テスト勉強の計画を立てるのは●割、実行するのは■割!

テスト勉強の計画を立てるのは●割、実行するのは■割!

5月も中旬になり、

おうち受験コーチングの中学生の受講生さんたちは、

 

初めての定期テストに向けて

 

学習計画を立てたり、

実行したりを始めています。

 

 

 

中学になると、定期テストは決まった日にちに

行われるようになって、

1ー2週間前には

「学習計画表」なるものが配られたりしますよね。

(少なくとも、私の学校ではありました)

 

 

 

あの学習計画表

どのくらいの子が

真面目に書いて、

実行していると思いますか?

 

 

 

だいたい、私の肌感覚だと

真面目に書いているのは5割

さらに、

それをちゃんと実行しているのは

1割をきっています。

 

 

 

じゃあ他の子は、どうしてるの?

というと、

 

 

 

たいていは、

「てきとうにそれっぽいことを予定に書いて」

「とりあえず、やったという体にして

計画表を提出する」

そんな子が、全体の9割くらいかな(笑)

と思います。

 

 

 

だから、今一緒に計画を立てて

実行しているメンバーは、

すでにその時点で

全体の1割に入っているわけです!!!

 

 

 

私は、プログラムを初めての

最初のテストは、

【失敗】でも良いと思っています。

 

 

 

頑張ってみたんだけどうまくいかなくて、

でもそんな時に

叱られるんではなくて、

一緒に寄り添って解決策を考えてくれる

コーチがそばにいて

「次はどうしたらもっとうまくいくだろう」って

ポジティブに考えて改善する、

そういう経験こそが、

大切だと思うからです。

 

 

 

社会に出たら、

「納期や目標のない仕事」なんてありません。

そこにたいして

「無計画に臨む」ということもあり得ません。

 

 

 

いや、人が立てた計画にただただ沿って仕事を

するだけだったら、あるかもしれないけれど。

 

 

 

それ以上のことをしたいんだったら、

計画を立てる、実行する、

結果を振り返り改善する。

これは、当たり前に必要です。

 

 

 

だから、

小学生だったら、

ほぼほぼ親御さんが関わってあげる中で

部分的にそれを経験させる、

 

 

中学生だったら、

子どもが主体となって、

そこにコーチがサポートする、

 

 

そんな風に、PDCAを回す力を

身につけてもらっています。

 

 

 

テストに支配されず、

テストを使って自分を高める、

そんな風になれると良いですね^^

信頼をして、信用しない

信頼をして、信用しない

ゴールデンウィークは、

みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか?

 

 

 

私は、受験コーチング協会の養成講座をしたり、

お子さんに短期集中セッションをしたりと、

なかなか充実した毎日を過ごしておりました。

 

 

 

おかげさまで、

受験コーチを養成する「受験コーチング協会」も

新たに5名の受講生さんを迎え、

ますます賑やかになってきましたよ!!

 

 

 

これからさらに、

分厚いコーチ層で、

お子さん一人一人に合ったコーチを

ご紹介できるようになっていくと思います!!

 

楽しみにしてくださいね^^

 

 

 

さて今日は、

「子どもを信頼し、信用はしない」

という話です。

 

 

最近読んでいた、とある経営の本に、

「部下を信頼しても信用しない」

ということが書いてありました。

 

 

 

部下育成・組織マネジメントと

子どもの教育って通ずるところがたくさんあって

私はどちらの本もとても好きで、

よく読んでいるのですが、

今回も、これ、まさに子どもに対して

接する時にも同じだよなあ!って

思ったんですよね。

 

 

 

たとえば、

おうち受験コーチングでは

お子さん向けのセッションで、

次までにどんなことを目標

何をやってくるか?

を決めたりします。

 

 

 

この時、基本的には、

目標も、やるべきことも、

全部お子さん自身に決めてもらいます。

 

 

 

これは、信頼するってことですね。

でも一方で、次に会った時に

前に決めたことを

「全部やってくるかもしれない」し、

「全部やってこないかもしれない」し、

「やったと嘘をつくかもしれない」

そんなことも、考えていたりします。

 

 

 

言ったことをやってくると

完全に信用しているわけではありません

 

 

いやむしろ、大半疑っているかな(笑)

 

 

でも、それでも特に支障がないのは、

決めたことをどのくらいやれたかということよりも

もっと大切なことがあるからです。

 

 

 

一番大切なこととは、

「一定の期間に目標とやることを決めて、やる」

経験をした、

その後の本人の成長です。

 

 

 

取り組みを振り返った時に、

何を学べるのか?

次のステップに向けてどんな成長ができるのか?

そういうことの方が、

もっともっと大切です。

 

 

 

だからコーチ(親御さん)は、

「どんな言葉をかけたら

この子はより成長できるのか?」

は、徹底的に考えます。

 

 

 

全部やってきた子に

「すごいね、頑張ったね」だけでは

その子はそれ以上成長しません。

 

 

 

全部やらなかった子に

「次こそ頑張ろう」と言うだけでは

その子は成長しません。

 

 

 

やっていないのに「やった」と嘘をつく子に

「やった、やらない」の問いだけをかけても

その子は成長しません。

 

 

 

子どもを成長させる問いは何か?

を考えること、

これがコーチ(親御さん)の

役割だと思います。

 

 

 

そして、大前提としてですが、

ここに至るためには、

「信頼して自力でやらせて」

みる必要があります。

 

 

 

そしてもう一つ、

マネジメントと子育て/教育で違うところもあります。

それは、責任の所在です。

 

 

 

会社や組織の場合は、

何か不都合があった場合、

その責任は「トップの人のもの」です。

 

 

 

一方、子育て/教育の場合は、

全ての責任は「子ども本人」です。

 

 

 

うまく行かなかった結果を

背負って行かねばならないのは

お母さんやコーチではなくて

お子さん本人なのです。

 

 

 

だからなおさら、

「子ども自身が決めて、やってみる」

成功も失敗も、全部自分で受け止める、

そんな経験が子どもたちには必要です。

 

 

 

 

今日の話をまとめますと、

信頼して任せながらも、

信用はせずに大人がチェックして

次の成長につながるフィードバックをしよう!

ということでした。

【結果発表】受け身の学習が主体的学習に変わるコンテスト

【結果発表】受け身の学習が主体的学習に変わるコンテスト

今日は、春休みに実施し

新聞にも取り上げられた

手作り問題(逆問)コンテスト

結果発表をします!!

 

 

 

今回、たくさんの方にご応募いただきまして、

最優秀賞(図書券2,000円)に4名、

優秀賞(図書券1,000円)に3名、

努力賞(500円サービス券)に7名

輝きました☆

 

 

 

 

最優秀賞の3名の作品をご紹介しますね!!

ケアレスミスを誘うひねった問題に、

「1年生なのにすごい!!」と審査員の先生たちから大絶賛!

文字を頭の中でイメージできるかどうかという、

これからの学習・受験でより重視される力を問える

良問でした。

 

 

 

 

 

 

 

続いては、2年生の最優秀賞!!

いくら使いましたか?と聞くのではなく、

さいふがからっぽになりましたで

考えさせるところが素晴らしい!!

と審査員の先生たちも大絶賛!!!

こちらも、今の学習指導要領が目指している

「日常生活で生かせる学習」というところに

ピッタリ結びついている良問です!

低学年組は皆さん考え抜かれた良問が多く、

見ていてどれもとても楽しかったです!

それぞれのお子さんの、

これからの伸びも楽しみです^^

 

 

 

 

 

そして最後に、

最高得点を取って

最優秀賞に輝いたのは、

小学5年生のこの作品です!!

何個かの処理をしないと解けない問題で素晴らしいです。

現実味のある数字でとてもセンスがいいですね!

など、こちらも大絶賛でした!!

中学受験で出てきそうな問題・・・

なのですが、

こちらのお子さん、

(私が知る限り)受験塾には通われてません^^

ただ、「勉強のやり方」を知ることで

毎日自分から机に向かうようになったり、

点数が上がって授業が楽しくなった!という

経験をすでにされているお子さんです^^

 

 

 

 

「勉強って楽しい!」

 

 

「やったらできる!」

 

そんな経験が、

子どもたちには必要です。

 

 

 

そして、その経験ができるように

お膳立てするのが、

私たち大人の役割だと思ってます!!

 

 

 

今回、そのような企画に賛同いただき

審査員を務めてくださった4人の方々、

本当にありがとうございました!!!

 

 

 

ママの自立を応援!

かめっこ塾・ぴよっこ塾主宰

いつもポジティブ☆

一緒にいるだけで元気をもらえる!!

