こんにちは。

おうち受験コーチング協会

認定コーチのさえです。

 

 

 

 

ついに夏休みがやってきましたね!

今年も厳しい暑さが続きそうですね。

そんな中でも、懸命に高く高く背伸びをして

太陽のように咲いているひまわりを見ると

元気をもらえます。

 

 

 

 

さて、私は、こどもがお仕事体験をするテーマパークで

8年半程働いていました。

 

 

前回のブログでは、そのテーマパークでの

こどもたちに働く意欲を持たせる方法を

3つご紹介いたしました。

 

 

今回は、そのテーマパークで学んだ、

主に小学生の心の成長を促すポイントである、

「見守る」ことについて、

お話ししたいと思います。

 

 

そのテーマパークでは、こどもが体験中、

親御さんは一緒に参加するのではなく

外からこどもががんばっている姿を

見守ってもらいます。

 

 

しかし、親御さんとしては、

こどもが体験中のときこそ、

ひと時の休息の時間かもしれません。

なのに、ずっと見てなくちゃいけないの~?

って思うかもしれませんが、

ずっと見てなくちゃいけないわけではないです。

少しの間だけでもいいので、中を覗いて、

一生懸命がんばっているこどもの姿を

見ていただければいいのです。

 

 

そして、お仕事や体験が終わったときに、

「見てたよ~!〇〇するの上手だったね!」

など声をかけてあげるだけで、

こどもは、「見ててくれたんだな」、とわかり、

嬉しくなると思います。

 

 

そして、この、「見守る」には、

「声をかけない」という意味も含まれています。

場所によっては、ドアがないお店もあり、

外から親御さんが声をかけることができてしまいます。

うまくできていないこどもを見ると、

ついつい口を出してしまうもの。

「あー、そうじゃない、こっちをこうしなさいよ。」

「はぁ、こっちのほうがいいのに。」

などと聞こえると、

こどもは、親の顔色を伺ってしまいます。

 

 

確かに、うまくできていないことがあると、

見ているこっちはもどかしいのですが、

そんなときは

スタッフがお手伝いするので大丈夫です。

 

 

しかも、意外とこどもたちは

自分の力でできてしまうことも多いのです。

「こんなことできたの初めて!」

という瞬間になることも多々あります。

 

 

こどもの成長する力を信じて「見守る」のも、

時には必要ですよね。

見守ってみて、

できたときには思いっきり褒めてあげてください。

こどもは自信がつき、自己肯定感がアップします!

 

 

もし、日々の子育てでついつい口を出してしまうな、

ということがありましたら、

「見守る」、

そして、

「褒める」、

を思い出していただけたらなと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

************************************************

おうち受験コーチングよりお知らせ

************************************************

「この夏、自習は”超自習”へと進化する」

おうち自習室~2022夏

お申し込み受付中

↓↓↓

https://bit.ly/3anm1qg

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC