に

携わりましたが、

会社の中でどんどん業績を上げていく子

顧客に愛され・社員に愛されどんどん昇進していく子は、

間違いなく、

こういった非認知能力の高い子です。

 

 

 

もしあなたが

心からお子さんの幸せを願うのであれば、

【受験に合格する】ことよりも、

【受験を通してわが子がどう成長するか】ということに

どうか目を向けてみてくださいね。

 

 

 

お子さんの成長が見られない、

もしくは、

大人になった時に通用しないような

思考や習慣が身についてきている・・・と

思うときは、

たいてい勉強の「やり方」が間違っています。

 

 

 

放置すると取り返しがつかなくなりますので、

早急にやり方を見直してみてくださいね。

 

 

 

 

登録はこちらから

https://resast.jp/subscribe/123486/157721

※該当学年でない方も、ご登録いただけます

—–

「分かっているのに解けない」が頻発するお子さんへ

「分かっているのに解けない」が頻発するお子さんへ

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 

 

 

「分かっているのに解けない」が頻発するお子さんへ

 

 

さて今日は、「知っただけで満足してしまうお子さん」

ちょっと耳の痛い話をします。

 

 

知っただけで満足してしまうお子さん、

どういう性格タイプの子が多いかというと、

「知りたがり屋の子」です。

(※この性格診断は、個別相談で

実施しています)

 

 

 

知りたがり屋の子は、

知的好奇心がとても旺盛で、

「知る」ということに

大きな価値を置いています。

 

 

それがゆえに、

「ただ知っただけなのに」

もう

「自分のものになった」

ような錯覚を、起こしやすいのです。

 

 

 

だから、テストでは、

「分かっているのにできない」

「知っているのに書けなかった」

ということが頻発します。

 

 

 

もしお子さんが

「知りたがり屋の子」の

タイプだったら、

 

 

 

お母さんはそれを理解した上で、

「解き方を知るターム」

つまり

「問題演習」の時間をしっかり確保するように

気をつけてみてください。

 

 

 

そして、それも解いて終わりではなくて、

解説を読ませて、

「問われ方を知る」

「答え方を知る」というところまで

理解できるようにしてみてくださいね。

 

 

【知っていても、

できなければ、

知らないのと同じ】

 

 

この考えが身につけば、

このタイプの子は

どんどん伸びますよ^^

 

 

続きは無料メルマガに登録してね

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を
 

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!
 

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/3g3mzPE

 


 

 

<お客様の声>

一人一人の性格に対応してくださるのが素晴らしいと思います

 小6受験生・女の子

順位が54位上がりました!
 中1・男の子

詳しくはコチラ!

◎ミラクル合格を果たした中3生の合格インタビュー
 中3・女の子
 

その他のお客様の声はこちら→

 

—–