なごみゆかり先生

元小学校教師がお届け!

お母さんの心をほっとさせる子育てメルマガ

を配信されています!

▼ブログはこちらから

https://ameblo.jp/nagomi-yukari/

 

 

 

AO・推薦入試の相談はこの方へ!

愛知県犬山市に自習室も作っちゃいました!!

中・高生向け

探究型学習専門

セカンドスクール

ハイスクールラボラトリー主宰

村瀬匠先生

▼HPはこちらから

https://hs-laboratory.com/

 

 

 

そして、受験コーチング協会認定講師

野球はプロ並み!

スポーツと勉強の両立なら任せて欲しい!

山本陽平先生

 

 

 

 

塾運営、家庭教師、2児のママ。

実績豊富なプロママ家庭教師!

榊間香織先生

 

 

 

 

他にも、ここにはお名前を出せない方々のご協力もあり、

今回の企画は実現しております!!

参加してくださった皆様、

やってみたんだけど出せなかった皆様も、

ほんとーにありがとうございました!!

 

 

そして、

次回のコンテストは夏休みの予定です。

 

 

ぜひ次回も楽しみにお待ちくださいね^^

 

神奈川大学の講座に登壇します!

今日は、皆さんにご報告があります。

 

 

なんと私、6月に神奈川大学が開催する

講座に登壇することが決まりました!!

 

 

神奈川大学は今、一般の方向けにオンラインの講座を

展開しているのですが、

 

 

その講座の一つである

「子育て一段落後のキャリアアップ講座」

に登壇させていただくことになったのです!!!!

 

 

この講座は、

・お子さんが保育園・幼稚園・小学校に

通い始めて日中に時間ができたお母さん

 

・お子さんが中高生・もしくは大学生になって

自分の時間が作れるようになったお母さん

が、

 

 

 

これからのご自身のキャリアプランを作り

夢を実現させるお手伝いをする全6回の講座です!

 

 

 

 

具体的には、講座を受けることで

◎ご自身のゴールはどこなのか、

◎ご自身の強みを発見し、それをどう生かすのか

◎ご自身の人生を充実させるためのセルフコーチングのやり方

◎子育てと仕事の両立

などが分かるようになります!

 

 

 

 

講座をまとめてらっしゃるのは

マザーカレッジ主宰

『勉強ができる子の育て方』『合格力コーチング』

『ママのイライラ言葉言い換え辞典』

など多数の著書をお持ちの

江藤真規先生。

 

 

 

私が担当するのは、第5回の

「子育てと仕事の両立・ロールモデルを見つける」

の回です☆

 

 

 

第5回では、

セルフブランディングの仕方から

ビジョンメイキングのところを

一緒にやらせていただきますよー!^^

 

 

 

他にも、キャリア形成のご専門の先生や、

コーチングの先生など、

魅力的な先生が何人も登壇されます^^

 

 

 

詳しい全6回の内容はこちら。

開講月日内容
第1回2021/05/22オリエンテーション・多様化した女性の就労スタイルを探る
第2回2021/05/29自分自身を客観視する・自分の強みを知る
第3回2021/06/05ライフラインを描き、これからのキャリア・自分らしいキャリアを考える
第4回2021/06/12セルフコーチングの技術を習得し、行動目標を作る
第5回2021/06/19子育てと仕事を両立させる・ロールモデルを見つける
第6回2021/06/26仕事におけるビジョン、人生においてのビジョンを作る

 

 

 

6回を通して、みなさんのキャリアアップのお手伝いをさせていただきます^^

 

 

 

さて、

気になるお値段は・・・

 

 

 

なんと、

 

 

 

13,000円ぽっきり!!!

※会員になると11,000円になります

 

 

 

1回2,000円とかですよ。

激安!!!!

 

 

 

しかも、江藤先生のプロデュースされている講座なので

「聞いて終わり」じゃなくて

「行動できるようになる」こと請け合いです。

 

 

 

 

子育てが落ち着いたんだけど、

これからどうしようか?

 

とモヤモヤされている方は、

ぜひ覗きにきてくださいね。

 

講座の詳細・お申し込みはこちらから↓

https://www.ku-portsquare.jp/site/course/detail/3246/

 

 

 

他にも、複数の講座が開講されますので、

そちらもぜひチェックしてみてください^^

【働くママ・パパ向けセルフコーチング講座】

全6回90分13,000円(会員になると11,000円)

https://www.ku-portsquare.jp/site/course/detail/3247/

 

【子どもの才能を伸ばす子育てコーチング講座】

全10回90分21,000円 (会員19,000円)

https://www.ku-portsquare.jp/site/course/detail/3256/

 

【今の子育て何が違う?子育て孫育て講座】

全2回120分5,000円(会員4,600円)

https://www.ku-portsquare.jp/site/course/detail/3258/

 

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました^^

 

通信教育●ピー+αで私立中に合格しちゃった子

通信教育●ピー+αで私立中に合格しちゃった子

新年度が始まって、約1ヶ月経ちましたね。

 

皆さん、4月からの学習は

どのように進めていますか?

 

問題集を選びましたか?

通信教育を始めましたか?

 

 

実は、2月や3月頃には

問題集や通信教育に関する相談を、

とてもたくさん受けていました。

 

 

 

我が家も長男が4月から小学校に上がりましたので、

この機会に!!と思い、

2社の問題集を購入し、

3社の通信教育の教材を購入し、

2社の通信教育の体験教材を入手しました。

 

 

 

え!?

全部子どもにやらせるのか、って!?

いえいえ、そんなことないですよ!

 

 

いや、ちょっとは実験台としてわが子にも協力

してもらいますが(笑)、

 

 

基本的には、私が目を通して、

どの問題集・通信教育が

どんな学力特性の子に合うのか?

どんな性格の子に合うのか?

どんな目標に合うのか?

研究するためにです。笑

 

 

 

やっぱり、ちゃんと自分の目で見て、

使ってみないと、

安心して皆さんにご紹介できないですから!

 

 

 

それで、通信教育のことを考えていて

思い出したのが・・・

 

 

私が会社に勤めていた時に出会った

ある小学6年生の子でした。

 

 

 

その子は、6年生になってから、

クラスが荒れてしまい、

そこに溶け込めなくなってしまって

不登校になりました。

 

 

 

もともと中学受験をするつもりはなかったのですが、

同じメンバーで同じ中学に上がることに不安を感じ、

私立中学を受験することにしました。

 

 

 

そして、

やっていた習い事の先輩が通っている中学を

目標にし、頑張ろう!と決めました。

 

 

 

それが、6年生の夏休み

 

 

 

普通に考えたら、

「中学受験なんて、間に合わないでしょ」

という時期です。

 

 

 

でもその子は、偏差値30台からスタートし、

最終的には偏差値55位まで上がって、

余裕で志望校に合格をしていきました。

 

 

 

では、このお子さんが、一体何をしていたのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、「●ピー」という通信教育です。

 

 

 

この「●ピー」、月額3,800円(税込)です。笑

 

 

お母さんが、●ピーの相談員をされていたこともあって、

この子は長年●ピーに取り組んでいたんです。

 

 

 

私が受験の相談に伺った時、

お母さんは冷静にこうおっしゃいました。

 

 

 

今までやっていた「●ピー」を、

夏休み中に先取りで6年生の最後まで

やらせますので、

受験特有の算数の部分を

週1回に家庭教師の先生に教えてもらい、

あとは、過去問対策をお願いします。

 

 

 

このお子さんが受験対策でやったことは、

これだけです。

 

 

 

ビックリ!

しちゃいますよね。

 

 

 

このことから私が学んだのは、

本当に大切なのは、

「何をやるか」ではなく、

「どう使うか」だということです。

 

 

 

 

もちろん、大前提として、

その問題集・通信教育が

最低限の品質を満たしていることは必要です。

 

 

 

でも、そこをクリアしているなら、

あとは「どう使うか」がポイントです。

 

 

 

だから、お母さんが使いやすい、

お子さんが使いやすい問題集や通信教育を

選ぶのが、ベストです。

 

 

 

 

逆にいうと、

 

どういう仕組みなのか?

どういうレベルなのか?

どういう内容なのか?

 

 

お母さんやお子さんが把握できないものは、

私はやらない方が良いと思います。

 

 

 

 

さて、そういう考えがベースにあってではありますが・・・

 

 

イヤイヤ具体的にそれぞれの通信教育のことを知りたい!

 

通信教育もなんだけど、そもそも

小学校低学年の学習のポイント

声がけのポイントを知りたい!!

 

 

そんな方は是非^^

一度鈴木にお声がけくださいね♪