こんにちは。

おうち受験コーチングのAtsushiコーチです。

 

 

今日は

家庭学習だけで部活をしながら

大学・専門学校まで国公立で進学する親の働きかけ

の2回目です。

 

 

前回の記事はこちら

↓↓↓

大学まで家庭学習だけですべて国公立の学校に進学する秘訣

 

 

今回初めてブログを読む方のために、

少しだけ私の子どもの話をします。

私には4人の子どもがいます。

4人とも中学高校で運動部に所属して、

塾や家庭教師なしで公立の高校、

国公立の大学・専門学校に進学しています。

 

 

今日は前回の終わりに予告したとおり、

なぜ塾家庭教師なしで

受験を乗り越えることができるのか

についてお話しします。

 

 

ところで、

人はどのようなときにお金を使うとお考えですか?

 

 

人は欲しい物やサービスの対価としてお金を支払う、

と私は考えています。

 

 

みなさんは塾や家庭教師に対して

どのようなサービスを期待して

月謝等を支払っていますか?

 

 

色々な考え方はあるかとは思いますが、

私は塾や家庭教師に対して

対価を払うサービスとしては

以下の3つだと考えています。

 

 

1つ目は教材です。

塾では成績を伸ばすために

過去のデータなどから最適と思われる教材を作成

または選定して生徒に提供していると思います。

 

 

2つ目は時間管理です。

決められた時間に塾に行ったり、

期限を決めて課題を課したりなど、

生徒が学習するための時間管理を

してもらっていると思っています。

 

 

そして3つ目が

授業などで課題を解説してもらったり

内容を説明してもらったりするサービスです。

 

 

ここで少し皆さんに考えてもらいたいことがあります。

この3つのサービスは必ずしも

お金を払ってしてもらわないといけないことでしょうか?

 

 

私自身は大学や専門学校で

専門的な知識・技能を身につけるためには、

これらの3つは高校卒業までに

自分でできるように身につけておかなければいけない力

だと考えています。

 

 

私は子どもが小学生くらいの頃に、

我が家ではこういったサービスに対して

お金をかけるつもりはないよ、

と話してきました。

 

 

上記の1つ目は、

子どもが小さい時には親子で一緒に本屋に行って

子どもに合った教材を選べば済むことです。

ある程度大きくなってからは、

子ども自身が本屋に行って、

今の自分に合ったものを選べば良いのです。

 

 

そして2つ目は、

学習計画を立てて自分で学習する習慣を身につければ、

わざわざ違う場所に行く移動時間を省くこともできるし、

柔軟に予定を変更することもできます。

 

 

さらに3つ目は、

自分で教科書を読んで理解したり、

問題集や参考書の解答・解説をじっくりと読む力を養えば

全て必要のないサービスだと考えています。

 

 

その代わり子どもたちには、

どうしてもお金を出さないと経験できないような

体験的な活動にはお金を使ってきました。

 

 

例えば、

味覚狩りであったり潮干狩りであったり、

自然と触れ合うような活動です。

 

 

あるいは

スポーツクラブのように施設を借りたり、

仲間が集ったりしないとできないような活動です。

 

 

生きる力を育み、地頭を鍛えるような体験的な活動には

お金は払っても良いと考えているけれど、

塾や家庭教師のように

自己管理さえできれば済むようなことに、

我が家ではお金を使うつもりはないよ、

と子ども達には話してきました。

 

 

受験は子どもが人生を考える上での大切なイベントです。

このイベントを塾や家庭教師で人任せにせずに、

子どもと一緒に

3つの能力を培う貴重な機会だ

と考えてくれる親御さんが増えたらいいなと思って

このブログを書いています。

 

 

次回は

家庭学習の習慣づける方法や、

最も大切な授業時間を最大限に活かす方法について

お伝えしたいと考えています。

 

 

興味を持って読んでくださっている方は、

次回も楽しみにしてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Atsushiコーチの体験セッションが受けられます!!

ご希望の方はこちらから

↓↓↓

https://bit.ly/3LzCAN5

 

 

 

再現性95%、たった90日

成績最下位のお子さんに

トップ校合格レベル

家庭学習習慣が身についた方法を

今なら、メルマガ登録すると、無料で全部学べますよ!

▼無料メルマガ登録はこちらをクリック▼

https://bit.ly/30jBHWC